【動画】メシアタイムでスタイリッシュ回避する動画 Part1

2013/09/29, 11:03

■ロマンだから(震え声
双機銃のPA、メシアタイムには無敵時間が存在します。
この動画は、その"無敵時間"にスポットをあてたもの。

かつてはその性能に気付く者は少なく、ネタPAとまで呼ばれたメシアタイム。
過去には「低空メシア」などと呼ばれる手法により(私は「スケキヨ」推しでした) →タグ:スケキヨ
一世を風靡した…こともあるような、ないような。
当ブログでもそれなりに早い段階でメシアの有効性を書いた記憶がありましたが、
(見つけた→Guで好きなPA)
攻防一体のPAとしての評価・運用が定着するのは、アークス全体としても、私自身の中でも
もう少し後になってからだったように思います。
そのような試行錯誤の時を経て現在は、例えばソロでエネミーを相手するときに

・エルダーリベリオンでぶっ飛ばして接近を防ぎつつ倒していく
・ヒールスタッブ(アディションバレット/インフィニティファイア)の絨毯爆撃ならぬ絨毯射撃を行う
・敵陣ど真ん中に突っ込んでメシア


のような、ハイリスクハイリターンなチョイスとしても、語られるようになりました。
効率の面から言えば、必ずしも適当とはいえないシーンはあれど
様々な意味での"素敵性能"を活かすこともまた、双機銃を握る者としての使命である!
…とまでは思っていませんが、こういうこと成功すると楽しいじゃん。
という遊び心満載の動画です。作っててたのしかった(小並感



COMMENT

クロト銀行すら忘れてヴァーダーソーマを狩り続けること数日、昨日ようやくH10ミズーリTをドロップしたぷりにぃです。拾った瞬間は思わずリアルに変な声が出ました。
メシアタイムはそのユニークな挙動から初期では「完全にネタ技やん…」と思っていたアークスが大半(というか全て)だった印象が残っています。かく言う自分もエリアルとサテライトで1つの例外も無く全ての戦場を乗り切っていました。
いつからその隠された性能にGuが気が付いたのか、今となっては知るよしも無いですが、使いこなせば広い範囲に無敵状態で多段ダメージを与えることが出来、更に特定条件下で直列…おっと、スケキヨになることで他のPAを遥かに凌ぐ火力を叩き出せるぶっ飛び性能でしたね。
ユニークなアクションでエネミーの攻撃をスイスイかわし、銃撃を叩き込む姿はこれぞガンマンと言えます。
自分はファルス・アーム相手にメシアで突っ込んだことはありませんが(大体サブRaでWB撃ってます)、クォーツが光の雨を降らす中をメシアタイムですり抜けたことはありました。アレが全く当たらないとかやべえよやべえよ…
いずれにせよ、Guの回避性能を体現したような非常に「らしい」PAの1つであることには間違いないですね。
最後にちょっと個人的に気になった情報をば。
書店でファミ通を立ち読みしていた際、新たな潜在能力として『瞬の排撃』(読み方ワカンネ。またたきのはいげき…?)というものを見つけました。
効果は驚愕の「スタイリッシュロール中のジャストアタックで与えるダメージが上昇する」、つまり文章のままに解釈すればSRJABの潜在能力バージョンです。
スタイリッシュロールと明記してある以上、十中八九ツインマシンガンの潜在能力と見て間違いないと思われます。果たして何の武器に付いてくることやら…
一応のソースとして見つけた画像を置いておきます。
ttp://www.pso2-uploader.info/uploda/src/up71268.jpg
いささか長々語りすぎました。コメントと呼んでいいのか、これもうわかんねえな(YJSNPI)
2013/09/29(日) 13:43:05 |URL|ぷりにぃ #rzVhfMJo [EDIT]
 メシアタイム…実装当初から使えてましたよ!!…と言う人は0でしょう。
 当初のメシアは打撃以外無効化できず、弾も体にめり込み当たらないという産廃そのもの。変なPA出ちゃう(笑)事件で無告知上方修正されたのはベテランGuには周知の事実ですね。
 そして上方修正されたものの、人外の連打を必要と迫られたメシアタイム。今でこそ全てのプレイヤーが扱えるレベルに修正されましたが、今のGuが200%という倍率を与えられたのも、メシアタイムやサテ硬直が修正されたのも、私含む先人達のメルボムのお陰だと思っています(ゲス顔
 しかし、スキルのエアリアルやGuにはスキル0のライフルはいまだに放置…PAの吹き飛ばしなどはそれはそれで個性なのでそのままでいいですが。ダブセの某イリュージョンクラスの完璧な産廃はモーションを弄るべきですね(Gu関係無くなってた(白目)
 今やFiからDFの芋すら奪う火力を手に入れたGu。最強クラスのFiはワイズ切りが主流なのでそれも大きいですが、Gu×の部屋がある状況から最強の一角と言われるレベルまで大躍進しました。しかし手探りの状態でガンスラ クラプロ Tマシを使い分けて戦うかつてのGuとは戦い方も大きく変わりました。
 テコ入れの回数が最も多いであろうGu…これからもどのような方向に進んで行くのか楽しみですね。
2013/09/29(日) 16:03:26 |URL|天ちゃん #mWpBbZzo [EDIT]
◆ぷりにぃさん
コメントありがとうございます。
クォーツドラゴンのレーザーシャワー回避も、Part2に収録されます!
回避ポイントも書いてありますのでぜひ今一度再現してみてくださいね!(宣伝
瞬の排撃について書いていたつもりが、今見返すとどの記事にも書いていませんでした。
いろんな記事を見ながら過ごしていたから書いた気になっていたんだね、しかたないね。
ミズーリ群(H10とナハト、M13)についた日にはお祭り騒ぎになりそうですね。
そうでなくとも今ではZRA以上に猛威を振るうSRJAB、動向が気になるところです。
◆天ちゃんさん
コメントありがとうございます。
当初はまごうことない、聳え立つ【検閲】でしたね。
悪い意味でバグっていた性能が改善されたあとも、連打面はとんでもない状況が続いており、
そのあたりを超長文で書いたこともありましたね。
ガンナー関連は様々な仕様変更や追加があり、浮沈の激しいクラスではありますが
火力というわかりやすい部分以外にも、こういう特色・遊び方もあるよ!
というものをご案内するべくの動画でありました。
2013/09/30(月) 22:01:45 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK