弐挺拳銃

あーくすっぽいなにか。

【FFXIV】キャラクリ幅が狭いなりの良さ。

■アウラ集会
ffxiv_20170527_223331.jpg

PSO2と同様に、FFXIVでも"ユーザー集会"が催されます。
共通シップのような仕組みはないため、細部こそ異なりますが、
普段は交流しえない同好の士と交流ができる、のはおんなじ。
というわけで、PSO2の集会にはあまりいったことのない私が、

 「アウラ族が好きな方のための集会」

に参加してみることにしました。

「予告緊急」と同様の語を挙げよ。

■おくしもろん
JOHN-BOSS0905.jpg

隠れたブーム、
50代女子、
公然の秘密、
清純派セクシー女優。

いろいろとございます。
ちょっと文学方面を辿れば、本家というかシェイクスピアがたくさん。

With mirth in funeral and with dirge in marriage(葬儀の喜びと婚儀の弔い歌で)

Fairis foul, and foul is fair(きれいは穢い、穢いはきれい)

あたりはオツでございますね。
こういう語と並べれば歪さも美しさになるのかな、
なんておもったつちのこでしたー。

信義則とデザインコンテスト。

■かっぽう
ffxiv_20170517_225025.jpg

はじまりました、アイテムデザインコンテスト
ユーザーと開発運営の双方向イベントでありますが、
PSO2はいろいろとつつかれてしまうケースが見受けられます。
悲シーナァ。

たとえば、ひとつ前のデザコン「でも」起きた、
投稿者さんは全種族男女としたのに、女性だけの実装となった割烹着とか。
よくないような気はするし、でも規約を見ればそれも許されるっぽいしー。

今日の記事は、そのあたりについて、さっくりとだけ触れます。
さくーり。

今後の記事お品書き。

■こんご
DR_Congo.png

いくつか温めている記事のタネがございまして、
それぞれをちょっとずつ、並列で進捗させている状況です。
連続更新期間にあげられるかはわかりませんが、
クオリティを重視したいので、急がず焦らず。

というわけで、そのいくつかをちょっとだけご紹介。

何のためか?

■もくてき
ffxiv_20170514_001543.jpg

何のために、誰のために。

すべての行動に目的がある!なんて胡散臭いことは申しませんが、
自分はどういうエネルギーで動いているのかなー?を知るのは、
なかなかどうして、けっこうたいせつだったりします。
そして、折に触れて振り返ることが、もっともっとたいせつ。
ありのーままのーすがたみせるーのよーもたいせつですが、
PDCAサイクルを回すのが重要なのよエルサ。

気づかないところで、手段と目的が入れ替わっていたりするものです。
本当はそういうのが狙いではないのに、なかなか軌道修正がうまくいかず、
自分としてもあれれーな行動をとってしまったり。

特に、あるきながら、動きながらの軌道修正って、なかなか難しい。
修正できたように見えて錯覚だったり、
そもそも失敗しちゃっていて、より変な方向にカチコミ入れてたりとか。

自らの歩いてきた道が、自分の人生であったり、何らかの成果だったりします。
その結果を偽ることはできないけれど、それを基にして、
より自らの望む方向への修正はできるはずです。
そして、それは他の誰でもなく、じぶんじしんがすべきこと。

という部分を踏まえて、周囲と、自分との付き合い方を考える。
何をして、何をせず、何を目指し、何を求めるのか?

【FFXIV】よしだの発言に正直感激した。

■よしだ
2017-05-15-001.png

FFXIVのプロデューサー兼ディレクター、吉田直樹。
運営元も含め、万人が認めた「爆死オンゲ」であったFFXIVを、
焼け野原からここまで牽引してきた人です。
個々人の評価は別として、その事実は事実。

プレイヤーから「よしだ」(海外では「Naoki」)と呼ばれ、親しまれて?いる彼は、
就任当初から公式フォーラムで発言を続け、投稿数は700を超えます。
今回、わざわざ記事にするほど感激したのは、そのうちのひとつ。
以下の発言です。

 → 北米データセンターの移設について

FFXIVは、日本・欧州・北米の3地域にサーバーがあります。
そのうちのひとつを移設しますよー、という告知です。

そんだけ。
……そんだけですけど、
そんだけの説明に労力を割く姿勢が感激だったんです。

リアルにお引っ越し準備中。

■準備
P6241619.jpg

諸事情からお引っ越しをするのですが、その準備中のこふ。
荷造りはもちろん、色々な手続きや用意が発生するおひっこし。
たいへんはたいへんなのだけど、
新たな生活が楽しみな私のほうがつよい。

ただ、どうしても準備には時間が必要なもので、
きづいたらFFXIVのほうでログイン放置するだけで一日がおわったり、
ブログで温めているネタも温めすぎている感が出たり、
なんとも両立は難しいものですね!

というわけで日曜日分はまた雑記でお茶を濁す。
もう少し、こっち側に割ける時間が増えるとイイのですが…!

私たち、きっと分かりあえないと思うから。

■きのこ
kinoko.jpg

すこし前、ことばの使い方に触れました。

 → 対応型と感想型。

簡潔なまとめを、さらにぎゅぎゅっとまとめると。
にんげんは2つのパターンに分類できるけど、おしつけるあうとたいへん!
ならせめて相手のことをよく知って、お互いがしょんぼりしないようにしたいね!
みたいなー。

……それが通じるヒトなら良いのです。

なかには、ほんとにもう何を言っているのか、
どこに対してどんな視点でどういう考えを持っているのか、
さっぱり見当のつかないヒトもいます。

FFXIVのカメラ機能が更に改善されてしまう。

■たいへんだ
jp20170511_iw_09.png

昨日更新のFFXIV開発公式ブログにて、
4.0(紅蓮のリベレーター)で追加される仕様が発表されました。

 → グループポーズの新機能を更にいじってみた!

一部抜粋。

直前に実行したアクションが、グループポーズ中にループ再生されるようになります!
ここで対応されるアクションとはバトルアクションだけではなく、
リミットブレイクだったり、マウントアクション、食事や花火等のアイテムアクションも対象になっています。

また、モーションストップ実行中、
表示されているエフェクトも同じタイミングで停止するようになりました。
(※一部のアクションは除く。)

いやはや、皆さんからいただいた沢山の要望がこの実装に繋がりました!
ありがとうございます!


……すごい。
戦闘SS好きとしては、待望の追加です。
3.0にて追加されたグループポーズですが、
実装からここまで、まさに正当進化を積み重ねています。

きたくのこふ。

■おつかれのこふ
ffxiv_20170511_224728.jpg

きょうもいちにちおつかれさまのこふ(:›_ヽ)_

おやすみのこふ(:›_ヽ)_

(:›▓▓

時間が減っている感覚。

■体感
ffxiv_20170509_000856.jpg

思えば、このブログをはじめてから4年と半年も経過しています。
4年半。
0歳が4歳半となって会話できるようになると考えれば、
なんとも大変な年月が経過したものであります(:›_ヽ)_ ぉぁぁ…

私自身を振り返ってみても、様々な出来事がありまして。
良い面、良くない面、もろもろ飲み込んで今の自分ですけれど、
タイトルの件はあんまり良くない面かなーと思うわけです。

インタビュー中です。

■今日も短記事!
ffxiv_20170509_214953.jpg

本日はちょっとしたインタビューをしに、
エオルゼアは某サーバにおります。

このお話を元にしていくつか記事を作るよてい!
よていはみてい!
まじめにふまじめ!

またあした!

GWが終わって最初の平日なので。

■いのちだいじに
ffxiv_20170507_185547.png

ブログを書くのにも、いろいろな理由があるものだと思います。
コメントのやりとりを楽しみにしていたり、
一日の終わりとして、日記感覚で続けていたり。

このブログはといえば、元は9000M掘りブログだったのですけど、
なんのかんので今に至ってしまっています。
その間に……変わらなかったもののほうが少ないでしょう。
なんて話をはじめてしまうと長くなるので、きょうは横において。

私は、自分の中にあるモヤモヤした思考の整理だったり、
突き動かされた衝動の発散であったり、
ごく個人的にこの場を使っています。
人目に晒さない日記もつけているのですが、
こちらでどーんとやったほうが、消化・昇華がイイのですよね。

そんな個人的で変質偏執的な場に訪問者がいるのは、
きっとその様が珍獣のようで面白いからなのでしょうけれど、
やっぱり、発散あるいは昇華って、体力と気力を使うわけです。
セxxxってきもちいけどやっぱり疲れるでしょ。
しつれいしました。

……というわけで、いろいろと書いて整理したいことはあるけれど、
GWが終わったばかりで体力は温存しておきたいつちのこでしたー。

またやってみた。

■にかいめ
pso2-ffxiv2.jpg

前回に引き続いての二回目ー。
どちらもじぶん。

それにしてもわんこかわいい。
Lv16くらいのクエストで貰えるんですよー。

wanwano.gif

かわいい。
テルクゥは果たしてわんこ……きつね……?

対応型と感想型。

■記事タイトルからして長い
ffxiv_20170506_204428.jpg

本日は、以下の記事を拝見して考えたことを書くのこふ。
 → BBS世代とSNS世代の違いから考察する言語認識の根本的違い――ネットに向かって喋る人たち

全文を読んだうえで当記事を読んでいただくのがベストながら、
なにぶん長いため、かいつまんで要点を抜き出します。

・ネット上の文章や発信は「対応型」と「感想型」に大別できる
・「対応型」は推敲を経て発言する、レポートや文通のようなもの
・「感想型」は感じたことをそのまま発言する、会話や電話のようなもの
・ゆえにすれ違いや摩擦が起き、対話が成立しないことがある


本文は、納得できる部分もあり、疑問に思う部分もあり、ではありますが、
抜き出してみると、こんな具合でどうでしょう。
私は、このブログにおいては対応型と言えます。
そのあたりはのちほど。

本題へ入る前に一点!
あちらの記事で使われている、

 「世代」

という分け方は、いささか語弊があるように感じます。
世代という区分けは、いち側面を切り取ったものにすぎず、
ではなぜこのように大きな主語を使ったのかを推察すれば……
なんて行動をするのが、対応型。

世代じゃなくて個性だと思うんだけど、主語大きいよね~、
と、まずはじめに自論が前面へ出てくるのが、感想型。
共感も自論を同調させて行うものですから、感想型といえます。
ただ、筆者さんが対応型だと強く自認するがゆえか、
感想型に対してのフォローがちょっと弱いような……!

そのあたりも後ほど触れるとしまして。
もぞもぞとお話を進めていきます。


今日はおやすみのこふ。

■ごーるでん
ffxiv_20170302_200701.jpg

おうごんしゅうかんー。
9日間の大型連休な方も、飛び石連休な方も、お仕事ですという方も、
なんだかんだのごーるでんうぇーい。いえーい。

私もプチ旅行に行ってまいりまして、たのしかったー。
でも記事にするようなことじゃないからしないの。
なのできょうは!ぶろぐおやすみのこふです!
FGOのイベントも忙しいし…(小声

メルトリリスちゃんとパッションリップちゃんなら、
メルトリリスちゃんのほうが好きなサイズ
のつちのこでしたー。

【FFXIV】多キャラ育成はPSO2よりたいへんなゲーム。

■さぶ
ffxivdwmg010.jpg

PSO2もFFXIVも、キャラクターを複数つくり、
それぞれで冒険を楽しむことができます。

ただ、実際にどの程度の融通が利いて、
どの程度は取得しなおしなのか?は、ゲームごとに違う。
というわけで、オラクルから見たエオルゼアの多キャラ事情について。
私個人の感じた違いをご案内いたします。

それぞれのエロさについて。

■すけべぇ…
oysmnkv14.jpg

えろさ。
好みが如実に出る部分であります。
豊かなのが好きな人もいれば、慎ましいのが好きな人もいる。

……というわけで今回は、どちらかといえば小ぶりが好きな私が、
PSO2とFFXIVで感じたそれぞれのエロさについて、
私見の範囲で軽~く語ろうと思います。
どぎつい下ネタとかはないからご安心ください。
弐挺拳銃はKENZENです。

扇動すれば目立てるからさ。

■せんどう
sendoukun.jpg

肯定的な表現より、否定的な表現のほうが、
"コンテンツ力"があるとされます。
オーバーで刺激的な表現のほうが、
ひとびとの注目を浴びることができます。

結果として、やたら刺激的で否定的な文言を散りばめ、
劣等感や好奇心、嗜虐心を煽るような見出しでもって、
進んで慰み者となる人が跡を絶ちません。

ご本人が良いのなら、檻の中の見せ物となるのは自由ながら、
人間色々あるなぁと思ったりするわけです。
かくいう私も、ブログという場を持つ以上は多少なりとも、ですけれど。

【FFXIV】パーティ募集のつかいかた - 2017.05 -

■こわくないよ
ffxiv_20170501_222459.jpg

 「パーティ募集をすれば初見でも安心らしいけど、使い方がわからない!」
 「そもそもパーティ募集とかコンテンツファインダーってなに?」

みたいな疑問があると勝手に仮定して勝手にお答えする記事です。
登録の仕方と参加の仕方をさっくり解説。
勝手に見ておいきよ。(適当

まず、パーティ募集とはなんぞや?のお話から。

該当の記事は見つかりませんでした。