豆を撒かれた鬼はどこへ行くのか

2014/02/05, 09:00

■PSO2と何にも関係ない
1368759.jpg

全て書いた後に気づきましたが、2/4の夜にPSO2放送局があったそうですね。
キーワードは…確か「伴天連太郎」。
ちょうど今回の話題、渡来人にも通じるキーワードですね。(迫真
とりあえず、最新情報どころかPSO2にかすってもいない記事ですので、時間の浪費使い道は計画的に!


---
去る2月3日は、節分でした。
節分といえば、豆まき。恵方巻きとかいう711のゴリ押しはポイーで。
その豆まき、"鬼"を退治するためにマメを撒くのですが、

鬼ってなんやねん。誰やねん。

…と、子供心に思っていました。豆を撒きつつ。
どうやらなにか悪いシロモノらしいものの、どうにもよくわからない。
けど、よくわからないからと容赦なく穀物を投げつけていいものなのか。
鬼さんサイドからすれば、我々人間にナッツか何かぶつけ返したい心境なのではないだろうか。
「こっちにも言い分がある!」と声をあげたいのではないだろうか。
そもそも食べ物を大事にしなさいと教えてきた大人さんサイドの二枚舌は何なのか。
幼いながらも、漠然とした矛盾を感じていたものです。
■調べるとおもしろいよ!
touhou10.jpg

鬼という存在、それが何を意味するかについては諸説あります。
渡来人説や権力者の隠語など、いろいろいろいろ。
詳しくは詳細に書かれているサイトさんをご覧頂くとして(丸投げ
上のサイトでも触れられていますが、
私は、自身が属する共同体の外に在る人のことを鬼と扱っていたのでは、と思います。

自分たちと違うから。
あの人は身内じゃないから。
難しく言えばイデオロギーの対立。

ただそれだけで相手を忌避・差別し、奴らは私たちと違うからと言い、
ただそれだけで、豆をぶつけたり、ナッツを投げ返したり、ミサイルを撃ち込んだりするのです。
ただそれだけのことで、人は簡単に争えるのです。
綺麗事を並べていても、実際に横っ面を叩かれればお返ししてやりたくなるのが人間です。
足を踏まれたらスネを蹴ってやりたくもなります。それが人間です。
でも、それではいつまでも悲しみの螺旋が続いてしまいます。どこかで誰かが止めなければ。
…ということを理解したとき、鬼という存在は、そのような「身内以外の人」だけではなく、
自身達の中にある邪な気や魂」によるものでもある、と思い至るのではないでしょうか。

もちろん、単純に自分たちに害なす存在を追い払う、という側面を否定できるものではありません。
なんでもかんでもウェルカムウェルカムーしていては獅子身中の虫となりえます。
なんだかんだ言って、やっぱり自衛はしないとアカンのです。
でも、それが行き過ぎないように、過激にならないように。
ちょうどいいバランスを保つために、激情や憎悪、嫉妬に流されることのないよう、
自身の内にいる鬼を追い出すのです。鬼は外。

心に巣食う鬼を追い出し、クールでステディなオツムになったところで、話し合いをしてみれば、
今までは見えなかった着地点や結末が見えるようになっている、かも知れません。



■で、どこにいったん?
20110904_2117461.jpg

外へ行けといわれた鬼たちは、どこへいくのか。
日本全土で戦力外通告を受けた鬼たちは、いったいどこに行き着くのか。

というより、外へいけと追い出すだけ追い出しておいて、後は知らんというのはどうなのか。
人間さんサイドは余りにも身勝手で場当たり的ではないのか。
鬼たちに行き場がなければ、道端が鬼で溢れ返ってしまうわけです。
人間さんサイドは無責任過ぎはしないだろうか。

と思ったかは定かではありませんが(迫真)、節分頃に鬼を迎え入れるところが全国にあります。
…そのような鬼の収容所のうち、一つをご紹介。
神奈川県川崎市にある千蔵寺。厄神鬼王(やくじんきおう)という鬼が本尊です。
この千蔵寺、鬼に説教をして改心させてから社会復帰させるという、少年院のようなお寺。
そのようなセーフティネットがあるならば、私たちも安心して心の中の鬼を追い出せるというものです。
鬼は外。

他にも、鬼は内の掛け声を用いる地域・家はそれなりにあります。
兵庫県三田市では、藩主であった九鬼(くき)氏の名に使われていることから、
鬼は内とする風習が今も一部に残っているとか何とか。
商家においては、おに=おおに=大荷(大口の注文)と見立て、それを呼び込むために「鬼は内」。
(書いた後にまとめを見つけました。あれっ私の記事要らなくない?→こちら)

千願寺に収容された鬼たちが改心し、再びお天道様の下を歩けるのはいつになることでしょうか。
もしかしたら、そろそろ出所する者が出てくる頃合かも知れませんね。
私が追い出した鬼はだいぶタチが悪かったので、まだしばらくかかりそうです。
関連記事

COMMENT

鬼にも神から天狗や餓鬼などさまざまなもの。
彼らだって鬼それぞれで性格ちゃうはず!
・・・と、漫画やゲームでも妖や魔物に対しても常々思う。
2014/02/05(水) 11:44:24 |URL|8鯖アークス華燕 #- [EDIT]
な・・なんだこれは(困惑)
二度読み返してみてやっと分かったことそれは
な・・なんなんだこれは(困惑9
2014/02/05(水) 14:48:56 |URL|おとうふちゃん #- [EDIT]
絶望先生ネタですね分かります
2014/02/05(水) 16:34:01 |URL|名無乃権兵衛 #- [EDIT]
とりあえずよくわからないのでダーカーに向かってロールインフィ豆まきをして節分という形を取ってみたです。
リアルでは豆を部屋に投げ込まれました。片付けがダルいですね、これ。
2014/02/05(水) 18:46:54 |URL|ブレイブシューター #- [EDIT]
コメントありがとうございます。
◆8鯖アークス華燕さん
鬼の扱いの変遷など、調べてみると面白い話がたくさんあって時間が足りません。
◆フートさん
豆まきをしない→心の中にいる鬼が出て行かない→鬼にたぶらかされ納豆を求めてしまう
豆まきをする→鬼が退散する→清らかな精神がおとうふを求める
という感じです。
◆ななし壱号さん
臼井影郎と某プロデューサーは関係ないだろ!訴訟も辞さない!
絶望先生は単行本10数巻くらいまでは読んでいた記憶があります。
今調べたら完結していたようで、また機会があれば読み進めてみたいと思います。
◆ブレイブシューターさん
ダーカーも鬼という定義ができる存在かも知れませんね。
我が家ではファングニャンサー達が撒いた豆で遊び、隙間に入れ込んでくれました。
2014/02/06(木) 09:25:05 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK