技量特化マグを作るなら。

2015/05/08, 09:00

■もう持ってるけど
2015-05-06-000.png

昨日の記事の続き。
打射法および打射法防と比べ、作るのに手間がかかる技量特化マグ。
比較的軽視されてきたステータスという背景もあり、お持ちでない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、クラフトやブレイバーマグ・バウンサーマグの実装によって、
以前に比べれば需要も増した感があったりなかったり。
というわけで、作ろうかなーという方がいるかどうかもわかりませんが、
せっかく調べたものを一回きり…も勿体なく、技量特化マグ育成の計算をしてみました。
■500めせた
pso20150506_184049_462.png

デバイス2種の必要個数とお値段、および総計は変わりません。
ミニなら462個(スフィア308個)で1000万。ACデバイスなら39個で2500万。

技量をあげるのに適したエサは、ディスクです。
レベル種類を問わず、1つで+30。
テクニックカスタマイズのディスクは+150と効果大ですが、
素材のお値段や手間を考えれば、それこそデバイスで良かったり。
わざわざ作るのではなく、厳選する際の廃棄物を再利用、なら良い感じ。

カスタムディスクは最安のレシピでも手数料5000と法撃フラグメントx5が必要。
およそ25,000で1個(+150)となります。
クラフトラインのクールタイムは1時間になりますから、ライン数3でも回ります。

…が、その想定は面倒なのでスルーして考えます。
また、ドロップしたディスクを溜めることもスルーして考えます。
ULTなどでボロボロ出ますけどね!1枚500円でイルムさんから買うことを想定。



必要な経験値は27,700。
1回で+30。
16分40秒で1回。

給餌回数 = 924回
必要金額 = 462,000メセタ
所要時間 = 256.6時間



プレイングタイムで257時間てアンタ…!
昨日の記事で「半年かかった記憶がある」と書きましたが、計算上もガチでした。
お値段こそ他ステータス特化の1/5以下ですが、そのぶん時間がかかります。
ディスクは緊急やULTで捨てるほど出ますから、自給自足は容易。
使う予定は特にないけど…という方は、のんびり0メセタでいけそうですね。

___
とはいえ、ある程度まではデバイスで育てるケースも考えてみましょう。
Lv100を目標として、必要な経験値は7,000。
デバイスミニ1個で+60ですから、117個必要。

23,333 x 117 = 2,729,961 … 約280万メセタ。

ちなみにLv100までディスクだけの場合、約65時間かかります。
なかなかに長い道のりですね。



■まとめ
・めっちゃ時間かかる。
・他の特化と比べれば、デバイス育成が効果的。
・すぐに技量マグが必要でないなら、のんびり低コスト育成も良い。
・テクニックカスタマイズをするのなら、カスタムディスクを捨てずにとっておくと吉。


他と比べ、デバイス育成の強みである時短効果が高いといえます。
金銭コストと時間コストのバランスをよく判断したいところですね。
まともに計算していませんが、カスタムディスクは「手元にあれば」効果的です。
エネルギーの関係上デバイスには及びませんが、さくさくと育ちます。

打射法の特化、あるいは重視マグが王道とはされますが、
クラフトのブレを抑えたり、ブレイバーマグ・バウンサーマグと併せたり、
被ダメージの平均値を抑えたりと、マルチな用途があります。器用貧乏と言うな
様々な進化デバイスによって、ある面では個性のひとつとしても存在するマグ。
性能面でも意味づけをしていけたら良さそうです。

そうそう、形態変化パスは良いものです。
願わくば、進化デバイスの形態だけではなく、
一度でも育成したことがある形態(ゴリとかケフェウスとかキグナスとか)にもしたい…!
エクスキューブ交換ショップに追加でもいいから…!

と、アンケートにも書いた要望を書き殴っておしまいです!
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK