さよならは言わない。

2015/07/17, 09:00

■小田和正で
pso20150717_012058_020.png

「永遠のEncore」が流れるミニルーム。
家主の書き込みがないメッセージボード。


私のチームメンバーで、最初期からのフレンドで…
深い付き合いではなかったけれど、浅からぬご縁があった方の、お部屋です。
面影もへったくれもないけれど、確かに。

___
最後に姿を見たのは、いつだったか。
最後に交わした言葉は、何だったか。
覚えていない自分に嫌気がさすけれど、確かなことひとつ。
私は、
 
 「さよなら」

を言わなかった。
言う機会はあったけれど、言わなかった。
■らっぴーさん
きゅ。

ログインされなくなることに薄々感づきながら、「さよなら」をしなかった。
果たして正しいことだったのか。
今も答えはありません。
間違いではなかったと信じるけれど、正解だったと主張もできない。
答えなんてないのです。


「さよなら」をすれば、区切りをつけられます。
他の益もあるけれど、自分が楽になるためであったりもする。
当時の私はきっと、それら諸々を良しとしなかった。


だけれど、家主の消えた部屋に立ち入ってしまえば、
その「さよなら」を、否応なく突きつけらてしまう気がして…
今日の今日まで、足を踏み入れられませんでした。


なのに、
なんで立ち寄ったのかなー。わからないなー。
この記事を書いているいまも、お部屋にお邪魔しているままです。


部屋と呼ぶには殺風景すぎるし、
流れる音楽はお別れを謳う曲だし、
「さよなら」を感じ取り、受け止めもしたけれど、
それでも、お別れをしたようで、していないようで。










それはきっと、


pso20150717_005835_019.png

そう、クエスト中にまた励起結晶として現れるらっぴーさんに逢えr

オイ台無しだぞ…!!!!!





■話を戻す
pso20150717_015022_023.png

いまの私にできることは、ご本人が進まれる道を、遠くから応援することのみ。
これまでもそうだったように、これからの私にできることも、きっとそれだけでしょう。

続きがあるかもしれないし、もう「さよなら」かもしれないけれど、
どちらも手に持って、どちらも持っていけるようにして。

そのうえで、私自身が私であるように在ること…が大切。
受け止めた「さよなら」を、どう携えていくか…が大切。
でなければ、クーナも

 「さよならがかわいそう」

と言っていますしネ。
そんな不義理はできねぇってもんよ。


___
お部屋を出る前、らっぴーさんのかわりにラッピーミニドールをひとつ。
届かないかもしれないメッセージボードにも、ひとことだけ。

何を書いたのか…はヒミツですが、

さよならは言わない。
関連記事

COMMENT

普段でも中々使いませんね。
言霊っていうか、ホントにそうなりそうで…。
そういう時は「また会いましょう!」ですね♪
2015/07/18(土) 11:06:42 |URL|Kinaleth@ship07 #- [EDIT]
現実世界でも「一期一会」と言って、「明日もまた必ず会えるんだぞ」なーんて確証がないこの世界。
こういうヴァーチャルな世界だと、お互いの顔が分からない、お互いの素性が分からない、お互いのリアルが分からない。なおのこと「一期一会」なんですよね…
松乃雪さんだって、いつブログ更新をやめてしまうか分からない、私だって同じです(今実際してませんが(小声))。
その時ブログを見てくださってる方々は「PSO2に飽きてしまったのだろうか」「もしかしたら亡くなってしまったかもしれない。」と、色々考えるわけで、でも答えは出ないわけで。
そんな、「リアル」より希薄な「ヴァーチャル」の付き合い。
ちょっと悶々とすることもありますけど、私はこういうのも好きですよ。
2015/07/19(日) 10:40:09 |URL|Himmel Rall #XoLF36RQ [EDIT]
またね?
2015/07/22(水) 07:55:21 |URL|07 #- [EDIT]
コメントありがとうございます。
◆Kinaleth@ship07さん
言霊ですね~、口にする言葉はよく吟味したいものです。
私はぽんぽん喋っちゃうクセがあるので気をつけないと!
◆Himmel Rallさん
昨年の10月~12月頃に連続して書いた、リアルとヴァーチャルのお話に繋がりますね。
互いの想像が入り込む余地が大きいからこそ…の部分もあります。
ならばせめて、自分がしっかりと伝えられる部分は伝えていきたいと私は思います。
◆07さん
またニャウー。
2015/07/22(水) 10:36:25 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK