カテゴリ:PSO2プレイ記録 の記事一覧やでー。

| 次のページへ


2017おめー。

2017/01/04, 22:22

■平成29年
2017akeome1.jpg

あけましたねー。
やー、なんとかあけてくれた。

 「もしかしたら、来年はあけないんじゃ……?」

と一抹の不安を常に抱えて暮らしておりますが、
毎年毎年よくもまあ見事にあけるもんです。
めでたいめでたい。


続きを読む

2016おつー。

2016/12/31, 22:22

■乙
pso2piro.gif

今年もお疲れ様でしたピロピロー。
あなたにとって、この2016年はどんなものでしたでピロか?
良い思いができたひと、苦い出来事ばかりだったひと、
人それぞれのドラマがあったのではないかなと思いますピロ。

松乃雪としては……エオルゼアに行ってばかりでした。ピロン。
PSO2も楽しいのだけれど、それよりも楽しかったからね。
いまは12/27発売の世界設定資料集を読み耽ってるとこピロ。
PSO2の実プレイに関しては、先日8スロ計画を発動しましたが、

 「やっぱり7スロのほうが能力欄の収まり良くない?」

と、脳内会議が踊っているところ。ピロロン。
少なくとも、因子を含め今すぐすべきことはなさそう!

現実世界の私(14さい)は……マイナス気味の現状維持かなー。
踏み出した一歩が、実はちょっぴり間違っていたようで。ピロ……。
いまは、修正に向けて試行錯誤しているところです!
そんな側面もあり、2016年は若干守りの姿勢だった感は否めません。
もっとも、こんな足踏みも、いつかは自らの血肉になると信じていますピロ。

続きを読む

メリークリスマース!(銃声

2016/12/25, 22:22

■プレゼント(意味深)
pso20161225_084342_001.jpg

まいど!
雪だるまからひょっこり☆なんてあざとい画を狙ったら、
雪塊に押し潰された人っぽくなった松乃雪です!
似合わんことはするもんちゃうな!!

___
きょうは、12月25日。
よいこのみんなが、枕元のプレゼントに心躍らせる日です。

ここ弐挺拳銃でも、何もしないように見せかけて、
実は昨夜(というか今朝)、プレゼントを配ってきました!

続きを読む

脳直でいこう!Vol.11 ~ Cupboard love ~

2016/12/18, 22:22

■開始前にレギュレーション
nouchoku.jpg

レギュレーションのご案内。

1.「記事本文」の入力を開始した瞬間から30分。
2.制限時間内は書き直し・入れ替え・web検索等、何をしてもok。
3.前もって考えておくのはok。メモを取ったりはダメ。から接だしましょう。
4.収まりきらなかった場合は「泣きの延長」を宣言して続行可。


続き以下の段落を入力するところから30分となります。
30分になった瞬間にいったん指を止め、再思考・再構築してもオッケーです。
オーバーしちゃったものは仕方ない。
その状況をなんとか手短に結論へ向かわせましょう。

_____
第10回→脳直でいこう!Vol.10 ~ Close your eyes ~
第9回→脳直でいこう!Vol.9 ~ Not For Me ~
第8回→脳直でいこう!Vol.8 ~ What do you want,do what you want ~
第7回→脳直でいこう!Vol.7 ~ Immortality Impartiality ~
第6回→脳直でいこう!Vol.6 ~ A to Z ~
第5回→脳直でいこう!Vol.5 ~ Beautiful Name ~
第4回→脳直でいこう!Vol.4 ~ L'homme est un roseau pensant ~
第3回→脳直でいこう!Vol.3 ~ For Whom the Pen Drives ~
第2回→脳直でいこう!Vol.2 ~ The happen ~
第1回→脳直でいこう!Vol.1 ~ Direct Attack ~

前回から9ヶ月年ぶりの第11弾。
今回のサブタイトルは、英語のことわざから。

12/18の14:40からはじまりです。
公開は夜だけどね!

※閲覧上のご注意とお願い※
この記事、いわゆる「脳直記事」は、本人が思ったこと・感じたことを、
できるだけナマのことばで綴り、ブログという体にまとめるなかで、
自らの消化理解に利用していくための記事です。
それゆえに、誤字脱字・曖昧な表現、感情的な表現が含まれます。
理論的な誤りがあるかもしれません。
その辺りはご承知おき頂いたうえでご覧くださいませ!

続きを読む

四周年。

2016/12/12, 22:22

■4
shoukini.jpg

どうも、恋ダンスとPPAPを完コピした松乃雪です。

年末シーズンはいつ無茶振りが来るか分からないからね、仕方ないね。
恋ダンスの完成度はやたら高いです。自画自賛します。
私はゆーちゅーばーになれるんじゃないか。

ゆーちゅーばーに転職したとして、
「○○キン」がゆーちゅーばーの芸名(確定)だそうなので、私の場合は…



マツキン。








matsuken.jpg



___
さておき。

そう、年末です。
年の瀬も押し迫った、きょう2016年12月12日は、
ブログ弐挺拳銃の4周年記念日でございます!!

ワーワーパフパフーオーレッ!!

という雰囲気で、これまで毎年、自分のブログの周年を自分で動画作ってお祝い
なんて狂気の沙汰をしておりました。
どんな動画か気になる人はYoutubeから勝手に探して。(赤面

ですが昨年、若干正気を取り戻しまして。
今年になると……動画の素材集めすらしていないくらい!
これはもう、どこからどうみても、ばっちり健常者です。
いたって普通。

もう変態なんて言わせないもんね!

続きを読む

「死ね」を肯定する異様。

2016/12/04, 22:22

■ぴこっ
c4eee447.jpg

人間の脳は、

 「主語を認識できない」

とされます。
正確にいえば、"すぐには"が頭につくのですけども。
認識には、時間と手間がかかるのです。

脳の古皮質が受け取った情動を、新皮質に渡して処理せねばなりません。
やりとりのなかで、なかには処理しきれないまま零れ落ちてしまい、
彼我を認識できず、ことばだけが残るケースもあるでしょう。

くわえて、他者と同調・共感することで、人類は繁栄してきました。
他人事を自分事にし、他者のエモーションすら自らのエネルギーにし、
大きなうねりを生み出してきたのです。

ゆえに、多少誤りがあろうとも、そのあたりをひっくるめて、
主語を認識できないっとするのが、収まり良いワケです。
実際、無意識のうちでは認識できていませんしね。

___

 「保育園落ちた、日本死ね」

が、今年を表すことばTop10に選ばれました。
このフレーズが指摘し、求めたことに対しては理解するものの、
新語・流行語としては、どうにも収まりの悪さを感じます。
はっきり言えば、気持ち悪い。

続きを読む

ギリアムは本当にホモでストーカーなのか?

2016/11/30, 22:22

■告発
pso20161130_210424_006.png

これ。

 → http://pso2.jp/players/gameguide/playmanner/comic/06/

登場人物、
ギリアムとアッシュ。

タイトル、


 「アッシュ君、つきまとわれる。」



ギリアムに。


大草原。

続きを読む

PSO2のカメラ機能は凄い。

2016/11/27, 22:22

■すごい(小並感


FFXIVとPSO2をプレイしていて、大きく差があると感じられるのは、
キャラクリ……もそうですが、カメラ周りの柔軟さです。
この点はPSO2がリードしている、と言っていいでしょう。

PSO2では、カメラ位置はもちろん、仰角やパースを設定でき、
それらを3パターンまで保存することができます。
くわえて、ボタンひとつでスイッチングまでできちゃう。
組み合わせれば、

tmmc1.gif

↑みたいな動画も撮れちゃうわけです。(この画像自体は1年半前ですけど
さすがキャラクリをウリにするだけあり、
クリエイトしたキャラの使い道はよく用意されていると感じます。

続きを読む

そのクラスらしさとは何やろ。

2016/11/20, 22:22

■ネッキー☆
utanonecky.jpg

超遅れ馳せながら私も「ネッキーからの挑戦状!」に参加しまして、
どうにかこうにかAランクでクリアができました。
野良だと失敗もーというお話でしたが、納得の難易度な感触。

さて、ネッキー防衛はWBが重要とのことで、
ライフル担いだGu/Raで突撃したのですが、
このような姿勢あるいは選択を、

 「ガンナーらしくない」

と感じる方もいらっしゃいます。
ガンナーは双機銃使ってこそ!という考えですね。
高じて、双機銃を使わないならガンナーでなくて良い、あたりまで。

 「それなら○○(今回だとレンジャー)でいいじゃん」

みたいな論調もあります。
そりゃあまあ、そうなのですけどもね。

続きを読む

ギスギスって何やろ。

2016/11/13, 22:22

■なんだろ
gisu.jpg

先日の記事にて宿題とした、「ギスギス」についての本記事。
PSO2とFFXIVを比較する文脈にて使用したこの言葉、
こう、ラッピーのおしりのような、モーグリのポンポンのような、
ふんわりぼんわりした言葉ですよね。

 「雰囲気が悪い」
 「殺伐とした空気」
 「人を人と思わないような態度」

などなど、人それぞれが思い描く状況の代名詞となっている感があります。
……もっとも、言葉なんて大なり小なりそんなモノでありますが、
それを用いて何某かを測る場合、わずかなズレが大きな違いに!

というわけで、本丸へと突入する前に、まずはこの言葉についての認識を、
このブログ内においてだけでも共有していきましょう。

続きを読む