◝(⁰▿⁰)◜

2016/04/03, 09:00

■初
マロン兄貴

記事タイトルが顔文字……は、4年目を迎えた弐挺拳銃でも初です。
だからといってなんの意味があるでもないですし、
タイトルがなくて良い程度の雑記なワケですが。

今日は、先週の中頃以降に頂いたコメントのお返事を逐次しつつ、
Episode4からはじめるPSO2のガンナー記事を構成しつつ、
今朝のクラシコの映像編集(趣味)をしつつでいきたいと思います。
ベイルのヘッドはファールじゃなかったよなーアレはー。

最近、双機銃カタログをさぼりぎみです。
だって8000Cでないんだもーん。('ε')



■しゅうかい
猫の集会

PSO2の良いところ・良くないところを募集させていただいたところ、
さまざまなご意見を拝見することができ、誠にありがとうございます。
そちらでも挙げられていたように思いますが、

 「集会(ユーザーイベント)が盛ん」

は、PSO2の特徴といえそうですよね。
もちろん、たとえばFFXIVにも同様の集まりは存在しますし、
プレイスタイル次第で、さほど縁がない方もおられるでしょう。
それでも、質/量ともにここまでというのは、屈指といって良さそう!

強みであるキャラクリを補強する、無料エステパスの定期配布。
さまざまなアングルとシチュエーションを撮れる、カメラ機能。
単純な集まりならば不足のない、共通シップ。
このように、システム面で様々な下地があるうえ、
NPCの衣装も順次実装されており(開発曰く"売り子の側面もある")、
なりきり・ロールプレイ等が手厚くカバーされてもいます。

___
一方で、盛んが故のトラブルもちょこちょこ耳にします。
たとえば、

 「主催と古参が内輪ネタで盛り上がっていて、入り込めなかった」
 「遠巻きに佇んでいるだけで、話しかけるキッカケがなかった」

とかとか。
双方に尤もな言い分で、双方に理も非もあるワケですから、
お互いがお互いを尊重して勇気を持つことが大事ですネー。
……具体的にいえば、

 「自分から人の輪に飛び込む」
 「場慣れしている人は積極的に巻き込む」

を意識するのが大切かなーと思います。
 ※私が人数制限がない集会をしないのはその辺で気を使うのが面倒くさいから。
身内ネタというのは、ただただ"その人"に馴染みがないだけで、
馴染みがないなら、それなんやの?と聞いてみればええのです。
馴染みがないようなら、馴染んでもらえばええのです。

他人が変わるのを期待するより、自分が変われば話が早い。
自分が変われば世界が変わる。
変なシモネタや暴言を吐かなければ大丈夫!

どーんといって!◝(⁰▿⁰)◜どーんとたのしもう!

関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK