「3です」

2013/01/16, 20:14

■声掛けの有効活用
例のごとく、森林周回しかしていないので他のことは全く知らないのですけれども
周回等のボス直部屋は、ボス部屋(エリア3)まで走る人と、シップで待機している方という構図になると思います。
この時、PSO2のインターフェイスの非ッ常に不親切な設計として

「名前とエリアが交互点滅で表示される」

というものがあります。
名前の右側があんなに空いてるんだから同時表示でいいじゃん。なにゆえなのか。


…脱線しましたが、とにかく交互に"名前→エリア名→名前→エリア名…"となる。
エリア名表示の時に、エリア2→3へ移動したら即反映されるため良いのですが、
名前表示の時に2から3へ到着した場合、名前表示からエリア表示への切り替わりをまたないといけない。
これがけっこうなロスになるんです。
表示切替は全員一律ではなくクライアント依存のようですが、それでも困ることに変わりはない。
この設計不備をユーザー側でフォローするのは限界がありますが、できる範囲で行っています。

それが「声掛け」です!



…というと何だかエラそうに発見したっぽく見えますが、ポピュラーですよね。
「到着しました」「3です」
といった具合に、到着を知らせるアナウンスをパーティチャット等ですることです。
これだけでも十分だと思いますが、ここではさらにナウなヤングにバカウケなアナウンスをご紹介!
それは


もうすぐ3です」!


これの良いところは

・到着済み系のメッセージに比べて、発言に気付いてからの時間的猶予がある
  →裏で他の作業をしていても出遅れにくい
・到着前に「3です」等の発言をすると反応の早い人は2に降りてしまうが、それを防げる


といった点でしょうか!
これからはみなさんも「つきました!」ではなく「もうすぐつきます!」でいこう(提案
偉そうなこといってる私自身も使っている方をみて気付いたクチですから!
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK