弐挺拳銃

あーくすっぽいなにか。

ゲームマニアックスの消えたインタビュー記事のコメントを集計してみた。

■きえた
tombo-eraser.jpg

既に各所で話題となっていますが、
PSO2プロデューサー、酒井氏のインタビュー記事が消えました。

跡地 → 2017-09-15 12:00 『ファンタシースターオンライン2』シリーズプロデューサー・酒井智史氏が語る、「いままで」でと「これから」 - ゲーム★マニアックス

消えたのか、消したのか、消させたのか。
消えたのならゲームマニアックスさんの管理体制のお話になりますが、
消したor消させたなら、ちょっとお話はややこしくなります。
……そして、まあ、100%に近い確率でどちらかでしょう。
ゆえに、これまた色々な憶測と物議を醸しているわけです。

いずれにしろ、記事が消えたのは揺るぎない事実。
そして、記事とともにあったコメントが葬られたのも事実。

というわけで、
魚拓に残っている456件のコメントを集計してみました。
新ブログのwordpress設定の息抜きとも言う。

【FFXIV】キャラクリ幅が狭いなりの良さ。

■アウラ集会
ffxiv_20170527_223331.jpg

PSO2と同様に、FFXIVでも"ユーザー集会"が催されます。
共通シップのような仕組みはないため、細部こそ異なりますが、
普段は交流しえない同好の士と交流ができる、のはおんなじ。
というわけで、PSO2の集会にはあまりいったことのない私が、

 「アウラ族が好きな方のための集会」

に参加してみることにしました。

「予告緊急」と同様の語を挙げよ。

■おくしもろん
JOHN-BOSS0905.jpg

隠れたブーム、
50代女子、
公然の秘密、
清純派セクシー女優。

いろいろとございます。
ちょっと文学方面を辿れば、本家というかシェイクスピアがたくさん。

With mirth in funeral and with dirge in marriage(葬儀の喜びと婚儀の弔い歌で)

Fairis foul, and foul is fair(きれいは穢い、穢いはきれい)

あたりはオツでございますね。
こういう語と並べれば歪さも美しさになるのかな、
なんておもったつちのこでしたー。

信義則とデザインコンテスト。

■かっぽう
ffxiv_20170517_225025.jpg

はじまりました、アイテムデザインコンテスト
ユーザーと開発運営の双方向イベントでありますが、
PSO2はいろいろとつつかれてしまうケースが見受けられます。
悲シーナァ。

たとえば、ひとつ前のデザコン「でも」起きた、
投稿者さんは全種族男女としたのに、女性だけの実装となった割烹着とか。
よくないような気はするし、でも規約を見ればそれも許されるっぽいしー。

今日の記事は、そのあたりについて、さっくりとだけ触れます。
さくーり。

今後の記事お品書き。

■こんご
DR_Congo.png

いくつか温めている記事のタネがございまして、
それぞれをちょっとずつ、並列で進捗させている状況です。
連続更新期間にあげられるかはわかりませんが、
クオリティを重視したいので、急がず焦らず。

というわけで、そのいくつかをちょっとだけご紹介。

何のためか?

■もくてき
ffxiv_20170514_001543.jpg

何のために、誰のために。

すべての行動に目的がある!なんて胡散臭いことは申しませんが、
自分はどういうエネルギーで動いているのかなー?を知るのは、
なかなかどうして、けっこうたいせつだったりします。
そして、折に触れて振り返ることが、もっともっとたいせつ。
ありのーままのーすがたみせるーのよーもたいせつですが、
PDCAサイクルを回すのが重要なのよエルサ。

気づかないところで、手段と目的が入れ替わっていたりするものです。
本当はそういうのが狙いではないのに、なかなか軌道修正がうまくいかず、
自分としてもあれれーな行動をとってしまったり。

特に、あるきながら、動きながらの軌道修正って、なかなか難しい。
修正できたように見えて錯覚だったり、
そもそも失敗しちゃっていて、より変な方向にカチコミ入れてたりとか。

自らの歩いてきた道が、自分の人生であったり、何らかの成果だったりします。
その結果を偽ることはできないけれど、それを基にして、
より自らの望む方向への修正はできるはずです。
そして、それは他の誰でもなく、じぶんじしんがすべきこと。

という部分を踏まえて、周囲と、自分との付き合い方を考える。
何をして、何をせず、何を目指し、何を求めるのか?

【FFXIV】よしだの発言に正直感激した。

■よしだ
2017-05-15-001.png

FFXIVのプロデューサー兼ディレクター、吉田直樹。
運営元も含め、万人が認めた「爆死オンゲ」であったFFXIVを、
焼け野原からここまで牽引してきた人です。
個々人の評価は別として、その事実は事実。

プレイヤーから「よしだ」(海外では「Naoki」)と呼ばれ、親しまれて?いる彼は、
就任当初から公式フォーラムで発言を続け、投稿数は700を超えます。
今回、わざわざ記事にするほど感激したのは、そのうちのひとつ。
以下の発言です。

 → 北米データセンターの移設について

FFXIVは、日本・欧州・北米の3地域にサーバーがあります。
そのうちのひとつを移設しますよー、という告知です。

そんだけ。
……そんだけですけど、
そんだけの説明に労力を割く姿勢が感激だったんです。

リアルにお引っ越し準備中。

■準備
P6241619.jpg

諸事情からお引っ越しをするのですが、その準備中のこふ。
荷造りはもちろん、色々な手続きや用意が発生するおひっこし。
たいへんはたいへんなのだけど、
新たな生活が楽しみな私のほうがつよい。

ただ、どうしても準備には時間が必要なもので、
きづいたらFFXIVのほうでログイン放置するだけで一日がおわったり、
ブログで温めているネタも温めすぎている感が出たり、
なんとも両立は難しいものですね!

というわけで日曜日分はまた雑記でお茶を濁す。
もう少し、こっち側に割ける時間が増えるとイイのですが…!

私たち、きっと分かりあえないと思うから。

■きのこ
kinoko.jpg

すこし前、ことばの使い方に触れました。

 → 対応型と感想型。

簡潔なまとめを、さらにぎゅぎゅっとまとめると。
にんげんは2つのパターンに分類できるけど、おしつけるあうとたいへん!
ならせめて相手のことをよく知って、お互いがしょんぼりしないようにしたいね!
みたいなー。

……それが通じるヒトなら良いのです。

なかには、ほんとにもう何を言っているのか、
どこに対してどんな視点でどういう考えを持っているのか、
さっぱり見当のつかないヒトもいます。

きたくのこふ。

■おつかれのこふ
ffxiv_20170511_224728.jpg

きょうもいちにちおつかれさまのこふ(:›_ヽ)_

おやすみのこふ(:›_ヽ)_

(:›▓▓

このカテゴリーに該当する記事はありません。