【動画】ヤスミノコフ9000Mで行く、Gu/Raの「天極と地極」6-10。

2016/02/05, 09:00

■ぐら
おへやのこふ

Episode4開始からはご無沙汰していた、ソロEXT「天極と地極」。
先日(【動画】ヤスミノコフ9000Mで行く、オトメ頼りの「天極と地極」ステージ6-10。)に続きまして、
今回はGu/Raでの正攻法?な攻略をしてきました。
これを撮るのにパスを150枚近く費やしました。これに?とかいわない。

Gu/Ra with 9000Mでのクリアは、動画以外に2回できました。
が、もっとボロボロでグダグダだったり、慎重すぎて単調だったり。
いわゆる、こう、おいしくないからボツっていうアレです。

毎度ながら、無被弾!とか、最速!の類ではありませんし、
あまつさえオチまでつきましたが、それも含めて何となく私らしさ。
…いやいや、精進しなければ…。(遠い目
とりあえず観るニャウ!




見返して気付きましたが、○ボタンじゃなくて□ボタンでしたニャウ。
へっぽこっこ。




■補足
なんだかんだ出突っ張り

だいたいのことはテロップに書いてありますが…ステージ8に入る前、
メカにゃんこ対策として、スロ1をアルバスヤスミ(上の画像)にしています。

…見返すと、改善すべき点がわんさか出てきますね。
クリアタイムは8分ちょっとでしたが、まだまだ縮められます。
7のルーサー、8のにゃんこラッシュ、9のマトイ…10も半分にはできるでしょう。
もっとも、頭では描けても、腕前と判断がついてこない。あかん、あかんて。

_____
クラフト武器のような最低限と、オフスティア等の現行第一線武器では、
単純な火力はもちろん、怯み・部位破壊に必要な手数が違ってきます。
そこから生まれる余裕や安定感は、射撃力の差以上の大きさです。
逆にいえば、クラフト武器ではひとつの操作/判断ミスが大きく響き、
同条件でもシビアな展開となる…なんて、言わずとも自明ですね。

私自身、オフスティアとヤスミノコフ9000Mを使い分けて挑んだところ、
さすがオフスティアは強い!と感じることばかりでした。
オフスや同等の武器なら、4分台でいけそうです。
…私ができるとは言えませんけどね!(オフスティアを握ったまま床を舐めながら

かといって、ヤスミノコフ(クラフト武器)がまったく弱いとも思いません。
思わないし、使っていて楽しくなれるのは、ヤスミノコフ。
ならば、これだけを使ってクリアしたればええんや!
…という意地を張った割には、不格好なお恥ずかしい限りの内容ですが、
オチがついたのも含め、これはこれで私の等身大なのでしょう。



■AIBOU
游ゴシックやすみのこふ

これこそ自分の相棒!という武器がある方は、
せっかくの「高難易度ソロクエスト」、良いように活用しちゃいましょう!
もしかしたら、立ち回りの工夫を求められるかもしれません。
でも、それすらも「相棒と共にクリアするための試練」と考えれば、
乗り越えたときの感慨もひとしおです。
無被弾、メイト○個以下、とにかくクリア、装備したままステッカーを拾う…
自分のゴールを目指し、相棒と共に一歩ずつ歩んでいきましょう!

あとがきが長くなりましたが…
周囲を慮り、普段はオフスティアレインやライフルを使う私は、
ここぞとばかりにヤスミノコフ9000Mをブッ放せて大満足。
ご覧のあなたは、ヤスミ狂の偏執を垣間見れて大満足。
ニヒリストな方は、こいつはこの程度かワロスノコフーと大満足。

三方大満足、大団円ということでどうかおひとつ!

関連記事

COMMENT

9kM踏破おめです!
これぞ武器愛というのを垣間見ることが出来たと思います!w
2016/02/05(金) 12:34:37 |URL|三四郎 #- [EDIT]
上手すぎる……
自分はヤスミ2000hが好きで5回ぐらいGuHuでやってますけど勝てないですね。
管理人の動画を見れば見るほど自分のスキル不足を認識していく始末。

2016/02/06(土) 21:09:32 |URL|000 #- [EDIT]
コメントありがとうございます。

◆三四郎さん
もっと上手にクリアできる方もいらっしゃるでしょうが、
私でもできた!というマイルストーン的な!

◆000さん
記事中にもあるように、私も多数失敗して、ようやく…でした。
どうしてもそれなりにシビアな立ち回りを求められますから、
失敗して覚えて工夫して少しずつ…が一番なのかなと思います。
クリアできますようにお祈りしています!
2016/02/08(月) 22:37:28 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK