軍艦大和と地図記号。

2016/02/27, 09:00

■ヤマ㌧。
アニエハギ㌧

2/24のアップデートで、EP4のストーリーボードに追加がありました。
そのなかで、YMTコーポレーション(以下YMT社)なる組織が登場。
社名がYaMaTo…大和からきており、社長・亜贄萩斗(あにえはぎと)は、
10式戦車等を含めたミリタリー趣味である、と描写されています。

YMT社は、ゲーム中の地球・東京において、
新時代インフラとされる「エーテル通信」をリードする存在とのこと。
しかし、エーテル通信を取り巻く環境については、管理官シエラが、

 「通信技術ばっかりミョーに発展しとんねんなぁ…(関西弁変換」

と、疑問を呈しています。なんだか作為的なものを感じる、と。
…これらは、エネミー・軍艦大和への手がかり足り得る、重要な情報です。
まとめれば、YMT社が一枚噛んでんだな、の状況が明らかになりました。
というなかで、改めてここまでの顛末を振り返ってみましょう!



■私も「大和」って猫飼ってたんですよ
2016

発端から騒動までを、かいつまんでまとめると…

 感謝祭2016in大阪において、関連情報がほぼ無いなか、突如、
 軍艦・大和がモチーフとみられるエネミーの登場するPVが披露されます。
 空中に浮いている描写や、あくまでゲームであることを鑑みたうえでも、
 パブリックなアイコンである大和を敵と据えることの、
 表現の経緯および理由が不明であり、憶測と物議を呼びました。
 その後、関連を匂わす「YMT社」がストーリーにて語られました。


…あんまり簡潔ではありませんが、こんな感じでしょうか。
具体的にどんな?は、下の記事ふたつ&コメントをご参照頂けますと幸いです。
コメントのお返事も6000文字書きましたから。
 →軍艦・大和が「エネミー」として登場するようですが…。(2016/2/22)
 →ラグオルメモリとか、ニャウの剣破壊とか、昨日の記事とか。(2016/2/23)


そして、これら経緯と、記事冒頭で触れた内容を併せますと、

 「ストーリー追加後にPV公開じゃアカンかったの?」

というのが、第一印象なのです。
…先にコレを配信しておけば、言いがかりは付かなかったんじゃないかなー。
大阪(2/20)ではギャザリングや新ペット情報に重点を置いて、
2/24のアプデで大和を匂わせておいてから、東京(3/21)でPV公開!
ではダメだったのかなー?

たとえば、幻創種は「人々の想いから生まれる」と設定されます。
そしてそれは、何もゲーム中だけ…とは限られていないはず。
ストーリー中で出てくる「大和」というフレーズから、
PSO2プレイヤーが「大和も出てきたらいいな」と想い、
その結果として、PSO2に出現しちゃったんです!
的なディレクションもできたのでは…なんて考えちゃうわけです。
ゲームとリアルの融合、PSO2運営さんは大好きでしょう。

そうしなかったということは、
そうしない理由があったということ。
先にPVを公開するリスクリターンを勘案し、
あの場での公開に踏み切った理由が存在するはず。
それがなにか…は、今のところまだ不明ですが、
なぜ登場するのか?は、前段で書いたように、多少明らかに。

順逆はさておいて、繋がりの筋道が立ったという点で、個人的には納得。
もちろん現状で説明不足な部分は多数ありますが、
そのあたりは今後明らかになっていくでしょうからね。



■当家代々「猫は日本船の名前」って風習があったんです
manjietc.jpg

そんな感じで、弐挺拳銃的には一旦落着。
また動きがあれば取り上げていきたいと思います。
今回の一件については、コメントのなかで、

 「お寺のマーク(卍)とハーケンクロイツ(鉤十字)」

の例えを頂きまして、あー確かにコレやなー…と感じました。
報道と発表資料は以下。
 →「卍」ナチス連想で三重の塔に…外国人向け記号 - 読売新聞
 →地名の英語表記方法及び外国人にわかりやすい地図記号について - 国土地理院(pdf)


弐行で解説すると、
お寺の地図記号である「卍(まんじ)」と、ナチスの鉤十字が似ているから、
日本人向けと外国人向けで記号を変えとこかー、というお話です。

似てるだけで違うやん!とも感じますが、似ているんですよね。
そして、逆卍に対する感情は、海外と日本では、それはそれは大変違う。
たかが…という考えもあるでしょうが、この配慮は妥当だと思うのですね。
国内版まで変えてしまえば文化の破壊だけれど、
喫緊の対策としては、誤りとまでは言えません。

もちろん、卍の成り立ちを注釈する等、周知徹底もたいせつ。
説明し、理解を得られて納得してもらえれば最善です。
けれど、その周知が十分ではない状況が現実。
くわえて、今はまだ、生々しいシンボルのイメージがつきまとっているのです。



といったところでー。

最初に書きました通り、本件の描写自体に法的瑕疵はありません。
一部アフィブログで囁かれたような、商標法違反(笑)であるとか、
なんらかの法令規則に反するものはありません。
ハーケンクロイツの規制法も国内に存在しませんけどネ。
あくまで、今回の懸念あるいは批判は、

 「個人の心情/感情」

に帰結するものです。

大和を壊すって気が乗らないなぁ / 大型レイドボス楽しみ!
尊敬の念が感じられない / ゲームなのに何言ってるの?

他にも多くの価値観があるでしょう。
いずれも間違っていないんです、どれもその個人においてまったく正しい。
そして今回のケース…大和は、パブリック(公共的)であるという点で、
鉤十字同様、比較的生々しい、扱いの難しいモチーフなのです。
襲い掛かってくる原生生物(動物)を殲滅する!とは、異なるのですね。
 (その違いが分からない方もいらっしゃるでしょうが、長くなるので省きます)
「ゲームだから」で看過できる範疇かどうか?という、線引のお話。

「子供だから」で全てのいたずらを許せるかといえば、程度問題ですよね。
子供の責任とか、親の監督責任とかではなく。
カンチョー程度ならいいけども、車に引っかき傷はアカン!とかね。
いやカンチョーすんなよ私はやられたらやり返すぞ倍返しだケツだせ


___
この表現は、確かに挑戦的なものだと思います。
「新体験」を掲げるEpisode4の目玉として、インパクトがあると感じます。

なればこそ、敢えてことばを選ばずに申し上げれば、
些細な部分に引っかからないよう、立ち回って欲しかったワケです。
エンターテイメントとして提供するのであれば、
そのあたりの腕前をみせて欲しかったワケです。
どう取り繕ったって、プレイするのは人間なのですから。

そこを軽視し、やりたいことを全面に出した結果が今回…
と、是非は別にして、私は認識しています。
軽視できるのも強みではありますしね。
まとめれば、

 「がんばってね!」

です。
おしまい!

関連記事

COMMENT

先にストーリーを配信してしまうと「あれ?大和来るんじゃね?(ザワザワ)」「ほらやっぱりきたーwww」 って反応になると思うんです。
それよりも運営としてはアークスに予想できなかったものを見せることで会場の温度を一気に上昇させてEP4の期待感も上昇させたかったんじゃないですかね?
2016/02/27(土) 14:09:06 |URL|名無乃権兵衛 #- [EDIT]
コメントありがとうございます。

◆ななし壱号さん
記事中の「リスクリターンを勘案し」がそれにあたります。
ストーリーを先に公開"しない"ことで、ご指摘のような状況は回避できました。
結果、大きなインパクトとして結実しましたが、
それは現在のような状況となるリスクを孕んでおり、残念ながらそちらも結実。
リスクヘッジの手段は複数あったのに…は、過去2記事で書いた通りです!
他を削ぎ落としてまで「サプライズ」にばかり拘った格好です。
それを好ましいとするか、行き過ぎたと見るかは、これまた個人の感性ですね。
2016/02/27(土) 14:37:08 |URL|松乃雪 #- [EDIT]
感じたことが書いてあって、頷きながら読みおわりました。
濁しておわらせる人が多いなかで、管理人さんのように言うべきときに自分の言葉ではっきり言う方は貴重だと思います。
その分いろいろ大変でしょうが、これからも楽しみにしています
2016/02/27(土) 16:21:26 |URL|フネロクフォース #aDGFr9fU [EDIT]
本件を個人個人がどう捉えるかは別に問題視してません。ゲームの遊び方同様に個人の自由です。(オンライン上の人間関係は知りません。)しかし会社と個人は全くの別物です。運営は形を模した大和をこのような形で出した以上「本件を様々な形で捉えたユーザー達」に対し説明責任があります。こんな追加情報だけでは「責任」を果たしているとは言えません。
2016/02/27(土) 17:06:42 |URL|擬似人格 #- [EDIT]
一連のレス返答作業お疲れ様です。

実は陰謀論大好きで、
大和PV批判を菊紋問題に集中させたり
感情問題だったのを政治的意味合いを付与する事で事態を変質させ
結果何がどうなるか誰得かを逆算すると
キャンペーン主催者がおぼろげながら見えてくる気もするのですが
(しかも派手なデコイを撒き散らしてるような)
それは想像なので想像と現実を区別できる人と楽しもうと思います。
実装された大和討伐にゲーム内でボイコット運動とか起こらなければいいですね。
2016/02/28(日) 00:09:10 |URL|名無乃権兵衛 #dNm2mw72 [EDIT]
◆フネロクフォースさん
そう仰って頂けるととてもうれしいですが、
これまた仰るとおり、時にそれが行き過ぎてしまうこともあり、
反省多々であります。
もう少し成長をお見せしたいところ…!

◆擬似人格さん
SNS上の法人と個人の在り方的なお話にもなりますね。
(比喩表現として)社を背負ったコンテンツ…と考えるとき、
押し通すべきこと、押し通すうえで根回ししておくべきことは、
理想論を振りかざすのでもない限り、何事にも存在すると考えます。
ときに、少しお伺いしたいのですが、
どのような「説明」があれば、「責任」を果たしたと認められますか?

◆ななし弐号さん
断然の押し付け合いではない、いろいろな意見に触れることができ、
私としてもとても勉強になりました!
陰謀論も「愛国」と同じく、囚われては危険な思想ですが、
程よくあしらいつつ付き合えると、一服の楽しみになりますよね。
2016/03/10(木) 10:27:29 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK