アクセス解析的なお遊び。

2016/03/04, 09:00

■すうじであそぼ
2016/2月

ほとんどのブログサービスには、アクセス解析機能があります。
外部サービスとして使えるGoogle Analytics等もあり、これらは

 「閲覧者のうち、どのような人物が多いのか?」
 「閲覧者はどんな情報を求めているのか?」
 「どこを改善すれば閲覧者の満足度を高められるか?」

といったチェックに活用されます。
単純なアクセス数ひとつでも、見て取れる情報はたくさん。
たとえば、上の数字ですと…
2月3日、新エリア(艦橋)のコンソールを解読した記事
2月9日、新ソールのあれこれをまとめた記事
2月22日、軍艦・大和のお話のアクセスが多め。

新エリア/新能力/新情報など、ホットワードが順当にではありますが、
コメント等の反応数まで考えれば、「大和」が強い。
PSO2界隈外部にとりあげられた側面は大きいですが、
社会的・心情的なテーマを、批評/寸評するかたちの内容は、
閲覧者とも目線が近くなるため、より効果的…とかとか。

そういえば、大和についての説明がきていましたね。
 公式 → 「幻創戦艦・大和」についてのご説明
まだご覧になっていない方は、是非ご覧ください。
大和関連の弐挺拳銃まとめは、また近々。

_____
閑話休題。
そーいったものを活用し、改善するために、アクセス解析が行われます。
得られた情報へのアプローチ方、構築したいブログの"形"など、
いろいろなものと相談して、舵をきっていくワケです。

…私は、書きたいことを書きたいので、参考にしていませんけどネ。
METAタグ編集やSEO対策なども、これまで一度も行っていません。
その割には妙に見られているのですが…きっと珍獣観察ですね?
だが心するがいい、珍獣を覗くとき、珍獣もまた君を覗いているのだ!




■ぺーじびゅー
みにあむ

なんの脅しにもならない改変名言はさておいて。
キーワードや閲覧環境など、多角的な情報のあるアクセス解析ですが、
今日は「平均ページビュー(以下:平均PV)」について。

ざっくりといえば、1人が1日何ページ閲覧したか?の数字。
これが多いほどコンテンツが魅力的なサイトとされます。
注意点は、単純な訪問者数や総アクセス数ではなく、

 「総アクセス数 / 訪問者数 = 平均PV」

であること。
冒頭の画像から導けば、弐挺拳銃の2月平均PVは、

 85984 / 46076 = 1.86

となります。
多いか少ないかでいえば、わからん。
趣味の個人ブログなるカテゴリの平均PVは、不明です。
個人のアフィブログも数多あるなか、定義や線引が難しいですしね!

ただ、一般的なニュースサイトは1.5~2.0前後、
ネットショップ等は、4~以上が望ましい…とのこと。
商品ページ(1)→注文ページ(2)→確認ページ(3)→完了ページ(4)とか。
4以下ならば、訪問者に対する注文者数が少ないと考えられ、
ページそのものの魅力や訴求力を~、みたいなお話。

_____
一般論として、平均PVが多いほど魅力的である…とは書きました。
ひとつ見終えたのち、関連コンテンツわかりやすく表示されるとか、
興味を持てるかたちで別コンテンツが目に入るとか。
ほかに「平均滞在時間」などもあるのですが、
つまりはこれら、

 「閲覧者の時間をどれだけ使わせるか」

ということです。
…これがね、どうにも頭にチラついていけない!
時間を費やすに値しない!とまでは思っていない(私のブログですしね)ものの、
積極的に整備するのは憚られる感覚があります。
どうにも煮えきりませんが、これは奥ゆかしさというヤツでしょう。(真顔
その結果、誰の目に止まらなくても良いのです。
私本人は、書いたり考えたりの時点で十分楽しめているから!



■ぶろぐであそぼ
モモアム

可能な限りシンプル、ナビゲーションも最小限。
のスタンスで運用してきたのが、ここ弐挺拳銃です。

記事一覧からでも「続きを読む」はシームレスにしてあるし、
広告・関連記事など、余計な情報は極力そぎ落としていました。
記事を見て頂く方に、いまその記事だけを…的な。

…しかし、せっかくこんな記事を書いたのですから、
試験的に「関連記事」を導入してみることにしました。
果たして平均PVは、こんなことで増えるのか!?

記事の本文直下、コメントフォームとの間に、ぽこっ。
おなじカテゴリの過去記事を5件、表示するようにしています。
この記事の場合、アクセス解析カテゴリ。…去年の2月ですね。

同時に、web拍手ボタンも場所替え。
従来は「続きを読む」のすぐ下で、ミスタッチも起きていたのですが、
この変更で、だいぶ抑えられるのではないかな!

_____
期間限定とした関連記事ですが、
気づいたら撤去されていたり、ずっとそのままだったりするはず。
やはりどこまでも私のブログ、たのしく遊ばせて頂けたらと思います。
あわせて、ご覧のあなたも、楽しく遊んでいって頂けたらと思います。

関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK