スポーツはいいものですね

2014/02/16, 12:30

■おりんぴっく
9db036cf.jpg

葛西紀明選手が銀メダルです!やべぇよやべぇよ…。
30代前半で引退する選手がほとんどというスキージャンプで、41歳です。
2回目のジャンプはもうちょっと飛型点高くても…もうちょっと…だめですかね…?(小声

僅か1.3点差で逆転ならずでしたが、ストッフの出来が良すぎましたね。
鳥人・ニッカネン、スキー界のハリーポッターシミーに並ぶ史上3人目の個人2冠(26歳)。
その次が日本の飛ぶ化石(41歳)です。やっぱり凄い。
ストッフが生まれた頃、葛西はもう第一線で活躍していたのですから。
長野オリンピック・ラージヒルでの金・船木、銅・原田に加え、3色が揃いました。
…長野オリンピックにまつわる葛西選手の逸話も色々とご紹介したいのですが、
よく考えたらここはヤスミノコフを愛する変態の巣でした。
興味を持たれた方は是非調べて下さい。(丸投げ
それにしても、

山本昌→投げる化石(現役27年)
三浦カズ→蹴る化石(現役28年)
葛西紀明→飛ぶ化石(現役25年くらい)


おっさんども日本3化石は本当に凄い。化石という表現は失礼で実態にそぐわない(技術鍛錬も凄い)ですが!ネタとしてね!
世界中から集まった、18歳だの23歳だのといった気力体力ともに旺盛な連中と鎬を削るわけですから。
自分の子供より年下と一緒にプレーして、そのうえで勝っちゃう。
しかも、そういった若手たちが自分より早く引退していくとかね。わけがわからないよ。
サカ豚としては、現役ではザネッティやギグスあたりも魔法おっさんだと思います。Si,サネッティさん!
過去含めればマシューズや、チグリが好きです。

---
メダルを目指して、勝利を目指して死力を尽くす姿は等しく美しいものです。
そこに勝者や敗者の区分は関係なく、参加し、全力を出し切ることの大切さと尊さを感じます。
たとえそれが、メダルなんて夢物語という選手だったとしても。
■???「感動した!」
五輪に限らず、どの競技もそのようなドラマがあるものですが、やはりオリンピックは別格です。
夏も冬も…それこそこんなブログで書くような長さではないものを書ける気がします。
例えば夏で最も印象に残っているのは、エリック・ムサンバニの100m自由形。
少し古いものだとガブリエラ・アンデルセンも有名ですが、今回はムサたん。
モーサンバーニー(Moussambani)と実況していますが、読み方の差異はアフリカではよくあること






最初は、見世物を見るような、物珍しさと好奇の視線があったことは確かでしょう。
ですがその(文字通り)必死に泳ぐ姿、諦めずに力を振り絞る姿は、観客の胸を打ちました。
ゴール後に観客席から起きた万雷のスタンディングオベーションが、それを物語っています。
ガブリエラの、見ているこちらですら息を呑む映像(→こちら)は非常に印象的ですが、
ムサンバニはなんだか笑顔になれます。…本人は本人なりに必死だったでしょうけど。
そのような楽しみもまた、オリンピックの醍醐味なのだろうと思います。

冬では、映像が残っていないのですが、クロスカントリーin長野のフィリップ・ボイトもエエんや。(唐突な関西弁
なんてったって、ケニア出身のスキー選手。…モンゴル海軍的な。パラグアイ海軍のほうが近いでしょうか。
近くにキリマンジャロやケニア山がありますから、一応、あくまで一応「雪」は知っていても、
それでスポーツというのは縁遠い国からきたオリンピアン。
…となれば、ムサたんよろしく競技成績が奮わないのは致し方ないところです。
優勝したビョルン・ダーリがゴールし、インタビューを終えてもまだゴールしていないほど、ぶっちぎり最後尾。
雪に触れてから僅か2年の彼は、幾度もすっ転びながら、それでも少しずつ進んでいたのです。

そして、やっとのことでゴールが見えてきたボイトは、びっくら仰天します。
なんと金メダリストのダーリが、ゴール前で「GO Kenya! GO Philip!」と叫んでいるではありませんか!
死力を振り絞ってゴールしたというのに、このあとにメダル授与式があるというのに、
あのクッソ寒い吹雪の中でボイトのゴールを後押ししていたのです。
そのダーリは、ゴールしたボイトをがっしりと抱きしめ、
「君こそ真の勇者だ。私のメダルよりも、君が完走したことが素晴らしいのだ」と語りかけ、
後に「私は、フィニッシュ・ラインで、このアフリカの勇敢なスキーヤーを待ちたかった」と振り返っています。

感動したボイトが、自分の息子に「ダーリ」と名付けるのは、その数年後のお話。


---
トップオブトップの存在たちが繰り広げる、盆百には到底ムリな争いも素晴らしく、
地力で劣り、もしかしたら私たちのほうが好成績を残せるのでは…という選手たちが、
それでも国旗を背負い、大観衆の前に立ち、自らの最大限を尽くす姿もまた、素晴らしいものです。
これを同時に味わうことができるオリンピックは、とても素晴らしいものだと思います。

時にそれを穢すような行いが見受けられることは、残念ではあります。
それをもって疑惑の目を向けたり、向けられたりというのは悲しいことです。
八百長とか、買収とか、ドーピングとか。
しかし、それもまた一側面として真摯に向き合い、根絶に向けての努力を後押しするとともに、

メダルこそが全てではない

ことは、見る側・応援する側として、忘れないようにしたいものです。
タルボット大主教が語った「オリンピックは、勝つことではなく参加することに意義がある」
という言葉を、今一度深く噛み締めたいですね。

外国のように、バッシングやらブーイングなんてしなくていいんです。
日本の日本人なのですから、たくさんの激励と相応の叱咤をすればええねんええねん。
というわけで、高梨沙羅ちゃんをいじめる人はギリアム氏が許しません。
関連記事

COMMENT

どうも、あらおさんです。
スキー競技を意識して見始めたのは、ふなきさんはらださんかさいさん。
三銃士的な3人と萩原さん大活躍位からでしたけど、当時はふなきさんが大活躍して、その次にはらださんが大活躍して、かさいさんは地味なイメージンずっと持ってました。
でも、今は輝きまくってる!
心底かっこいいなって思いました。
あ、あらおさんは防具セット欲しいのでめめたを貯めます!
(貯まるか自信はない)
2014/02/16(日) 13:59:14 |URL|あらお #OLSP/9h. [EDIT]
国内サカ豚ですか?
海外サカ豚ですか?
それとも、両刀使いですか?
2014/02/17(月) 02:31:09 |URL|通りすがりのナックラー #99DFA69w [EDIT]
コメントありがとうございます。
◆あらおさん
葛西さん、長野では直前に怪我しちゃったのですよね。
そこで後輩の船木さんが活躍しちゃって、色々とやりきれない思いはあったそうです。
長野オリンピック年のW杯総合優勝にまつわる逸話もありますよね。
防具セットというのは売りに出していたアレですか!売れちゃいましたよ!
アラオシリンダーなんて出しちゃうから!(無茶振り
◆通りすがりのナックラーさん
海外寄りの国内若手厨です!
宇佐美はどうしてああなった…!
2014/02/18(火) 09:29:37 |URL|松乃雪 #- [EDIT]
国内若手厨!?
なるほど・・・
宇佐美は・・・まあ生暖かい目で見守りましょう・・・
2014/02/18(火) 13:57:46 |URL|通りすがりのナックラー #99DFA69w [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK