がんぷそ!

2014/06/29, 09:00

■没案:共闘フリンク
ganpso2top.png

このブログでも二回に渡り参加させて頂いた、Twitterでの「#がんばろうPSO2記事リンク」。
 一回目→がんばろう!PSO2アークス共闘リンク2014 弐挺拳銃編
 二回目→距     離   感(スピンオフ企画

DDoS攻撃が沈静化したことによる再開を受け、一旦の「おひらき」となりました。
もちろん予断を許さない状況であることに変わりはありません。
再び停止、というシナリオも十分に頭に入れておきたいところです。
が、今日はね。
そういう「様々な想定」をしちゃうとお話が進まないからね。さくっと前にね。

---
発案者のフートさんが、この活動に参加した面々のご紹介と、想いを綴られています。
 →がんばろう!PSO2参加ブログリンク!(OTOFU))
白く柔らかなおとうふだからこそ書ける、沁みる文章です。
ドス黒くてなんかトゲ生えてるような私にはとても紡げない文章です。

…それは、おいといて。
今回の記事ではこのタグ、活動について、私なりに振り返ってみたいと思います。
あくまで私の考え、スタンスであり、これが何らかの公式?な声明であるとか、
誰かの代弁などでないことはご注意ください。
別の意図で参加された方もおられるでしょうし、その方々の考えを否定するものでもありません!

というところで、はじまりんぐ。
■すみっこ
sumikko.jpg

まず、今回の"がんぷそ"。

私は、
「再開、楽しみに待っているよ」というプラカードを上げるために参加しました。
応援の声を上げてはいるけれど、この想い、届け!とボールを投げてはいない塩梅。

だってたぶん、いま運営すんげー大変じゃん?
応援メッセージとか送りたいし、むしろコレがそーいうメッセージだと思うけどもさ、
きっと他にも色んな連絡とか対応とかぜってーたくさんあるし、手間かけさせるのはなんか違うじゃん?
なら、邪魔にならないように、ちょっと遠くで横断幕あげとけばいいんじゃん?


みたいな。
こいつ誰やねん。


--
応援するといっても、余計な手間をかけさせるのは忍びない。
でも、だからと何もしないのはちょっと違う。
何もできないわけではない。せめて見守るくらいはできる。
見守るにしても、見守り方というものがある。どのようにやろうか?と考えていたところで、
「みんなのお気に入り記事を紹介しましょう」
という切り口がとても"ちょうどよく"、なんだか楽しそう!と思えたのです。

ちょっと離れたところに立って。
「あなた達が守ろうとしてくれているモノを、私達はこんなにも楽しんでいます。」
そんな表明を、見えるけれども、押し付けない距離感で。すみっこで。
結果的に届いたか、こちらの姿が写ったかどうかも分からないけれど、
自分で望んだ距離感ではありますから、何ら不満ありません。

そして、人によっては、そのような私とは違う取り組み方…
集まったみんなで想いの共有をしたいとか、独白をしたいとか、様々なスタンスもありました。
それら全てを内包できるだけのモノであったからこそ、
ここまでの広がりを見せたのではないかな、と思います。



■けつまつ
といった感じでキャッキャしていると、なんだなんだーと人が集まってくるものです。
何をしているのか知った人が、なんだか楽しそう!私もやる!と、少しずつ増えていきます。
数人がぽつぽつと上げ始めたプラカードや声援に呼応して、少しずつ。
それはやがて大きな…とまで言えるかはわかりませんが、
規模の大小ではなく、とても温もりある空間を生んでくれたように感じます。

それこそが、このタグや活動の求めた、行き着くところだったのかなと思います。
(私もそうですが)当初の予定や意図とは違う形になったかも知れないけれど、
辿り着いた場所がそこだったのならば、そうなるものだったのでしょう。

中には、こちらを指し「やるだけ無駄」「自分たちが楽しんでいるだけ」と感じ、思う方もいたことでしょう。
そのような視点やスタンスも否定しませんが、私としては、
あの状況でも、自分を含めた「誰か」を楽しませられないか模索するスタンスを支持したい。
自分もそうありたいと思っています。
それが誰かに悪意をもって受け取られたとしても、そういうのは、まあしゃーないかなって。(適当



■丸投げする
頭の中の色々を出したくなってしまうので、ここらで文章を巴投げします。

今回の「がんぷそ」に参加された皆さんにグッジョブを!
企画に携わった面々、楽しそうだと乗っかった面々、それを眺めていた面々。
さまざまな立場や意見に意思はあれど、すべてをひっくるめての「がんぷそ」。
皆さんの記事には私の足跡がついています。(真顔

そして、この「がんばろうPSO2記事リンク」というタグ。





2014-06-29-002.png

発案は私でした。(真顔



…いやホント、だから何?なんですけどね。
私が言わなくてもきっと誰かが言っていたことでしょうけれど、




私でした。(真顔
関連記事
ShadowPlayのすすめ。 …次|TOP|前… 日常

COMMENT

はじめまして、以前からこっそり覗き見していた者です←
某お豆腐屋さんのブログから遊びに来ていたのですか、今回の記事がなんだか心に染みたので思わずコメントをしてしまいました。
射撃も応援も距離感が大切なのですね(゚ω゚)
2014/06/29(日) 12:48:27 |URL|高野豆腐推し #- [EDIT]
クエスト中やロビーで、一つのきっかけからみんなで楽しめるpso2の雰囲気そのままに広がっていきましたね!
それぞれが同じオラクルだけど好きなことを好きなようにして過ごすのがpso2
今回のインできない時間もみなさん自分なりの楽しみかたでまっていたのではないでしょうかー
わたしも何気無く見ているブログさんたちが、どういった思いで遊んでるのかしれて楽しかったです
意外に早い復旧になったしうれしい週末でした!
( ^ ^ )/□
2014/06/30(月) 05:50:31 |URL|フート #- [EDIT]
コメントありがとうございます。
◆高野豆腐推しさん
仰るとおりですね!
何事にも重要な視点ですが、忘れがちなもの。大切にいきたいですね。
◆フートさん
色々な視点や感情、なかには残念なものにも触れられたかと思いますが、
それらもまた飲み込んで消化して、思いも新たに遊べると素敵なのかなと思いました。
(ブログのスタンス上)うまく乗り切れなかった感はありますが、企画ありがとうございました!
2014/07/05(土) 19:18:33 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK