【動画】ヤスミノコフ9000M限定防衛戦・最終戦

2014/05/28, 09:00

■動画はおしまい
5/10に行われたヤスミノコフ9000M限定防衛戦の3戦目…最終戦がようやくアップです!
 壱戦目→こちら
 弐戦目→こちら

また、近日中に総括記事を上げます。
当日の開始前や終了後のやりとりなどはそちらで…!
今回の記事は、この参戦目にフォーカスした内容となります。
たぶん!






続き以下は文章です!
■結果から
まず、Raven氏の独壇場でしたね。
編集しながら笑ってしまって、もう色々とダメでした。
他の面々の非常にアク個性の強い方々が揃っていたはずなのに、あの存在感は凄い。

私の持論のひとつに、
 「ネタに走って実際に笑いを取れる人は、真剣にプレイすると上手い
というものがあります。
要領というか畳み掛け方というか、力の入れどころを理解しているから笑いをもぎ取れるわけで、
意図的か反射的かはわかりませんけれど、それらで使う筋肉は同じだと考えています。
もちろん、プレイングのほうはからっきしの面白い人がいれば、その逆も多数います。
マイナスの篩いではなく、プラスの意味で「実はできるんやろー」みたいな!

その面白さも、完全にネタに走ったものではなく、一定の秩序をもったうえで…
という話を始めるともう1記事書けそうなので省きます。

---
第壱戦と第弐戦の貢献度をチェックし損ねた(動画にも映っていない)ため、正確な数字ではないのですが、
各週で1位になった3名の数字は、

松乃雪 2032(1位) / 1665(2位) / 1431(4位)
レイン 1850↓(2位) / 1755(1位) / 1591(2位)
Raven 1678↓(3位) / 1664↓(3位) / 1599(1位)


となります。赤色の数字は不確定のもので、取りうる最大点で計算しています。
これらをまとめると、

5128(松乃雪)
5196↓(レインさん)
4941↓(Ravenさん)


となります。レインさんの1周目が1783↑ならレインさんが貢献度総合1位、1781↓なら私ですね。
最終戦でオードリーさんが3位に入りましたが、総合1~3位はこの3名に思います。





…ただ、私は、ブログでもゲーム内でも変態変態と罵られてきまして、
GJコメントなのに、"グッジョブ"なのに"あっ変態だ!"と言われるありさまでして、
当日も、フルHD解像度の動画を撮影しているという環境的なハンデがあったわけでして、
ヤスミノコフ9000Mに全力のブログ書きかつ主催という精神的重圧があったわけでして、
場を盛り上げるチャット、皆さんへの反応などをする責務もあったわけでして、

自分で自分を褒めてあげないと誰も褒めてくれないもの!!!
たとえ総合2位だったとしてもよくやったよ!えらい!かんどうした!







doyanoyuki.png

そんなわけでドヤァン。
ウザさを前面に出していきます。



むなしいのでやめます。




■動画的な部分
全Wave通じて全然攻めずに適当∞をバラまいているだけなので立ち回りは参考にしないでください!
もう少し、置きピリオドやエルダー狙撃などを出来たらよかったのですが…。
動画ではそれなりにスムーズに見えても、実際のプレイ時には割と激しくシーンが飛んでいます。
ひどいと5秒に1回プチフリするのですが、ならなくて良かった…!(PCごと再起動しなければ解消されない)
ラグネやビブラスの前には「どうか持ちますように…!」と祈っていた私です。
メシアはだいぶ感覚を頼っているシーンが多かった記憶がありますが、
いざ動画で見返すと、案外普通に動いている。(他人事
…これじゃ、私がガチ言い訳しているっぽくなるやんけ!


グワナーダの被弾はお粗末の一言なので省きます。(ばっさり
次、ラグネを見た全員が隣拠点へ移動した事実には仕方なく目を瞑ってあげることとして、
その後のシーンで、Ravenさんの好判断があります。
ラグネの向き直りにあわせて、右前足にメシアを当てている私の姿をみとめたRavenさんは、
わざわざ回り込んで、同じ足へ∞を撃ち込みにきています。
結果的には私のメシア2発の当たり所がよく、それで破壊することができたのですが、
通常ならばフォローも含めての破壊に至っていたことでしょう。
このような瞬時の判断力と選択のセンスあってこその活躍であった、といえますね!
…グラサンハゲっていいまくったからそのお詫びに持ち上げてるんとちゃうで。
途中「裸の銃を持つ男」との発言がありますが、"裸の"の意味が違ってくるんですよね…(困惑


---
映画繋がりの補足をもう一つ。オードリー・ヘップバーンは、全世界で人気です。
日本でだけ、なんてことは決してありませんからね!
未だに世界中でそのファッションや肖像が使われるレベルで人々を惹きつけています。
中でも特に日本での人気が高い…というのを歪曲した発言がアレでした。
…いくらなんでもちょっと方々に失礼だった気がします。ごめんのこふ。(反省の色が伺えない謝罪
オードリー・ヘップバーンが日本で人気の理由としては、

・高度成長期、日本でも女性の地位が高まり、欧米の女性を見習おうという風潮
・ボンキュッボンではない、スレンダーかつ愛嬌のある(日本人女性に近い)外見からくる親近感

あたりが、聞いた中ではそれっぽいかなーと思っています。
海外で「ヘップバーン」といえば、史上唯一のオスカー演技部門4度受賞、キャサリン・ヘップバーンですね!
…といっても「素晴らしき休日」くらいしか見たことありませんけど!

あ、なんだか前回のEnglishman in New York以上に脱線しそう。


でもきっと、こんな感じにいまのうちに脱線しておけば、次のまとめではしっかりと…

いかないのが私なんですよねー。もうわかりますよねー。
一連のまとめとなる記事は、可能なら今週末には…!だめでも一ヶ月経つ前にはなんとか…!(弱気
関連記事

COMMENT

あっ変態だ!(便乗していく)
濃いなぁ。
さすがにこの画質で録画しつつゴールデンタイムのPSO2で確定緊急の防衛戦をこなすのは結構ハードル高いですよね。スペック次第じゃPC吹き飛ぶんじゃねぇの。
雪ちゃんのウザさが前面に出ているのは今に始まったことじゃないので別に良いです(ゲス顔
やっぱ∞が優秀なんですかね。
自分は個人的な好みからシフピリやヒルスタをバラ撒くことの方が多いのですが、周りを見ると使っている人は殆どいない。結構悲しい。
防衛戦は拠点にダーカーが張り付くと厄介なので、いわゆる「マルチパーティークエスト」にしては珍しくエルダーリベリオンを素直に活かせるもの…のはず。
エル・アーダとかね。近づいてきた所をエルリベで撃墜したりね。
えーグワナーダの部分カットなのー。
"裸の銃"を持つ男ではなく"裸の"銃を持つ男ですね分かります。
ラグネの脚攻撃のシーンにはグッジョブを送りたいですね。アイツは攻撃する脚が分かれれば分かれるほど面倒になるので…
こういう時にサブRaだと咄嗟に脚にWBを撃ちこんで攻撃の起点を作れるので便利です。
やっべえヘプバーンの話をすると世代がバレる(焦燥)
死後20年になる今でも映画とファッションのアイコンとして度々取り上げられるその存在の大きさは筆舌に尽くしがたいものがあります。
『ローマの休日』ばかりが取り上げられがちですが、『麗しのサブリナ』や『戦争と平和』も…っとこれを語ると記事が2つ3つ出来上がってしまう文章量になる上に、話が脱線どころか大気圏を突き抜けた銀河鉄道になるのでやめます。
何はともあれヤスミノコフ9000M限定採掘基地防衛戦、お疲れ様でした。
まとめ記事的な何かはごろ寝しながらのんびり待っています。
2014/05/28(水) 19:05:46 |URL|ぷりにぃ #rzVhfMJo [EDIT]
ドーモ、グラハゲです。
動画を見た仲間内からも「聖人」「変態」「ハゲ」など称賛の声を頂いております(真顔
しかしながらWAVE4で松乃雪さんが発言した「青にわいたぞ!」には
遠くに居ながら青塔にイボが付くのを察知して伝達するとはなんたるワザマエか!
と勝手に関心していましたが、まさかブラフとは!
何はともあれ動画編集お疲れ様です、自分でやった事なのにこう動画で見せられるとなかなか面白いモンですね。
2014/05/29(木) 00:39:58 |URL|Raven #- [EDIT]
松乃雪さんこんばんは
 ライダーです。ヤスミノコフ防衛ではお世話になりました。ヤスミが持てればクラスは自由とのことでしたので,テクターメインで補助役をしたつもりです。
 テクニックの中ではイル・ゾンデの移動とゾンディールの敵集めに焦点をあてました。WAVE4では各塔に順番に敵が押し寄せるので,先回りして敵を集めることを第一にプレイしました。
 動画で自分のプレイを振り返ってみると,WAVE4でエネミーが押し寄せてくるタイミングよりゾンディが遅れてる場面がありました。イル・ゾンデの移動でPPを使いすぎて塔前でPP切れしてたのが原因と思っています。
 他にも,シフタなどを積極的に使ってないのは補助役として反省点でした。参戦目のWAVE5は,つい「ザコエネミーにゾンディしなきゃ」と考え隣の塔に移動しました。が,ラグネの後の追加沸きにゾンディするやり方もあったと動画みて思いました。
 動画の中でちょくちょくネタを拾ってくださるので,ニヤニヤしながら動画を楽しむことができました。企画,動画編集お疲れ様です。楽しいひとときをありがとうございました。
長文失礼しました。
2014/05/29(木) 01:48:39 |URL|ライダー #- [EDIT]
大仕事お疲れ様でした。
いやー、未編集から解説(ネタ)付きを作ると言うのを見て
コメントを書き込むならば、ネタ満載のフリーダム3戦目だろうと待っておりました。
一戦目は、松乃雪さんが1位の場面が多く、自分自身を弄るより他人を弄る2戦目以降が
面白いだろうなと、期待感もありました。(ゲス)
動画内での発言を見ても気を使う人柄が出ているのを感じつつも、
戦闘になると大体MOBしか写ってない!戦闘民族なのは流石ですね。
PKを気にする宿命のGuなので回復は別の職でプレイしている時以上に有難いと思う物です。
ゾンディ+支援してくれるテク職が女神に見えるのはGuだけ!(ゾンディメシア凄い気持ちいい)
ムーンはやはり、ペロって這いつくばり、疎外感と悲しみを感じ取る紳士の振る舞いですね。
私も(このwaveが終わったら起こすから堪忍な)となってしまうので、ほんま紳士は偉大と思いました。
しかし、ヤスミと一線を越える・・・。この動画のネタが予言だったのかどうなのか。
8スロと言う限界値つまり、ヤスミと一線を越える事になるとは、コレを見越してか(策士ですね。無理やり)
3戦目のラグネは、あれやな。選ばれし者の一騎打ち。モーゼのように人が掃け、ヤスミ神がネタを与えたもうた。
と言う感じで良いんじゃないでしょうか。実、ネタとして美味しかったですし終わりよければ(ryです。
さらにビブ爆弾もネタに事欠かない3戦目は本当に面白かった。
ちなみに狼少年(ryは。
塔侵食核かとも思いましたが見ていくうちにあーモリアゲモリアゲ(棒)かな(純粋)と思いましたよ。
エンジンが掛かったのは、3週目に行けた事で気が楽になったんですかね。
掛け合いも生き生きして見えました。
参加者さんのwave毎のMOBをみて、カマキリか、ゴルか、等判断して置きメシア、置きシフピリetc。
画面に映っている一人ひとりの動きに注目するのもまた面白い。
やはり、ヤスミの発砲音と光属性特有の音の入り混じり、良いものですよね。
特にメシアの奏でる音は、本当に幸せを感じます。
かつては、ヤスミ+フラメ。
今は、エレトレ+ガルミで、咄嗟のチェンジにラグが起きないよう迷彩をつけていますが、
やはり物足りないのですよね。
Guなら、技量マグ無くとも補強してくれるスキルがあり、クラフトも自分の想定以上に
上限値の上がりが早いので、一考したくなってきました。
そう言う意味では、ヤスミ布教としての動画として成功していると思います。
クラフトヤスミの実ダメージ値も見れる(参考にできる)わけですから。
最後に、
参加者の皆様含め、松乃雪さん。
面白い動画有難うございました。
そして、お疲れ様でした。
2014/05/29(木) 02:21:46 |URL|フラメ豚 #- [EDIT]
初戦~最終戦に渡る動画編集お疲れ様でした。
所々に散りばめられたゲスさに思わず笑みがこぼれました。
参加された皆さんも、3戦通して徐々に松乃雪さんの扱いがこなれてきた様な?関係性の変化も見てとれて面白かったです。
イベント~現在までの苦労に対して、労いの言葉しか掛けることが出来ませんが、お裾分けと楽しませて戴いた事への最大限の感謝を。
改めまして、参加された皆様。お疲れ様でした。
そして楽しい一時をありがとうございました。
2014/05/29(木) 06:04:54 |URL|弍鯖 #- [EDIT]
コメントありがとうございます。
◆ぷりにぃさん
変態っていう人が変態なんですー!(小学生並の口喧嘩
Inspectorブーストもしているため、割と頑張ってもらっている感じです。
おかげで40秒で4GBというファイルサイズに…。色々盛りすぎてる気はすごくします。
PAのチョイスはその時々になりますが、今回のバ火力連中(暴言)が多い場合、
「中火力低燃費」の∞が「高火力低燃費」になってしまう面もありそうでした。
まとめの前に5万文字の記事をブチ上げましたが、またまとめも書きます。
我ながらすごいなと思います。(小声
◆Ravenさん
ドーモ、グラハゲ=サン。
非常に強力な個性その個性は「聖変態紳士ハゲ」に相応しいように思います。(大暴言
そ、そう、実は青に核が…と言い訳をできるかと思いましたが、
入力を始めた後に核が出現したのがハッキリと映っていたため無事死亡しました。
色々と失礼な扱いをした点は平にご容赦頂ければと思います(小声
ご参加ありがとうございました!
◆ライダーさん
ぉほー、なんとなくそんな感じだったのかなーという部分が知れてうれしい!
と考えれば、第弐戦でのゾンディールは会心の一発だったのかなー?なんて思ったり。
ゾンディールについては、目立ったミス?遅れ?はないように感じました!
冗談抜きに、ガンナーという存在の本能が出たシーンだったように思います。
打ち込んだ楔に向かい…あるいは打ち込まれると信じて突っ込む、脳筋の群れ。
という文章が冗談みたいなもので、これもまたこのような集まりならではかも知れません。
ライダーさんやノアさんは、そんな象徴的シーンのトリガーだったように思います。
こちらこそ、楽しいひとときをありがとうございました!
◆フラメ豚さん
もっともっと、色々と止めつつお伝えしたかったりもするのですが、
余りやりすぎても…と、これでもだいぶ我慢しました。これでも。
ラグネについては、多少予感はあったももの、まさか本当に…!という驚きと笑いが!
画面の前のらんらんも、ついついぉほーっと鳴いてしまうほどでした。
クラフトはまた近日中に上限解放があるそうで、思った以上のペースですよね。
現在で(潜在のお陰で)一線級の能力があるのですから、非常に恵まれているといえます。
色々と私が楽しむための小ネタをお見せして申し訳ない部分もあるのですが、
楽しんで頂けたのならば幸いです!
◆弍鯖さん
後半になるにつれ私の扱いが雑になっていくのもええかなって(紅潮
もうすこし深く交流できたらよかったのかなあという思いは大きいのですが、
様々な個性が一箇所にすっと集まり、ひときわ眩しい光を放ったあと、
すっと分かれてもとの場所に戻っていく…そんな空気も愛おしい私でした。
2014/06/01(日) 14:02:27 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK