【カタログ】ラムダサークウェイド

2013/07/09, 04:00



  【画像】
画像クリックでフルサイズ表示。

  


  【動画】



  【類品】
色違いの下位品として、サークウェイド、上位品としてディオサークウェイドが存在します。


(クリックで画像が表示されます。)



  【雑感】
※以下にある性能の言及は、クラフト前の数値を元にしています。※
※クラフトって何?や、この記事って何?というまとめは→こちら。※
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


答えらしいです。
旧式の双機銃をベースに作成されたサークウェイドを、さらに改良した銃となります。
これの実装はクロームドラゴン同時であり、その頃には既に同レベル帯の双機銃は多くありながら
クロームドラゴンの出にくさと初物価格などの合わせ技で、百万単位の価格になっていた記憶があります。

属性値を高めれば、VHの中盤~終盤にかけて使えるだけの性能を持っています。
ただし、その出土数や後述する外見からか、価格はそれなりにお高め。
2013/7現在では、同レベル帯の双機銃が軒並み1000~数万メセタのところ、20万メセタ程となっています。
ゆえに属性強化をしていく場合には、金額負担がかなり多くなってしまうのは残念なところ。
また、実装が遅かったのも普及・認知の面からはマイナスだったといえるかも知れません。

出にくさはもちろんですが、その外見も値崩れを防いでいる要因でしょう。
下位品であるサークウェイドの落ち着いたワインレッドと同様に、こちらも悪目立ちしないカラーリング。
大ぶりな白地のボディに描かれる龍のような模様、銃身に走る青のライン。
双機銃には稀な色彩であり、いろいろなコスチュームに似合いそうです。
街着にされている方も時折みかけますね。

そのような「武器としてではない」使い方も、生きる道のひとつだといえます。


  【更新】
2014.5.4 ... 撮影していた動画をようやく追加。
2013.7.9 ... 記事作成。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK