弐挺拳銃

あーくすっぽいなにか。

【FFXIV】追加ディスクが近づいて参りまして。

■ぐれんの
ffxiv_20170603_231412.jpg

6月20日に発売されるFFXIVの新・拡張ディスク、紅蓮のリベレーター。
このブログでもたびたび取り上げております通り、
舞台は東方……中東アジアや日本となります。

FFXIVを始めたのは3.0開始から少し経ってのことであり、
プレイヤーとして拡張ディスクを迎えるのは、今回がはじめて。
過度な期待はしないようにしてはいますが、
あれこれと想像を膨らませながら準備するのは、やはり楽しいものです。

というわけで、きたる4.0への準備を進めています。
バトルクラス(戦闘職)、クラフター(生産職)、ギャザラー(採集職)にわけ、
自分なりの振り返りを含めて記事にしてみるのこふ。

___
ちなみにですが、こういう折に出てくる数字はゲームバージョンを示しており、
数字が大きいほど新しいパッチ下でのお話となります。
追加ディスク等の特別に大きな追加変更で頭の数字が増え、
メジャーアップデート(大規模パッチ)でx部分が増えていきます。

 1.x … 旧版。根性版とも。あまりにひどかったため当時の社長が「作り直します」宣言。
 2.x … 新生版。よしだ登板。現在のベースとなる。
 3.x … 蒼天のイシュガルド実装以降。この記事時点では3.57。
 4.x … 紅蓮のリベレーター実装以後。

メジャーアップデートにおいては、PSO2と同様、サブタイトルもつけられます。
日英独仏展開ですが、全世界的には英語で統一のようです。

 Patch 3.1 … 光と闇の境界(as goes light so goes darkness)
 Patch 3.2 … 運命の歯車(gears of the change)
 Patch 3.3 … 最期の咆哮(revenge of the horde)
 Patch 3.4 … 魂を継ぐ者(soul surrender)
 Patch 3.5 … 宿命の果て(the far edge of fate)

盛大に脱線しましたので、続きに興味のある方は以下よりどうぞ。
 → パッチノート一覧(公式)
というところで自分の話にもどるのこふ。



■バトルクラス
ffxiv_20170603_141122.jpg

4.0になって、私が変わること。
まず、メインジョブが侍(4.0追加ジョブ)になります。なります。
現状では忍者&機工士、サブとして暗黒騎士と占星術師のところ、
ファーストチョイスに侍が躍り出ます。

オラクルの松乃雪はブレイバーではなくガンナーでありますが、
あくまでヤスミノコフ9000Mがあればこそガンナーなのであって、
ガンナーというクラスに対しては、そこまで。そこまでね。
ヤスミノコフ9000Mが使えるクラスという認識です。
……また脱線した。

東方由来のアウラ族で名前も東方風、中の人属性的にも好みと合致、
とあらばやらないわけにはいきません。
今作はしっかり鞘もあるし、操作面でも楽しそうです。

で、具体的にしている準備といえば、

 ・ギアセットの1番を開ける(1個ずつ後ろにずらした)
 ・交換装備の一部は詩学で交換できるので詩学をmaxに
 ・その他の交換品にも追加の可能性はあるので色々溜め込み
 ・ホットバーシミュレータで妄想

くらい。
現時点でできることは少ないですけれど、
実装後は技の効果やスキル回しの習得に時間がかかるでしょうから、
そちらに集中するためにも、すっきり用意しておきたいところです。



■クラフター
ffxiv_20170603_070542.jpg


クラフターでは、

 「侍装備を作るのに必要な職は何か」

が一番の焦点となっています。
まず、刀を作るための鍛冶師は確定で、準備はもう終えています。
クラフターは3職まで「マイスター」になれますから、残りは2つ。
現状での候補は以下です。

 裁縫師 … 着物といえば針仕事。
 彫金師 … 各種アクセサリはもちろん、飾太刀みたいな武器もありえる。
 甲冑師 … 豪猪な大鎧はやっぱり金属かなって。

もちろん、「強い装備」はエネミー/ダンジョンドロップとなるでしょう。
ただ、ミラプリ用の「好きな装備」はそうとも限りませんから、その備えを…!!

と思っていたのですが、↑の画像で映っている装備。
これが課金アイテムとして実装され、なんかもう、街着はこれでよくない?って。
であれば着物はまあいいんじゃない?ということで、甲冑と彫金になりそう。
……現状の私も鍛冶甲冑彫金のマイスターですから、もう準備は万端ですね!

また、4.0実装の少し後とはされますが、ハウジングも開放予定です。
家具を作るにあたり、木工師のマイスターが必要に!なんて可能性はありますね。
そうなったらそうなったときに考えます(適当

ハウジングエリア自体は4.0時点から入れるようなので、
しっかり下見をしておきたいところですね…!



■ギャザラー
ffxiv_20170604_112824.jpg

鉱物も植物も魚類も多数追加が予想されるなか、
やはり侍に関係が深いのは鉱物であろう、と採掘師を準備中です。
これまでは漁師としてエオルゼアを釣って参りましたが、
これからは玉鋼を追い求めるのも一興かと存じます。

___
時間が溢れるほどあればすべての準備ができますが、あいにくとそうもいきません。
限られた時間と手札のなかで最善を尽くし、
自分の納得できるかたちへ運んでいくのが大切でしょう。

そういう意味でみれば、ゲーム内ではなかなか良い準備ができています。
あといくつか、そこ以外でもしたい準備はあるのですが……
それはまた機会があれば、というつちのこでしたー。

1 Comments

日陰者のアークス says...""
以前から、日陰よりこそこそと拝見させて頂いておりました!

久しぶりに来たら、ブログがすごくオシャレに…!|д゚)
そしてレスポンシブにもなってる…!
これは…ワードプレスでしょうか?|д゚)
たまには、オラクルにも顔を出してくださいね…!|д゚)

どこかの船で、お待ちしています…! |彡さっ!
2017.06.11 11:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pso2tmg.net/tb.php/1365-7569ca31
該当の記事は見つかりませんでした。