【カタログ】ヴィタTガトリング

2013/05/26, 13:07





  【画像】
画像クリックでフルサイズ表示。

  


  【類品】
ガトリングシリーズとして、これの他にツインガトリング・アルバTガトリングが存在します。
これはそのガトリング族の最上位品。
いずれも丸みと厚みのある形状をしており、実にSFチックなフォルムといえます。


(クリックで画像が表示されます。)


  【雑感】
※以下にある性能の言及は、クラフト前の数値を元にしています。※
※クラフトって何?や、この記事って何?というまとめは→こちら。※
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


説明文から読み取る限りでは、これの下位品であるアルバTガトリングと並行して開発されようです。
(アルバTガトリングについては↑のリンク先を参照してね!)

そしてここでも「人気が出なかった」と断じられています。かわいそうに。
なぜ人気がでなかったのか。理由は謎のままですが、とにかく人気が出なかった。
デザインが云々ならロアー系はどうなんだという話になりますし、
性能面や取扱面での問題なら、まだ納得できそうなものですが…。
外見では、マズル部分に固定用らしき部品が追加され、持ち手側に大きなでっぱりも追加されています。
…これ、何に使うんだろう。バレルはアルバの時から後ろにありますし。
フォトンパワーを整えたりするパーツでしょうかね。(適当)

そうそう(思い出した)、性能は敢えて評価をする必要がない状態です。
別種のマシンガン・アサルト・リピーターと比べればまだ威力はありますが、
同じくらいの射撃値を必要とする武器と比べれば、2割~5割以上の性能差をつけられています。
見た目をバカにされ、性能でも良い所が無い。
武器としての存在意義を失い、もはやこれまでかと思ったそのとき…

ボクたちのヴィタガトさんは、ここからが違った。

「武器として活躍できないなら、マグ餌になればいい」

この天啓とでもいうべき方向転換により一躍、射撃マグ餌の筆頭候補として躍り出ました。
他職の方でも(売れるから)知っている可能性がある…という点を考えれば、不人気とは口が裂けても言えません。
つまりこのヴィタTガトリングは、設定を超越した稀有な経歴を持つ武器であるのです。
武器として日の目を見ることができずとも、生き残る道はあったのです。

"ヴィタ T ガトリング"と微妙にタイピングしづらい名前に加え
ヴィタビームやらヴィタラフレイムといった検索しやすいライバルがいることもあり、
時折ながら安い売れ残りがある時もあります。…たまには思い出してあげてください。

※追記※
しかもその後、レア☆7以上の武具も餌にできるよう修正されるという悲哀。


  【更新】
2013.5.29 ... 記事作成。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK