弐挺拳銃

あーくすっぽいなにか。

弱体化することをナーフって言うとそれっぽさ出るよね。

■Nerf
nerf.png

「ナーフ」とは、アメリカのトイガンシリーズ。
割とリアルよりな造形なのですが、それゆえに、
実銃からおもちゃになっちまった、的な意味として用いられる表現です。
アメリカかぶれめ。

公式より、デウスエスカ・ゼフィロスの弱体告知がありました。
 → 4/26 定期メンテナンス終了のお知らせ
つい先日実装されたばかりですが、早速の修正です。
ナーフだナーフだー。
アメリカかぶれめ。




■Nerd
geek.jpg

さて、ナー……弱体化です。
私個人は、適正なバランスには、強すぎた要素を削る行為が必要不可欠だと考えます。
弱体化を禁止したら、盛り続けるしかないんだから。
それこそパワーインフレにより、味気なくなってしまいます。
だから、弱体すること自体は、決して悪いことではない。

ただし、その意図を知りたいですよね。
いよいよ実装され、洗礼を受け、そういうものなのだと承認し、見定め、
それぞれがその姿を視野に捉えたところで、

 「強すぎたから弱くしますね」

と告げられるのは、ちょっとこう、なんだよぅー感ある。
最初から、実装時は強めの設定、少ししたら弱く……と決めていたのか、
あるいはクリア率のボーダーを決め、数字を取ってみたら下回っていたとか、
この調整となった理由を知りたい。
どうでもいいネタを放送でベラベラ喋るくらいならこういうこと喋りや。(豹変

デウスエスカさんは、EP4の大ボスです。
マザーさんすら、この人の前座だったわけです。
それを、こうもさっくりと弱体とは、良く言えば柔軟、悪く言えば芯が無い。
どちらの認識が強いかは、個々人でありますが。

私としては、弱体はまだちょっと尚早のような気がするー。
4人パーティの挑戦版も実装とかねてより発表されていますが、
個人的には、それと同時の調整で良かったのでは、とも思います。
攻撃モーションがわかりやすくて、一回行っただけで見切れるようになったし、
それでいて一発貰うと痛いから、いい塩梅の味わいでした。
それが、たった一週間きりというのもね。

ただ、クリアできない人ができるようになるのなら、ええのかなーって。
簡単になれば、レアアイテムや素材の出土も増えますしね。

難易度が下がれば、敷居もまた下がります。
そろばんを弾けば、それによって引き起こされるデメリットよりは、
メリットのほうが多いんじゃないかなーとは思います。
ここしばらく、上級プレイヤー向けの調整が多かったですから、
ある種の双方向対応というか、ガス抜きになっているのかもしれません。



■Nerv
nerv.jpg

他方、これによって不興を買うのも事実なわけです。
せっかく歯ごたえや強さがあって楽しかった、嬉しかったのに……という純粋な無念や、
運営の姿勢や対応に疑義を呈する者がいたり、便乗して叩く輩まで現れたり。

私だって、単純な戦闘そのものは、割合好意的に受け止めましたけど、
テンポは良くないし、そもそもなんで襲われるのわからないし。
シエラから、マザーのためにも!とか言われたのですけど、
オラクル松乃雪の現状認識では、マザーさんは敵対側だし。
ストーリーを進めないと置いてきぼりというのは、自分が招いた展開とはいえ、
世界に馴染んでいないようで、ちょっとしょんぼりでしたー。
かといってあのストーリーはもう…こう、全スキップする時間も【検閲】
脱線しました。

喜ぶ人がいて、悲しむ人がいる。
二元論ではありませんが、自分はどちらなのか、
少しだけ振り返って考えて、整理するといいかも。
整理したもののなかから、自分にとって大切な考え方やピースが見つかる、
かもしれません。

喜ぶ人を見て、悲しさを押し殺す必要はないし、
悲しむ人を見て、喜びを自重する必要もありません。
ただ、喜ぶ人に悲しみをぶつけるのも、
悲しむ人に喜びを見せびらかすのも、よろしくはありません。

弱体化があったとき。
こういう時にこそ、人の本質が現れます。
EP2のSRJABのとき、EP3のPAのとき。
ガンナーが弱体化されたときにも、そんなことを申しました。
……どっちも何年前やっちゅー話ですが。

コレをいい機会として、自身の成長と深長に役立てたいな、
と思うつちのこでしたー。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pso2tmg.net/tb.php/1339-d434bbd9
該当の記事は見つかりませんでした。