アーッ↑ハッハッハッハッハッハ!!

2015/10/19, 09:00

■で、でたぁぁぁぁッ…!?


先週より実装のハロウィンロビー2015、その目玉?のギミックを調査してきました。
オバケは3種、便宜上「喜/怒/哀」としています。
…怒ってはいないでしょうけども。
出現場所は、見落としやレア出現場所的なものがなければ12箇所。

12箇所のそれぞれ、どこで何が出るか?はブロックごとに決まっているようです。
20ブロックほど調べてきましたが、例えば5の倍数はこう!等の規則性は見い出せず。
また、場所に割り振られるオバケは11月の終了時まで変わらないのか、
何らかのタイミングでシャッフルがなされるのかは、いまのところ不明です。
ギョーフのB-035(撮影推奨)で2015/10/19の2時にチェックしたところ、

 東テレポーター 怒
 カメオ前 哀
 中央坂西側 哀
 中央坂東側 怒
 エメライン前 哀
 アイテムショップ裏 怒
 ウェポンショップ裏 怒
 カジノビジフォン前 喜
 エステ前 怒
 交換ショップ前 怒
 アリス前 哀
 西側テレポーター 怒

となっていました。
変化があるか、折にふれて確認してみようと思います。
■アイシテ
detaam4.gif

しかし、ものの見事に懸念が当たってしまいました。
まさか再出現5秒、100%とは。
 → ハロウィンロビーのオバケについて。(2015/10/12)

上の記事にある言葉をそのまんま持ってきます。

 仮に、選ばれた地点を通れば確実に出現するとします。
 選定された地点を通れば確実に出現して、出現したら再抽選…等のかたち。
 これ、最初は楽しいかもしれませんが、そのうち必ずや邪魔になります。
 候補地点数が少なく、上画像の坂地点で確実に出ようものなら、
 マイルーム等から移動するたびボンッ…なんて状況もあり得るわけです。
 期間もおよそ一ヶ月間(10/14~11/11)、慣れと飽きも必ずやあるでしょう。
 目玉ギミックとはいえ、あまりにも大盤振る舞いでは、食傷気味にもなります。

 それはもったいない…!
 せっかくの季節コンテンツなのですから、大事に!だいじに!
 あれもこれも肌を露出すれば良いものではなく、
 なんでもかんでもバラ撒けば良いものではないのです。


_____
私個人は、邪魔だなーと思ったりはしないのですけども。
同様に気にしていない方もいらっしゃるとは思いますけども。
音がうるさいから、ショップエリアにはなるべくいかない…なんて知り合いも既にいます。
まだ一週間経ってないのに…!
これから終了まで変化がないとすれば、その数は増えていくことでしょう。

この事態を象徴しそうなのが、カジノ前ビジフォンの出現場所。
ここは、例えばドゥドゥやモニカに喰らわされたアークスが、
死力を振り絞って再挑戦…!なんて時によく訪れる場所です。
そこへ、

 「アーッ↑ハッハッハッハッハッハ!!

などと爆笑しながら現れようものなら、マイナスイメージになりかねません。
なんやねんキミは、煽りか。煽りなんか。

 人通りが多い = 多くの人の目に触れる = イベント感を味わって貰える

的な期待があっての配置なのでしょうが、ちょっと仕事が雑です。
こういうイベントをやりたいんです!とか、こういう風に遊んで欲しいです!
以外のアプローチも、すこし考えた方が良いんじゃないかと思うのです。
…10数年のノウハウがあるのですから、私程度が思いつく懸念は織り込み済みと思いたいのですが、
どうもこの配置を見る限り、というお話。



■もったいない
detaam5.gif

そんなことを言いつつ、私個人は↑gifのように満喫しております。
おりますがおそらく、今月末を待たずにオバケギミックはお腹いっぱいになりそうです。

悪い試みではありません。
ただ、そのプレゼンテーションが歪なだけ。その一点だけ。
もったいないなー。
関連記事

COMMENT

PVにこんなシーンあったっけ?って思うほどの再現!!!
さすがギリアムマニア向けブログですね!
2015/10/19(月) 12:01:23 |URL|ななーし #- [EDIT]
邪魔というのもありますが問題はそのとてつもない処理の重さに原因があると思います。
ランチャー設定のFPSを90以上動作させなければロビーはゲームにならない程重くなるようです。30,60FPSがギリギリの人には厳しい条件です
2015/10/19(月) 14:19:17 |URL|  #h9r1zmFw [EDIT]
カジノビジフォン前にて周囲に誰も居ない状況で武器チェンジをしても反応して出てきました
2015/10/19(月) 16:47:23 |URL|名無乃権兵衛 #- [EDIT]
箱への愛で草も枯れますね(褒め言葉
久々にぷそ2インしたらビジフォンの辺りで毎回お化け出て来てうぜぇのなんの
2015/10/19(月) 17:22:14 |URL|名無乃権兵衛 #- [EDIT]
クライアント別にショップエリアで一度出現させたら沸きっぱなしにして
以降は無反応とかでも良かったのですが
他人がそばを通り過ぎてもアーッハッハッハッハッハッハ!!ですからね
2015/10/19(月) 17:58:04 |URL|名無乃権兵衛 #KtOtvm9U [EDIT]
これを今は楽しんでる方や、遊ばれてる方もいる中するべきコメントではないのですが、正直私は実装前から良い印象を持ってなかったのですね。常時出現ではない以上出現にも処理が発生する訳で、積もり積もって重くなる原因にもなりますし(ただでさえこの頃PSO2は無駄に重いのに…というのもあります)。そしていざ実装されてみれば出てくる場所が多い、訪れる頻度の高い場所が多い(まぁ当たり前ではありますが)、お化け自体のサイズと声が邪魔(ボイス音量で無効化出来るならまだしもSE音量なので無効化出来ない)、とまぁ嫌な予感的中で…っていうので、私は初日で飽きました。特にイラついたのが松乃雪さんもおっしゃったビジフォン前のアレですね。ベーアリとかスティグマとか散々落とされてビジフォン行く度に聞いたので正直二度と聞きたくないレベルです(理不尽)。
殆ど愚痴なんですが、この仕組み自体は面白いですし常時出現じゃ味気ないので確かに良いとは思います。なのでこれがもうちょっと工夫されて化けてくれたらいいなぁとは思いますね。お化けだけに。…ナンデモナイデス
2015/10/19(月) 21:20:00 |URL|双機銃持ちFiマン #- [EDIT]
( >∀<)<アーッハッハッハッハ!!
今回ロビーに追加されたオバケ、皆さん思うところもあるかも知れませんが、自分の意見をずけずけと書くのなら「微妙」と言わざるを得ません。
確かにユニークなギミックです。ハロウィンと言えばオバケ、オバケと言えば人を驚かすもの、そして季節は10月末のハロウィン、道行くアークスを驚かせるオバケの登場。なるほどなるほど、面白い。
ですが、突如として現れるオバケ然り、他のあらゆるホラーの要素然り、っていうかホラーに限った話でも無いですが…人を驚かす基本は「不意打ち」だと思っています。
背後から音もなく忍び寄るとか、いきなり水をかけるとか、目の前で猫騙しを仕掛けるとか、要するに人間は「予想していなかった動き」に極めて弱い。人を驚かすなら、まずココです。
そもそも人というものは、目隠しでソフトクリームを胸に押し付けただけでショックで死ぬような生き物なのですから。
…ところが今回のハロウィンロビーのオバケは出現する座標がブロック問わず全て同一、しかも通れば出現率100%。ログイン・ログアウトごとに判定が変わることも無い。これはよろしくない。これでは「予想」が出来てしまう。それも確実に当たる「予想」が。
先が読めること自体は、基本的には良いことです。タイムアタックやエクストリームが良い例で、「次にこのマップ、このエネミーが出てくるからこのように戦おう」と、事前に身構えることが出来る。それは戦闘をスムーズに進めることに繋がりますし、まあ言ってみればストレスフリーになるわけです。
しかし世の中には、先が読めない面白さというものがあります。
「この先の展開が分からない」という気持ちは期待と焦り、時には恐怖を併せ持ち、人の心情に絶妙なスパイスを与えてくれます。
突如現れるオバケは…もっと言ってしまえば「ホラー」は、当然こちらに該当するわけです。1歩動いたらオバケは出てこないか?目の前の肖像画は動かないか?理科室の人体模型は歩いていないか?呪いのビデオの井戸からは何が出てきた?あのブリッジで階段を駆け下りてくる女は何だ!私に乱暴する気でしょう!エロ同人みたいに!
発想自体は、非常に面白いものだと自分も思っています。
アップデートで変幻自在なオンラインゲームのロビーに、季節に応じた「それっぽい」ギミックを付け足す…それだけ見れば、オンラインの土壌を存分に活かした遊び心が感じられます。
感じられる、のですが…なんて言うのかなー。
「面白い発想と良い結果は必ずしも結びつかない」というやつは、世界中のあらゆる現場で歴史が証明しているワケですが、今回のロビーはそんな理不尽を自分の肌で確かめた…みたいな気分ですね。
材料は良かった。味が悪かった。では調理の手順を間違えた…?
いやはや、「顧客を楽しませる」というのは、難しいものですね。
2015/10/20(火) 01:37:56 |URL|ぷりにぃ #rzVhfMJo [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK