脳直でいこう!Vol.9 ~ CLOSE YOUR EYES ~

2016/03/05, 09:00

■開始前にレギュレーション
nouchoku.jpg

レギュレーションのご案内。

1.「記事本文」の入力を開始した瞬間から30分。
2.制限時間内は書き直し・入れ替え・web検索等、何をしてもok。
3.前もって考えておくのはok。メモを取ったりはダメ。から接だしましょう。
4.収まりきらなかった場合は「泣きの延長」を宣言して続行可。


続き以下の段落を入力するところから30分となります。
30分になった瞬間にいったん指を止め、再思考・再構築してもオッケーです。
オーバーしちゃったものは仕方ない。
その状況をなんとか手短に結論へ向かわせましょう。

_____
第8回→脳直でいこう!Vol.8 ~ What do you want,do what you want ~
第7回→脳直でいこう!Vol.7 ~ Immortality Impartiality ~
第6回→脳直でいこう!Vol.6 ~ A to Z ~
第5回→脳直でいこう!Vol.5 ~ Beautiful Name ~
第4回→脳直でいこう!Vol.4 ~ L'homme est un roseau pensant ~
第3回→脳直でいこう!Vol.3 ~ For Whom the Pen Drives ~
第2回→脳直でいこう!Vol.2 ~ The happen ~
第1回→脳直でいこう!Vol.1 ~ Direct Attack ~

に続きましての約半年ぶり第9弾。
今回のテーマは、某映画のテーマから。

3/3の23:11からはじまりです。
公開は3/5だけどね!

※閲覧上のご注意とお願い※
この記事、いわゆる「脳直記事」は、本人が思ったこと・感じたことを、
できるだけナマのことばで綴り、ブログという体にまとめるなかで、
自らの消化理解に利用していくための記事です。
それゆえに、誤字脱字・曖昧な表現、感情的な表現が含まれます。
理論的な誤りがあるかもしれません。
その辺りはご承知おき頂いたうえでご覧くださいませ!



■ぷしゅー
3/3の夕方頃、以下のようなお知らせが発表になりました。

 公式 → 「幻創戦艦・大和」についてのご説明

幻創戦艦・大和に対しての経緯等を説明したものです。
このブログでも、数度に渡り取り上げました。
 一回目 → 軍艦・大和が「エネミー」として登場するようですが…。(2016/2/22)
 二回目 → ラグオルメモリとか、ニャウの剣破壊とか、昨日の記事とか。(2016/2/23)
 三回目 → 軍艦大和と地図記号。(2016/2/27)


(※30分計測ここから)
これに対する反応は人それぞれで良く、それぞれ良く、
納得した/まだ理解に苦しむ/元から気にしていないetc、
さまざまないずれも、おのおの正しいものと存じます。

私個人としては、納得しています。
共感するかは別として、私の中では理解しました。
上でご紹介の過去記事にあるとおり、

 「なぜ大和を出したかったのか?」

が明らかになればokの立場でしたから、前言通りok。
あれくらい説明するなら紋章はそのままでも…とも感じますが、
現実的なリスクを考えると、これも落とし所のひとつだろうと考えます。
リスク管理が杜撰だったのでは?等は、また別のお話!

その一方、まだ納得しきれぬ方も双方いるはず(※プレイヤーに限る)で、
納得できた人間なりに、そのわだかまりをほぐしてあげられないものか…
と、殊勝なことを考えてみたものの、おつむが足りずパンクしかけ。

整理できたら整理した記事を書きますが、いつになることやら。
論点も、汲むべきことも多すぎる。
自分の考えだけ吐き出す姿勢もとれましたが、
初手で「感情面のみが問題だ」とした手前、可能な限り"各方面に配慮"したい。
ので、しばらくかかりそうです。といってぶん投げる可能性。

今回の件に限らず、多くの諍いは感情の不理解から生まれます。
反日どうこうで業務妨害罪嫌疑の者共はさておき、
次のような方は存在します。

 「法的な誤りがないのは理解している、
  表現の一種として受け止めるべきなのも理解している、
  ゲームはゲーム、仮想のモノだというのも理解している、
  それでも"大和"と戦うのは気がのらない」

そのようにして、理の部分は承服しているのだけど、
情の部分ですっぱりいけない方に届く、

 「現実と混同」
 「たかがゲーム」

という類の発言に、どうにも頭と心が痛んじゃいます。ずきずき。
そして同様に、ゲームだからこその経験をしたい!と願う方への

 「節度を弁えろ」
 「ゲーム脳」

というのも、頭と心にくるものがあります。ずんずん。
感情問題において、感情を否定(対案や提案のない批評)するのは、
相互理解の放棄、言ったらおしまいのジョーカーです。
そういうことをされてもいいのならしてもいいと思いますが、
私はそういうこと、されたくないからしたくないなー。
共感まではできずとも、理解程度はできるはず。
「嫌ならやめろ」のアレと似ている。似ているだけ。
 → 伝家の宝刀「嫌ならやめろ」。(2016/02/20)

ほかのゲームで散々既出、似せただけなのも重々知っているけれど、
まさかPSO2で現実とリンクした地球に行かされて風呂覗きや大和…
と考えれば、なるほど新体験であると同時に、びっくり展開でもあります。
それら戸惑いを取り上げて捨てちゃうのなら、ちょっとエキセントリック!

幻創種という土台がいちおうはあるなか、私達の知る地球が舞台となり、
その枠組のなかで表現したモノと戦う…なんて、まさにゲームならではです。
と考えれば、今回の挑戦はコンセプトの目玉といっても良いはず。
その味わいを蹴り飛ばして削っちゃうのなら、ちょっとセンシティブ!

もしかしたら双方、誰に向けたことばではなかったのかもしれません。
が、だとすれば、公式報告中の「配慮が足りなかった」を再現しちゃいます。
いわば負の連鎖で、お前が先に手をだした!が堂々巡りの様相。
それはちょっと悲劇ではないかなーと思うのですね。
重ねますが対放火犯は除く。やりあうべきは彼らです。

感情を理解するのって、めっちゃむずかしいですよねぇー。
私は未だ、自分の感情すらうまく把握できていません。
まして人様の感情を推し量ることなんて、裸と素手で難易度XHです。
床ペロしまくりです。ぺろぺろ。ぺろーん。

なればこそ、なるべく根気強く、じっくりことことことばを重ね、
「◇」を少しずつ削って「○」へ近づけるように取り組みたいのですが、
件のような断絶宣言を目にすると、なんとも物悲しく。
私がされたわけでなくとも、なんとも物寂しく。
あいつは違う!「敵」だ!あいつは「俺たち」のおもちゃだ!
ぺろーん。

たかがゲームのお話、たかがネットの人間関係、たかが他人の感情。
テメーのことなんて知るかよ。オレが楽しけりゃいいんだよ!
…究極的には確かにそうだし、同意できるのだけれど、
そのようなジョーカーは、使うべき時に温存しておきたい私です。

わからないから否定する、わからないから攻撃する、
理解する価値すら無い!と対面を断罪して行き着く先は、


…ぷしゅー。
ちえねつが やばい です。
20分 おーばー してしまいました。
へたなこと かくとえんじょう しちゃうから。(575
また らいしゅう!ぺろーん。

関連記事

COMMENT

個人の感情は定量的に表せませんが
個でなく群として捉えれば近似値を扱えるようになるという考え方もあります。
統計学と言う奴です。
つまり、このPV問題(大和でも紋章でもなく、あのPVにある内容全部)と運営対処の結果アクティブプレーヤーの数がどうなるか
今の興味はそこですね。
運営にとって都合の悪い結果だった場合数字が表に出てくるかは期待できませんが
結果不明なら不明で想像を逞しくする楽しみもユーザーの自由かなと捉えております。
2016/03/05(土) 10:47:29 |URL|名無乃権兵衛 #DXFjsWIM [EDIT]
むしろ悪しき前例作っちゃった感はあるんですよねこれ、ガヤが騒げば運営は折れるって印象が付くと愉快犯のおもちゃにされそうですし。
謝罪?というか火消しは必要だったと思うんですが、現状某ブログで騒がれてるだけの状況でモデル変更までしちゃうのは低姿勢過ぎるんじゃないかなーと思っちゃう人です。
2016/03/05(土) 10:59:17 |URL|5鯖ヤスミマン #- [EDIT]
今回に限らないのですが、セガは謝り方がへたくそだと思います。あるいはそもそも何一つ非が無いと思っているのかのどちらか

基本的な手順としてまず「何をしでかしてしまったのか」または「皆が何を問題にしているのか」をきちんと提示し、その上で「どう対応したのか」あるいは「対応する必要が無いと考えた理由」をのべ、その上で謝罪の言葉を述べ、最後に余談として、「今回のようになってしまった経緯」を話す流れが順当だと思うのですが

それが「今回のようなことになった経緯」から先に入るので(しかも今回は長々と語り、さらに「2月20日(土)に開催された「ファンタシースター感謝祭2016・大阪」におきまして発表した新レイドボス「幻創戦艦・大和」と新オープニングムービーですが、会場において、『大きな拍手と歓声をいただきました』。」なんてコメントから入ってw)、そこで自分たちの正当性が全面に主張され、ユーザーに「あれ、ひょっとして今回の事ってオレ達が悪いの? てか、オレ達のわがまま?」という漠然とした不快な空気を醸し出されてしまうという感じで

個人的には大和の事については何も変えなくてもいいとすら思っていますが、正当性があるのなら正当性だけを主張すればいいのに、「形だけ頭下げるけど、実際はお前らがわるいんだからな?」という態度に誠意を感じることが出来ず、あれで若干不快になっています

というリアクションをセガに直後に送りましたとさw
2016/03/05(土) 15:02:02 |URL|名無乃権兵衛 #AIlHpmOk [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/05(土) 19:14:49 || # [EDIT]
コメントありがとうございます。

◆ななし壱号さん
公式サイトで対ユーザーのアンケートでもあればと考えましたが、
それはそれでちょっと危なっかしい処理になっちゃいそうですね。
他にも考慮できる要因(関連株価/SNS上の関連書き込みetc)があり、
仰られているような捉え方でもって臨むのも、処世のひとつと考えます。
実装が近づいてきた時の雰囲気がどうなるか、も目玉ですね。

◆5鯖ヤスミマンさん
例えば私は「謝罪」にあたることは無い=必要がないと捉えていますし、
謝るということは罪を認めたんだ!と活気づく者もいます。
もちろん、それで溜飲を下げられる方もいるのですが…なんとも難しい。
悪しき前例というのは仰るとおりで、
説明だけに留めれば良かったのではないかなー、と私も感じます。
リスクヘッジは大切ですが、リスクマネジメントの段階を…と、
後からになりますが思ってしまうのですよね。

◆ななし弐号さん
謝り方って難しいですよねぇー。
今回のような、やりたいことがあるvs不適切だの構図だと特に!
しかし、「罪」とは何か?の定義にもなりますが、
法治国家人民としては、法に背くことと考えたいです。
その点で言えば今回「罪」はなく、謝る対象が存在しないという。
配慮が足りなかったの一点が「非」になると思います。
それを受け、不快に感じた人々に向けた誠意の言葉…としたとき、
弐号さんのように受け止める方もいらっしゃるだろうし、
そういうことなら…と受け止める方もいらっしゃるのだろうと考えます。

◆非公開さん
物質も思いも何事も、純度が高ければ高いほど、
それに対する反応もまた激しくなるものですよね。
酒井Pをはじめとした開発陣の純な思いが、
これまた純な人々の目に止まって、という感じでしょうか。
純にして盲、発端からして…の、なんとも難しい兼ね合いですね。
2016/03/10(木) 10:31:02 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK