エクステンド・インタラクション

2014/10/24, 09:00

■○らふと
karafutoken.jpg (画像元→北海道MY LOVEさん)

※今回は武装エクステンドに絞ったお話ですが、長いので「クラフト」とします。

14年10月8日のアップデートで、クラフトのデメリットが緩和されました。
これにより、じゃあちょっと使ってみようかな…という方も増えたように思います。
私はそれに先立ち、射撃系限定ながら、レア品(☆7~11)全てのレシピを開放しまして、
ブログ上やゲーム上でも「ExLv1から承ります」とご案内していたりします。
 →ガンクラフター松乃雪

そのお陰か、最近では帰宅すれば依頼を頂いているような状況。ありがたいことです。
なんせ、その人のお気に入り、想いが含まれたモノに触れられるのですから。
そんなわけで、今日はクラフトのおはなし。
■クラフトシステムを活用すること
syogoumujou.png

装備品が一線から退く、型落ちしていく。本来は、オンラインゲームの常でした。
しかし昨今、その救済とも呼ぶべきシステムが、様々なタイトルに導入されています。
特定のクエストをこなすことで更に鍛練できる!とか、
装備をアバターアイテムに変換できる!(PSO2でいう武器の武器迷彩化みたいな)とか。
モノによっては、一躍「最強装備」とされることもあったり、その効果の幅も様々です。

PSO2にも同様のシステム、「クラフト」が存在します。
私個人の感覚ですが、とても簡便かつ高性能な部類に感じます。
自分以外の他人に任せることもできるうえで、それなりの性能になるのですから。
そんなクラフトのお題目は"型落ち品の再強化"。
あくまで前線で使える程度にするものであって、最善手とはならないシロモノです。
最善の選択は、その時々の最新装備をしっかりと強化して用いること。
こればかりは、オンラインゲームというか、ハックアンドスラッシュの根幹部分ですからネ。
…といったところで、具体的な実行後の性能などはwikiなりを調べて頂くとして。
システムの是非や評価なども、とりあえず置いといて。

クラフトすることにより、
 「愛用の装備を使い続けたい」
 「通常ではできない、特色のある戦いを楽しみたい」

を満たすことができる、と考えています。
いわゆる"最善"ではないかもしれないけれど、横の幅は確実に広がる。
縦・深さ…最善を狙った部分は、また別に用意もできますから。

前者はもちろん、後者もクラフトの利点…クラス追加に着目したものが多く思います。
近頃は、バレットボウにレンジャー追加の依頼が結構あったり。
ツインマシンガンにファイター追加もそこそこ。
いずれも明確な意図があり、それを汲んだり、考えるのが楽しい。



■依頼を受けるということ
2014-10-23-001.png

どんなふうに楽しいのか。
私の、クラフト依頼があったときの流れは以下の感じ。

クラフト依頼のメールが届きます。
時間がない時は既読にしないように注意します。忘れちゃうかもしれませんから。
時間が出来た時に、届いたメールを開きます。
依頼品を見ます。おお、今回はヤスミじゃあないか。
では早速…とマイルームへ戻ります。
クラフトコンソールから、依頼詳細を確認します。
ふんふん、装備条件緩和とレンジャー追加か。Ra/Guもやるのかな。
クラフト実行、作成完了。
おお、射撃力+110の特能がついてる。気合いいれて作ってあるなー。
最後に依頼主へ無事届いたのを確認し、私もまたアークスロビーへ。

___
以上、時間にして、早ければ数分。
ですが、そんな僅かな時間でも、様々なものに触れられます。
なぜこの武器なのか?性能?外見?何か別のもの?
どのように使っていくのか?
それらに思い至らせたもの、切っ掛けはなんだろうか?…と想像は膨らんでいきます。
アークスカードを覗いてもみたりして。
該当装備品を扱うクラスへの想いが込められていたり、キャラクター紹介が書かれていたり。
それだけで、なんだか依頼の背景、バックボーンを感じますよね。
ただの装備品の授受だけでない、依頼主の想いや熱を感じられると、とても嬉しくなります。
…特にそういうのないけど、も全然構わないですけどね!




pso20141017_235859_002.png

冒頭で、ExLv1からMaxまで承っています、と書きました。
その依頼を受けるのが、私はとても好きです。

設定できるレシピは、一度に3つまで。
一気に上げるためには、お部屋に来て頂き、看板を逐次修正しつつの作業が必要となります。
そして、最後の合成時には、
 「クラス追加は○○、条件緩和は○○でお間違えないですか?」
と声をかけ、了承を頂いてから実行。
完了し、ご利用のお礼を述べた後、なにか一言を添えるようにしています。
そこから生まれるちょっとした会話が、とてもいい。
___
上の画像の方は、H44ミズーリT(☆11)をExLv1から8迄、とのご依頼でした。
すべての段取りが終わったあと、

 「赤黒のカラーリングがミズーリによくお似合いですね!」

とお伝えしたところ、

 「そうなんです!ミズーリに合わせたくてこの色に」

と、ちょっぴり嬉しそうに語ってくださいました。
またご利用くださいね、今度拡張されたらまた伺いますと言葉を交わし、お別れ。
僅かな時間の小さな出会いでも、そこには、クラフトを通じた縁が確かにあったのです。
このキャストさんは今、クラフトさせて頂いたミズーリで飛び回っている…かもしれません。
そう考えると、彼のPSO2の楽しみに、私が関わることができたということ。
それもおそらく、プラスの方向で、目に見える形でもって。
なかなかできないことですよね。



pso20141020_231225_000.png

こちらの方は、ヤスミノコフ9000MのExLv5~10をご依頼でした。
ブログをご覧になっているとかで、こうしてご紹介するのもちょっとアレですが…!
EP3のガンナーに興味を持ち、やってみようと思い立って、見た目や潜在からヤスミを選んだとのこと。
他にもコンボのお話や、今後の展望などについてもお話をさせて頂きました。

私も刺激を頂きましたが、その点ではこの方も、おそらく同様だったはず。
とすれば、大切な武器の整備に携わらせて頂いたのみならず、
プレイへの姿勢や意欲の部分にも好影響を与えられたとしたら、とても嬉しいことです。



■相互作用
10113305447.gif

淡々と依頼を受けて、こなして…は、少し味気なく感じてしまいます。
それはそれで職人っぽくはあるのですけれど!
私としては、自分ではない、依頼者の想いや考えが込められたものに触れられるのだから、
せっかくならそれすらも楽しみに取り込みたい、と考えている部分はあります。

依頼者は私のクラフトレシピを利用する。
私は依頼者の想いに触れさせて頂く。

それをもって「クラフトによる相互作用」ということができると思うのです。

___
とはいえ、武器一つだけでは、そこまで深く深く知ることはできません。
ならばと行き過ぎた詮索や覗き見をしては、逆に失礼となってしまいます。
こちらは手数料(1回あたり1万~2万メセタ)も払い込まれるのだから、余り強欲はいけない。
反対に、そこまで想いを込めてではなかったり、さっと済ませたい方もおられます。
そのような方を引きとめてまで何かを探ったりするのもまた、野暮といえましょう。

でも、
もしあなたが依頼を受ける側だとしたら、上記のようなことを考えると、楽しみが増えるかも。
もしあなたが依頼をする側だとしたら、簡単な一言を投げてあげると、共鳴があるかも。
無論、それはあくまで"+α"の部分。
期待をしすぎるのも宜しくはありませんが、そういった"機微"を感じられれば、
ないよりは、きっと豊かに楽しめるはず。

袖振り合うも多生の縁。
その塩梅、ちょっとした距離感のやり取りを含めて、クラフト依頼を受けるのが好きです。
お気軽にご用命くださいませ。
関連記事

COMMENT

クラフトの受注と発注は、普段は殆ど行かないフレンド様以外のマイルームを見に行けることも楽しみの一つもじゃないかなって思います。
俺自身も、せっかくマイルームに足を運んでもらえるんだから、もう少しマイルーム凝ってみようって気になりますしね!(これがマイルーム券とプレミア売るための運営の策略か…!)
2014/10/24(金) 10:47:30 |URL|Ham_Katz #- [EDIT]
松乃雪さんこんにちは!
クラフトが実装されたのはたしか今年のはじめ頃だったでしょうか。
多少のデメリットは伴うものの機能面を大幅に向上させてくれるこのシステムは、当時多くのプレイヤー達の心を躍らせてくれましたね。
もちろん私も間違いなくその中の一人だったのですが、システムで得られる数字的な功利よりもむしろ、ゲーム内での在り方の幅を広げてくれるのではないかと、そんなことにワクワクしていました。
ゲームの性質上、より強く逞しく能力を高めていくベクトルは変わりはしないけれど、その鍛錬の実際的な仕方の一端にでも他人が介入できるようになったこのクラフトシステムの実装は、複数の人が関わる様になったその道程で様々な想いやドラマをうんでくれるのではないかと思えたからです。
残念ながら私はクラフトのレベルが低く、暖簾を掲げることは叶いませんでしたが、今回の記事で私の期待通りのドラマがどこかでうまれているのだと知れて大変満足した気持になりました。
システムの外にある、それ以上のもの。
とても素敵ですね?
2014/10/24(金) 13:50:25 |URL|ななしー #- [EDIT]
惚れ込んだ装備があり、もうそれ以外使う気が起きない物がある身としてはクラフトは本当に有難いシステムですね。
クラスやスキルによっては最強装備が出来上がるのもまた面白い。
7鯖じゃないので松之雪さんに依頼出来ないのが口惜しい・・・(ギギギ
2014/10/24(金) 17:13:57 |URL|3鯖民 #- [EDIT]
最低ダメージの上方修正により、技量700オーバー装備がしめやかに爆発四散したミリーです。
とは言え嬉しい調整。ユニットが☆11に、そしてキャップ開放で必要技量が変わってくるのもまた、楽しみ。
こないだの生放送見たせいでサイキに手出すのもどうかと思うし、かと言ってこれからの主流ユニットにサイキ並の技量上昇があるのかもわからなくって、めめた貯めるしかないけど!
閑話休題。
上級射撃12の依頼をするよーな、もうその武器と心中する気(褒め言葉)満々な人はおしゃべりな方が多い気がする。ちょっとした出会いの場にもなってて、おもしろいです。
2014/10/26(日) 09:52:17 |URL|マイペース鯖のミリー #- [EDIT]
ワイ将、アヴェンジャー選手とステブウェポン選手をエクステンド延命により終身雇用の方針を発表。
先日発表されたSSPNランチャー捕手と合わせ3選手が現役復帰が決定的だ。
なお、バイオトライナー選手は属性値42で頓挫した模様。
2014/10/27(月) 19:44:23 |URL|5鯖レンジャー #mQop/nM. [EDIT]
コメントありがとうございます。
◆Ham_Katzさん
それもありますよね。
わざわざお部屋に赴かなければ依頼できないのは不便ではありますが、
そのようなサブミッションを秘めて依頼をしにいくのも楽しそうです。
◆ななしーさん
私と同じように考える方がどれほどいるかはわかりませんが、
せっかくのシステムと機会、活かさなければもったいないですしね!
ななしーさんのように「やりたかったけれど…」という方の分も、
しっかりと受け止めていけたらと思います。
そうして生まれたお話が記事になる、かもしれませんし!
◆3鯖民さん
限定状況ながら他を凌ぐ!というものがあったりもしますよね。
様々な装備を乗り換えて調整していくのもスタイルですし、
ひとつのものに執着して共にあるのもスタイルだと思います。
どちらとも認め合い、共存できると素晴らしいですよね。
◆マイペース鯖のミリーさん
ユニットのほうはクラフトのデメリット(置き換わる性能)が依然大きいこともあり、
単体性能が上がってバリエーション豊かな現状、余り盛んではなさそうな印象です。
その中でもキャストさんが、ステルスをせずにボディの一部にしていたりとか!
サークウェイドを持ち込まれた方もいるのですが、その方は深紅の出で立ちでした。
そういった部分を追求するのもロールプレイングで良いですよね。
2014/10/27(月) 23:59:18 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK