ハンムラビのみが法ではない。

2015/05/15, 09:00

■同害報復
ちゃんとまじめに向き合って、測って、落とし所を見つけて「あげる」のも、
そんなもの知るかで好き勝手を押し付けるのも、自由といえば自由です。
後者の方が気楽ですけどね。
気楽なこと、得意なことばかりに流れていくのも自由といえば自由。

最終的に自分へ跳ね返ってくるモノを承服できるのなら、何しても良い。
できないのなら、手を出したらいけない。ものごとの道理と筋を違えてはいけない。
好きなことだけして対価を差し出さない?何様のつもりなのか?
後々を考えるとは、そういうことでしょう。
どうやって逃げるかばかりを考えるのは、人間のすることじゃあない。

もっとも、悪手だろうが傲岸不遜だろうが、当人以外にはどうでもいいこと。
こちらの邪魔をしないのなら好きにしろ、がこの世界です。
そのかわり、邪魔をしたのならぶん殴られるのも、この世界です。
特権階級つもりでいても、殴ったのなら殴られる義務があるのが、この世界です。
殴る権利はあります。行使するかはお好みだけれど。

世界の範疇で好きな時に謳歌し、好きな時に野垂れ死ねば、人生は満足でしょう。
そこに理性と知性があるのかは、知らない。自分のことでしょう。
野狐禅と魔境に陥っているだけかもしれないけれど、自分で考えよう。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK