弐挺拳銃

あーくすっぽいなにか。

ギリアムは本当にホモでストーカーなのか?

■告発
pso20161130_210424_006.png

これ。

 → http://pso2.jp/players/gameguide/playmanner/comic/06/

登場人物、
ギリアムとアッシュ。

タイトル、


 「アッシュ君、つきまとわれる。」



ギリアムに。


大草原。

PSO2のカメラ機能は凄い。

■すごい(小並感


FFXIVとPSO2をプレイしていて、大きく差があると感じられるのは、
キャラクリ……もそうですが、カメラ周りの柔軟さです。
この点はPSO2がリードしている、と言っていいでしょう。

PSO2では、カメラ位置はもちろん、仰角やパースを設定でき、
それらを3パターンまで保存することができます。
くわえて、ボタンひとつでスイッチングまでできちゃう。
組み合わせれば、

tmmc1.gif

↑みたいな動画も撮れちゃうわけです。(この画像自体は1年半前ですけど
さすがキャラクリをウリにするだけあり、
クリエイトしたキャラの使い道はよく用意されていると感じます。

そのクラスらしさとは何やろ。

■ネッキー☆
utanonecky.jpg

超遅れ馳せながら私も「ネッキーからの挑戦状!」に参加しまして、
どうにかこうにかAランクでクリアができました。
野良だと失敗もーというお話でしたが、納得の難易度な感触。

さて、ネッキー防衛はWBが重要とのことで、
ライフル担いだGu/Raで突撃したのですが、
このような姿勢あるいは選択を、

 「ガンナーらしくない」

と感じる方もいらっしゃいます。
ガンナーは双機銃使ってこそ!という考えですね。
高じて、双機銃を使わないならガンナーでなくて良い、あたりまで。

 「それなら○○(今回だとレンジャー)でいいじゃん」

みたいな論調もあります。
そりゃあまあ、そうなのですけどもね。

ギスギスって何やろ。

■なんだろ
gisu.jpg

先日の記事にて宿題とした、「ギスギス」についての本記事。
PSO2とFFXIVを比較する文脈にて使用したこの言葉、
こう、ラッピーのおしりのような、モーグリのポンポンのような、
ふんわりぼんわりした言葉ですよね。

 「雰囲気が悪い」
 「殺伐とした空気」
 「人を人と思わないような態度」

などなど、人それぞれが思い描く状況の代名詞となっている感があります。
……もっとも、言葉なんて大なり小なりそんなモノでありますが、
それを用いて何某かを測る場合、わずかなズレが大きな違いに!

というわけで、本丸へと突入する前に、まずはこの言葉についての認識を、
このブログ内においてだけでも共有していきましょう。

PSO2とFFXIVを雑に比較してみるよ - Vol.1 -

■雑に
sakaiville.gif

先遣調査隊としてエオルゼアの地へ降り立ってから、1年が経過しました。
まだまだよちよち歩きのヒナチョコボではありますが、
それなりにはエオルゼアのことも理解できてきました。
というところでタイトル通り、

 「オラクルとエオルゼアを雑に比較する」

なんて試みを行います。
もちろん、あくまで一個人の見解であります。
そして、良い悪いや好き嫌いは、特に相対的なものです。
私が好きなものをあなたは受け付けなかったりする。
あなたが好きなものを私は好まなかったりする。
ので、あくまで私視点での意見としてご注意くださヒァー。

あっもちろんわかりやすい画像解説ぅーなんてありませんからね!
全編にわたって文章なんだ。
ここはそういうブログなんだ。

_____
さまざまな要素を、PSO2とFFXIVにわけてピックアップしていきます。
数回に渡って……と予定していますが、何回かは未定。
2,3回で終わるかもしれないし、10回を超えるかもしれない。気が済むまで。
ともあれ、初回は、

 「全体のプレイ感」

という、ひどくぼんやりふっくらした切り口です。
初回から大丈夫かこれ。
詳細な掘り下げは次回以降に譲ることとして、
全体の表面をさわっと。さわっさわっ。
ともかく、それではいってみよう!

該当の記事は見つかりませんでした。