私的ガンナースキル振り in 2016/6/2

2016/06/02, 09:00

■1年ぶり
pso20160601_040333_000.jpg

すっごい久しぶりのスキルツリー紹介。
前回は2015年5月にまで遡ります。
 → 私的ガンナースキル振り in 2015/4/22
 → カテゴリ:スキルツリー紹介

EP4の開始からしばらく(適当)経った現時点での、
私のスキルツリーをご紹介する記事です。
毎度ながら個人のアレですのでアレです。(適当
それではいってみよー。




■Gu側
2016-06-02-001.jpg2015-05-03-001.png

左が現在、右が前回となります。ほとんど変化なし。
SP追加クエストの+2は単純な上積みといったところです。
フロントSロール実装により、ダイブロールシュートはお役御免。
レアマスタリーガンナー、ゼロレンジアドバンスに振りつつ、
EP4の新スキル・TマシンガンアーツSチャージを取得しています。
このスキルについてのざっくり情報は過去記事をどうぞ。
 → TマシンガンアーツSチャージ+ガードポイントという使い方をしてみる。(2016/1/30)

使用武器や環境により、SRJABやエアリアル等も考えられますが、
大体はこのかたちがベースになるのかなーと感じます。
前回記事にも書いたように、TMGM5=APPR10ですから、
APPR分を射撃アップ系に、なんてのもちゃんと考えた上ならばアリでしょう。



■サブRa
2016-06-02-004.jpg2015-05-03-002.png

スキルシミュレータでのURLは→こちら
ツール系スキルツリーへと転向したのは気分の問題です。
発破するのが好きなもので。
 → トラップ2種とスタングレネード(ツール系スキル)を調べる(2013/10/6)
 → 発破です!Part.3 ~簡単な小ネタ等~(2014/9/20)

前回のツリーでも十分ではあります。
射撃力で見れば100程高くなりまして、単純な威力面はもちろん、
例えば新規さんが上位武器を装備する際にも良し。
ただし、キープロールシュートは有用ですから取得しておきましょう。
また、投擲2種は双機銃での立ち回り時にも有効です。
あわせてタクティクストラップを覚えれば、PPにも余裕ができちゃう。

WHBBやパワーバレット・PPセイブバレット等も効果が高く、
ツールLv10なんぞ取らずに自身のスタイルにあった見繕いができます。
WB保持時のPP面を考えればアッパートラップはオススメですが、
マスタリーは単なる威力アップゆえご注意召されよ。(突然の侍
アッパートラップでも1hitで1~2万、合計3~6万くらいは出ます。
ポイズントラップは毒が効く相手には非常に強いものの、
使用頻度的にスルーしています。SPが追加されたらとる。



■サブHu
2016-06-02-009.jpg2016-06-02-008.jpg

サブHuは、1年前とほとんど一緒でした。
通常用は→こちら。防御用(撮影用)は→こちら
SP追加クエスト未了ですが、+2されたらアイアンウィルに。

ほとんどはGu/Raで参加するため、Gu/Huはあまり使いませんが、
リバスタ等の体術系PAやオートメイトハーフラインが欲しいとき、
弱点やヘッドショットを狙えそうもないクエストでは効果的です。
撮影用は、文字通りスクリーンショット撮影用のスキルツリー。
被ダメージをなるべく抑え、長時間立っていられるようにしています。



■そんなかんじ
pso20160601_040601_001.jpg

ほかもありますが、主だった2サブをご紹介しましたー。
あくまでもサブクラス専用ツリーですので、
メインクラス用には別のツリーを用意するのが吉です。
Huならギアやガード系、Raならシャープシューター等がありますしね。

EP4となり、フロントSロールやTMGASC、3ボタンタイプの実装によって、
立ち回りの大枠は変わらないまでも、幅が生まれました。
そのなかへアジャストしていくためにも、
スキルツリーは吟味していきたいのこふー。

関連記事

COMMENT

多少の違いはありますが私のツリーもこんな感じの振り方ですなぁ。やっぱりやってる人はこの型にいきつきますねよ!
2016/06/02(木) 15:25:28 |URL|名無乃権兵衛 #- [EDIT]
私はHP維持に自信が無いのでパーフェクトキーパーを1に抑えてエアリアルに10振ってます
20%は大きい
2016/10/05(水) 18:53:53 |URL|名無乃権兵衛 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK