あないあれいと・あにひれーと。

2015/10/06, 09:00

■Annihilate
pso20151005_235431_000.png

クライアントオーダーを整理中、ラヴェールさんのオーダーが目にとまりました。
これ。
ヴェロシティ…あにひ、れーと?
過去にもモヤっとしながら、スルーしていたことを思い出します。
して、アニヒレートってなんぞや?と考えるが早いか、

 Annihilate … 絶滅させる、消滅させるetc

が浮かびました。
これを、

 あ に  ひ れいと
 A nni hi late

と読んでいるのではあるまいか。
頭につくヴェロシティ(Velocity/迅速)を鑑み、英語を意識しているのだとすれば、
この読みはどちらかといえば間違いになります。
Annihilateを英語で発音(発音記号:?n???le?t)すれば「アナィアレイト」になるからです。
■にひる
ahil.jpeg

Annihilateの核となる単語は Nihil です。
そのまま読めば、聞いたことのある方も多いであろう「ニヒル」になります。
派生英語としては、Nihilist(虚無主義者)、Nihilism(虚無主義)あたり。

が、Nihilの現代英語発音は「ナィア」で、ニヒルとは発音しないようです。
日本人が言うところのニヒリズムはナィアリズム、ニヒリストはナィアリスト。
Nihilの短縮形がNilですから、発音もそっちに引っ張られたのかもしれません。
日本語で言う「ら抜きことば」みたいなアレなのでしょうかね。(適当
Niがニではなく「ナィ」になるのは、NineやNiceなど、色々に例があります。

___
いっぽう、現代ドイツ語ではいまもNihilを「ニヒル」と発音します。
元はといえばドイツ語から広まった言葉であり、こちらが本家といえば本家。
ドイツ語ではNihilistをニヒリスト、Nihilisumsでニヒリズムスと発音します。
いわば本家の発音を(人によっては英語と勘違いしたまま)使っているわけですね。
ほかに身近なドイツ語といえば「カルテ」「クランケ」「オペ」「アルバイト」とかとかでしょうか!

話を元に戻します。
ドイツ語はざっくり言えばローマ字通りに発音する言語。
ということは、Annihilateをアニヒレートと読む可能性があるわけです。
英語+ドイツ語というクエスト名にはなってしまうけれど、それで整合性がとれ


なかった。(→ドイツ版wiktionaryへ)

リンク先、中段あたりのスピーカーをクリックすると発音が聞けます。
聞ける環境にある方は、割と大きな音量に注意して頂き、お聞き下さい。
ドイツ語でも「アナィアレイト」の発音となってしまいました。
これはいったいなぜか?

Annihilateは、英語圏に輸出された、Nihil(虚無)という単語が、
「an-nihil-ate」という形に、英語で装飾されたブツなのです。
つまりドイツ語からすれば外来語、逆輸入のことば。
そして、Annihilateと同じ意味のことば(Vernichtet)が、既にある。
(進撃の巨人OP「紅蓮の弓矢」にも使われているそうですね。)
ゆえに、別物の外国語として発音もそのまんま取り込んだ…が、顛末です。

ドイツ語のほか、国連機関で使うようなメジャーどころを調べましたが、
Annihilateをアニヒレートと発音する言語は見つかりませんでした。
アナイアレイトだったり、Annihilate自体が輸入されていなかったり。



■いんてる
Thohir.jpg

といったところで、なぜアニヒレートとしたのか。
文字数制限があったのかな?とも思いましたが、
同じくラヴェールのCO「エクスターミネート・ジャーニー・○」が17文字。
ヴェロシティ・アナイアレイト・○でも16文字ですから、その線は消えます。

もしかしたら「アニヒレート」「アニヒレーター」という固有名詞が過去にあり、
それに引きずられて用いてしまったのかもしれません。
…と調べてみましたが、

・星を継ぐもの(1977年)…著:ジェイムズ・パトリック・ホーガン、訳:池央耿
 → 反物質大量破壊兵器アニヒレーター

が初出っぽいかなーという適当な部分までしかわからん。(丸投げ
スター・ウォーズでもアニヒレーターという銃が登場しているそうですね。(→こちら)
ほかのゲームや作品などでも「武器」「兵器」「適性存在」への使用例がちらほら。
いずれも、持つ意味としては殺戮やら殲滅やらを意図していそうです。
そしてそのほとんどに「Annihilate」「Annihilator」の表記。
…うーむ…。


…そうだ!
こう、敢えて、なんらかのメタファーや伏線として…!!


まあええか…。




■おいる
saher.jpg

実際、基本的にはそう読みませんよーというだけで、完全に×ではありません。
各言語に方言があるように、発音の揺れは無数に存在します。

正しい読み方や発音を知らない、なんてのも不思議ではありません。
「上総介(かずさのすけ)」を「うえそうすけ」と読む日本人がいるように、
「Annihilate」という語を知らない英語話者もいることでしょう。
知った上で、ラテン語の発音に忠実な「ニヒル」と発音するかもしれません。

世界を探せば「アニヒレート」と発音するネイティブもいるはずです。
ゆえ、冒頭で示したように「どちらかといえば」なのです。
そういう部分は当然提示した上で、

なんで「アニヒレート」なん?

___
気付いている方は、とっくの昔にお気付きの話題だったかもしれません。
それでも、自分で気付き、自分で考え、自分で辿り着くというプロセスを私は楽しめました。
それでいいのだ!

余談。
以前にも取り上げましたが、非公式とはいえ同じ語が使われていたりします。
 → Yeeeaaahh!!Magatsu!!!(2015/3/30)
関連記事

COMMENT

少し前に“TOTAL ANNIHILATION”て名前のゲームがあって、国内版のパケにはカタカナで“トータルアニヒレーション”と銘記されていたのでした。
ぼちぼち人気のあるゲームだったので、きっとラヴェっさんも遊んで感化されたのでしょう。
2015/10/10(土) 18:58:40 |URL|mux #wLMIWoss [EDIT]
◆muxさん
コメントありがとうございます。
2008年発売のRTSゲームなのですね。
「トータルアニヒレーション」「トータルアナイアレーション」
前者のほうが、日本語の流れとしてはしっくり来る感じですね。
シュミレーションとシミュレーションみたいな!
2015/10/12(月) 15:07:52 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK