【カタログ】ラムダフユジオン

2013/07/06, 08:56



  【画像】
画像クリックでフルサイズ表示。

  


  【動画】



  【類品】
色違いの下位品としてフユジオンがあります。
形状を除き、本体のカラーリングや使用フォトンは色違いになっています。

(クリックで画像表示)



  【雑感】
※以下にある性能の言及は、クラフト前の数値を元にしています。※
※クラフトって何?や、この記事って何?というまとめは→こちら。※
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


フォトンの色(紫→赤)や銃本体のカラーリングこそ変わりましたが、鳥のようなフォルムは健在。
アイコンでは明るい色が主体に見えますが、使用者の視界では黒が目立ちますね。
色彩以外の目立った変更はなく、上位品らしいオーソドックスな(悪く言えば変化のない)
バリエーションの銃といえそうです。

性能面は+10で644と、VH中盤~終盤にかけて使っていける双機銃の一つです。
これの次に射撃力が低いバンシーズロアーは一気に140程も落ち込むため、ちょっと厳しい。
(潜在能力発動時ならアリなのかも)
少し上になるラムダサークウェイド赤のマシンガンと同じような数値のグループとなっています。
高難易度コンテンツをバリバリやりたい!という際に使う銃としては心許ないものの、
そうでなければ高レベルの入門用として悪くはないように思います。

しかし、本銃の入手先はなかなか酷い。
下位品のフユジオンがミクダのドロップだった所為もあるのでしょうが、
ミクダのレアエネミー、ミ・ミクダからのドロップとされています。
そのため、(他と比較して)性能に見合わない値段となっていたのですが…
2013年6月から7月にかけて実装された「アークスシップの炎禍」においてミ・ミクダがぽこぽこ湧きました。
そのためにドロップが激増、軒並み1万メセタ前後となったようです。

総括すると、☆10への繋ぎ武器、その中でも入門編の銃といえます。
以前は高かった価格も落ち着きをみせ、属性50も狙えるようにはなりました。
とはいえ、赤のマシンガンという高性能ユニクロ装備を前にこちらを敢えて薦めるほどでもなく、
かといって引き止めるほどの理由もない、というのが正直な感想ではあります。
やはり自分自身の気に入ったポイント…外見や使用感など、フィーリングで選ぶのが正解ですね!


  【更新】
2014.5.4 ... 撮影していた動画をようやく追加。
2013.7.6 ... 記事作成。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK