弐挺拳銃

あーくすっぽいなにか。

「楽しむ努力」ではなく「楽しい努力」をしよう。

■開幕
Ehon_2437.jpg

 「楽しい努力」をできるかが大切なのです。
 「楽しむ努力」なんて行為が必要になったのなら、
 そのコンテンツからは離れるべきなのです。

___
冒頭に結論を持ってくるスタイル。わぁしんせつー。
あっ、今月ははじめまして!もう月末やけどな!
どないすんねん2017年も1/6終わりよったぞ!!

……さて、似ているけれど、一字違いで大違い。
ほんならどないやねん、という記事。



■なぜなぜ
190px-Tanoshii_2_nensei_1960-04.jpg

目的(動機)があって、人は行動を起こします。
それは理性だったり感情だったり、様々に起因しますけれど、
ことゲームにおいて、楽しいかどうか?という感情の動機は、かなり重要。

楽しさが直接的に得られるケースはもちろん、
間接的……努力をした先にある楽しさを掴むのも、大きな魅力です。
場合によっては、ちょっと背伸びをした先にあるほうが、
新鮮さや達成感ブーストで一層たのC!なんてこともある。
そのようなビジョンを描けるのであれば、努力も苦ではありません。
……ちょっとはめんどくさく思うかもしれないけども。

でも、ゴールした喜びを味わうためなら、その道程も彩られていくものです。
そういう風に味わえていれば、楽しい努力といえます。であれば理想的。
けれど、予測される取り分を含めても、どうしたって気が乗らない……
様々な情報や環境、諸々を秤にかけ、なお腰が重い、なんて状況。
やりたくないですよね。

そういうときは、やらんでええんやで。
全部が全部、やる必要はないのです。
多様性がある以上、合う合わないは必然。
世界は、私やあなたのためだけに作られてはいないのだから。



■げーむ
img_titlemenu.png

楽しい努力をできないなら、それは時間の浪費と同義。
楽しい努力をできる他の何かを見つけたほうが、心身の健康に良い。
現実社会ならそうもいきませんが、これはゲーム。
つまらないのに歯を食いしばってやり遂げた経験は、執着を残すばかり。
我慢の苦労が行き着く先は、不満を垂れ流すリビングデッド。

昨今、Lv80の開放やエキスパートブロックの条件が取りざたされています。
Lv80にしたいのは、どういう欲求からか?エキスパートブロックに行きたいのは何故か?
それぞれ、自分の答えを見つけるのがたいせつ。
みんながそうだから!実装されるから!なんて理由も悪くはありませんが、
可能な限り、他人の存在を排して、自分事で考えるべきです。

たとえば、チムメンがみんなそう言っているから…という動機は、
そこに自分の主体がありません。あったとしても、従の位置に過ぎない。
一度咀嚼して、自分の言葉と考えでアウトプットできるようになったなら別ですが、
自らの生殺与奪を他人に委ねるなんて、おそろしやおそろしや。
そんな考えで努力をしちゃって、仮に報われなかったとしたら……
こう、逆恨みとかそういう、犬も喰わない廃棄物が1個できあがりです。

けれど、それが楽であったりもするんですよね。
自分で考えなくて良いから。
もっとも、それは死んだように生きている、と申しますけれど。

___
翻って、軽々に努力ばかりを奨励するのも、あんまりよろしくないと思います。
……じゃあこの記事なんやねん、となりかねない爆弾フレーズですが、
すべての努力は、「楽しい」を手に入れるために成されるべきなのです。

そして、個々人の「楽しい」は、個々人が自分で見つけ出すもの。
見つけ出したのちに、じゃあちょっと頑張ってみようかなー!となるべきで、
いきなり最初っから、努力しろー最低限はここだーなんてやり方は、
芽を摘んでしまいかねない危うい行為だなーと感じます。

じゃあどう伝えればいいか、なんてのは自分で考えてください。(適当
脱線した。



■楽しく時間を費やそう
5wh4twf.jpg

心の底から楽しんでいれば、たいていの行動は努力にならないのですよね。
……と書くと、いささか根性論に見えますけれど。
エステに3時間籠もって追求するのも、ボスソロの腕を磨くのも、
時間を費やして積み上げていることに変わりはありません。

それが、自分の内から湧き上がる行動なのか、誰かとのお付き合いなのか。
お付き合いも悪くはないけれど、自分の脚で歩むのが上等かなと存じます。
タイトルに、楽しい努力をしよう!とは書きましたが、
楽しいものを見つけられれば、努力なんて勝手についてくるものですから。

人生は有限です。
オンラインゲームのサービスなんて、もっともっと有限です。
そのなかで自らにマッチするものを探し当てるのは骨が折れるけれど、
それこそが、何より重要なプレイヤースキルかな、と思う私なのでしたー。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pso2tmg.net/tb.php/1326-3197669d
該当の記事は見つかりませんでした。