弐挺拳銃

あーくすっぽいなにか。

スタイリッシュロールの小ネタから簡単な調査。

■知ってるヒトは知っている
droll.jpg

双機銃の武器アクション「スタイリッシュロール」には、小さな特徴があります。
気付いている方も多いかとは思うのですが、
というより恐らく双機銃実装時からこういう仕様だと思うのですが、

「スタイリッシュロール3段目は方向キーを入力する/しないによって発射弾数が異なる」

という特徴があります。
具体的には、入力なしで5発、入力ありで6発。
下のGIFを見比べてみてください。

sr3.gif sr4.gif

左が5発、右が6発になっているのがわかりますね。
モーション自体も若干違う(右側は回転冒頭で手を広げる)のがわかりますね。
方向キーの入力が必要である左右へのロールも6発となっています。

そして、後方ロールをする際、キー入力をしておくと、ちょっとシャープに回転します。
無敵時間は両者かわらない…と思いますが、体感です。
ただ、JAへのタイミングは確実に早くなる…と感じていたものの、調べてはいなかった。
ので、数えてみました。

■アナログ
2014-07-13-001.png


秒間60フレームの動画で撮影し、「ロール開始から次のジャストアタック判定まで」のフレーム数を計測。
入力なし・ありで差があるかを調べる。
追加でなんとなく気になった(JAまでが早くなった気のしない)左右ロールも調べる。


しらべた。小数点二位以下切捨て。



◇ロール2段目◇
入力なし … 45フレーム(0.75秒)
入力あり … 38フレーム(0.63秒)
左右へのロール … 45フレーム(0.75秒)

◇ロール3段目◇
入力なし … 137フレーム(2.28秒)
入力あり … 114フレーム(1.9秒)
左右へのロール … 137フレーム(2.28秒)

---
つまり、

後方へのロール時に方向キー後ろにを入力しておくと、JAタイミングを早められる!

というわけですね。
左右ロールはキー入力こそ伴うものの、JAタイミングは無入力と同じ。
発射弾数はPP回復量やダメージ量に関わり、
JAまでの時間は、それこそ「時間」に掛かる全てに効果があります。
僅かな差ではありますが、知識としてもっておけば、生かせるタイミングもあるでしょうしね!

といったところで、本当は冒頭のGIFアニメだけで終わらせるつもりが、
つい気になって自分で調べちゃう私なのでした。

4 Comments

kuro4 says...""
早くJAできる意味もありますが
実は後ろに下がる距離も短くなってます。
(JAが早い分後ろに下がるSロールがキャンセルされているからだと思いますが)
後ろ入れSロールは祭壇TAなどのウェイトスイッチの上でぎりぎり落ちずにJAができます。
又、地上でメシアを撃つ場合、
回転が始まった時にSロール始動位置までしっかり戻ってくれます。
(リンガーダのコアを狙う時とかに便利)
また空中で後ろ入れSロールをすると軌道が低いせいかニュートラルより高度が下がります。
2014.07.14 00:15 | URL | #C9/gA75Q [edit]
マイペース鯖のミリー says...""
しりませんでした(正直)
だって三段目出さないもん、出したら負けだもん(必死)
ノーロックで上昇してる時、後ろロール誤爆して萎え萎え、あると思います!
2014.07.14 17:59 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.14 23:02 | | # [edit]
松乃雪 says...""
コメントありがとうございます。
◆kuro4さん
補足ありがとうございます!
自分メモ第一でやっていますと仰られているような部分は体感のうちにしまってしまいまして、
このように文字に起こして頂けるととてもありがたいです(小声
空中のキー入れロールかつJA受付終了ギリギリまで待ってから、は高度調整に使えますよね。
高度を取りすぎて目標から外れてしまった際の微調整などに使っています。
◆マイペース鯖のミリーさん
何事もそうですが、使わないとわからないですよね。
それでも、断片的でも知っておけば何かの拍子で役に立つ、線が繋がるかも!
といった感じで適宜読み流していただければと思います。
◆非公開さん
どうぞどうぞ!
当ブログの内容はご自由にご利用ください!
2014.07.21 12:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pso2tmg.net/tb.php/708-5c09f419
該当の記事は見つかりませんでした。