おれオレ俺

2014/11/15, 09:00

■タタタタタッ
samba.jpg


一人称について。
「私」も「俺」も「僕」もすべて自分を言い表しているけれど、表記が違います。
そこには込められたものがある…という、先週の土曜(→Phantasy,Fantasy)とちょっぴり繋がるお話。

ぼくは「私」という一人称をweb上で使っていますが、現実には別の呼称も使います。
その分別は状況であったり相手であったり、明確ではありませんが、存在します。

使い分けるということは、そこになんらかの思惑があるわけです。
例えば「俺」と口に出したとして、その時は「私」が相応しくないと判断した、ということ。
つまり一人称から、状況認識や、潜む気持ちを汲みとれるのです。
「俺」とすることで得られる何かを求めた、かもしれない。
そういうちょっとした個性から滲むもの、素敵だと思います。
■表記いろいろ
eloniichan.jpg

日本語は人称の扱いがあいまいでバリエーションYAVAIと言われますが、
それゆえに他国語に翻訳するのは云々とも聞きます。(適当

例えば上の画像にもある"Oniichan"、お兄ちゃん。
兄に対応する英語は"(Older,Elder)Brother"ですが、
お兄ちゃんというニュアンスは伝わらない。(画像はスペイン語ですけど)
親しみを込めた"Bro"が近くなるのですが、やっぱり少し雰囲気が違う。
じゃあもう"Oniichan"って音のまんま持ってきて、それを注釈なりで説明すりゃええやん!
なんてこともあるようです。
「Oniichanとは兄を呼称するときの言葉で…」といった形。
これに"兄貴"だのなんだのがちゃんぽんになっていたりして、難しいだろうなぁと思います。
ニュアンスを伝えるのはとってもたいへん。
でも楽しそう。


___
一人称のお話でした。

あくまでおいらのなかでのイメージのお話ですが、例えば「おれ」は男性の一人称です。
「わたし」は通り道的には女性寄りですが、学校ではなく社会では両性。
そこから変形した「あたし」は女性の一人称と認識しています。
ボーダーこそ人それぞれですけれど、これを利用することで、簡単にいえば「キャラ付け」ができます。

日本語でも、単純な使い分けのほかに、使う文字を変えたりしますよね。
平仮名、カタカナ、漢字。
おれ、オレ、俺。わたし、ワタシ、私。ぼく、ボク、僕。わし、ワシ、儂。

いずれも同じ一人称、かつ同じ音なのに、文字に起こすと印象が違います。
漢字は大人 っぽさや落ち着きを感じるのに対し、
カタカナは勢いや鋭さ、ひらがなは柔らかさや朗らかさを感じます。
形に変換すると、漢字は□でカタカナは△、ひらがなは○みたいな。(伝わりにくい

男性で「オレ」とすれば若さを連想しますし、「おれ」はどちらかといえば幼さを感じます。
女性で「アタシ」はいわゆるサバサバした感じの印象を受けます。
逆に男性で「あたし」と呼ばせれば内股で走ったりしそうですし、
女性で「おれ」とすれば、男勝りな性格っぽいなと感じたりもします。
これらはあくまで拙者が某なりに培ってきた経験上の認識であって、
あなたがあなたなりに育んだ、内にあるものとは違うかもしれません。
けど、それはそれで個人の違いですから、どちらとも間違いではないものです。

キャラクター・個人の行動から受ける印象と、一人称から受ける印象。
この二つの合わせ技で、評価したり認識したりもするのです。
一人称は純粋に「本人が自分をどう表現するか」ですし、手がかりとしては良いですネ。



■PSO2で
IO.jpg

ということで、実際にちらっと調べてみました。

おれ…アフィン、イオ
オレ…オーザ、ハンス、レダ
俺…ゼノ、ゲッテムハルト

どうでしょう。
それぞれの行動と一人称をあわせて手に取ると、個性がみえてきませんか!

「おれ」と自称するアフィンは、よくも悪くも優柔不断な印象があります。
イオも「おれ」と自称し、それに頷けるだけの気の強さを感じつつも、
どこか尖りきれない女性的な雰囲気もあります。いわゆるギャップ萌え。
その辺りにも、人気の秘訣があるのかもしれませんね。
「オレ」の3名は、どうにもお調子者というか、クセが強い。
勢いや信条は感じますが、独り善がりな側面がでやすいともいえます。

そして、ストーリーにも絡む「俺」2名、なんだか意外に感じました。
ウチはこの2名、どちらも「オレ」だと思っていました。
…おそらくこれは、吾輩自身がPSO2のストーリー部分を評価していないこと、
NPCたちの行動も不可解で判断しかねている点が影響していそうです。
どちらが上でもありませんが、「俺」は「オレ」より客観視に近いというか、
もう少し個を確立、独立したモノのイメージがあるのですよね。
逆に言えば、そうなれていない人間が使うのは背伸びに感じちゃう。
この段階では良い背伸びか悪い背伸びかわからないので判断材料が欲しいのですが、
それがなかなかに乏しいので困っちゃう的な。

と書きながら思いましたが、ネガティブな意味を際立たせている…
傲慢・勝手・粗野を前に出しているのであれば、ゲッテム様は何となくわかります。
けど、ゼノはどうなんでしょう。そこからの成長や気付きがあるのなら良いですが、
展開上一人称が独り歩きしちゃって強引に展開とキャラ追っ付けた感を受けるんですよね(割と暴言


それはさておき、次は「わたし」系列を見てみましょう。

私…ティア、アキ、マールー、バルバラ、クラリスクレイス、メルフォンシーナ
わたし…ロッティ、フーリエ、アザナミ、マトイ
あたし…パティ、エコー、サラ
アタシ…マリア
リサ…リサ

落ち着きのありそうにみせたいキャラクターは軒並み「私」になっている感。
アザナミが「わたし」なのは、柔軟さ・懐の広さ的なものを表現しているといえるのかも。
「あたし」は生意気…というと言葉が悪いですが、トラブルメイカー的な奔放さを感じます。
マリア姐さんは「ワイ」とかでもいいんじゃないかな。(失礼

リサは一人称が名前。おそらく、作られたものではなく根っこから。
他のキャラクターが「私は…」とか「私も…」というところ、全て「リサは…」です。
子供のうちはよくある一人称でも、成長するに従って「私」系に変化することが殆ど。
それを経なかったのか、そんな枠じゃないのか、何かの強烈な外的要因で逆戻りしたのか。
判断はつきませんが、他の言動に裏付けされたインパクトもあります。
そりゃあ人気も出るってもんです。

ほか、ジョーゼフ、サガ、ジャン、レギアス、クロト、カスラなど、男性陣でも「私」は多め。
"男性で「私」と自称するのは大人"的なイメージを共有・利用しているのでしょうね。

ミーも「私」と自称するのは冒頭に書きましたが、別段それを狙っているわけではなくて、
単純にこうして文章打ったりする時に全部「私」基本であるという、癖みたいなものです。
また、(書いてきたことやまとめをひっくり返しますが)変にキャラが付かないのも良いです。
大切なのは自己プロデュースではなく、滲み溢れる本当の個性なのです。
…それがあるのかは知らん。



■まとめ
・一人称次第で印象は変わるけれど、操れるものではない。
・けれど、そこに込められた意図や想いに触れられておもしろい。
・ストーリーのセリフ読み返したけど、バカだの殺すだの言い過ぎ。
(唐突なストーリー批判

一つしか使えないわけではないですから、どう自称してもいいのです。
おいどんも気がむいたら「わっち」などと言うてみようかと思います。

自身を認識してアウトプットする際に選ばれる、一人称。
ちょっと意識すると楽しいかもしれませんよ!



■全然関係ないけど
bashowtime.png


ただいまイベント開催中です!
奮ってご参加ください!
 → 参加型イベント"PSO2川柳 in 弐挺拳銃"のお知らせ。
関連記事

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/15(土) 19:45:55 || # [EDIT]
◆非公開さん
コメントありがとうございます。
先日はこちらこそお世話になりました!のでそう仰られるとなんだかはずかC。
絶望はAISのタイミングで変わりますしね。その見極めも力量のうちといえばそうですが…!
これからもお暇な時にごらんくださいね!
2014/11/17(月) 00:49:37 |URL|松乃雪 #- [EDIT]
お疲れ様です( ´∀`)
今回もまーったく脱線ですが、レダが「オレっち」とか自分のことを呼んでた事があるのですが、彼は「17歳」ですよね?つまり高校生・・・、見かけの印象もあって17歳の設定に衝撃を受けましたけど、一人称のセンスといい、パティエンティアと同級生だとか未だに信じられません(;´∀`)
(全アークスのレダファンを敵にしたとしてもやっぱり信じられないでs←)
2014/11/17(月) 20:52:29 |URL|ルー #- [EDIT]
ボクは、Dithとしおりで1人称が違いますね。
性別の違いもありますが、現実の自分に近いDithでは「ボク」を、理想の自分に近いしおりでは「わたし」を使っています。
しおりの時の方が大人な感じがしますね。
2014/11/17(月) 21:13:07 |URL|Dithとしおり #xU9Wav5s [EDIT]
更新お疲れ様です。(ご無沙汰しております!)
一人称って面白いですよね。
ちなみに私はこちらにコメントさせて頂くときは"私"ですが、ゲーム内では"俺"または"おれ"だったりします。
なぜかこちらに書き込むときは背筋が伸びるので…(意味深)
私は前作、初代PSOのときは主にキャラ性能の面からレイマールを使っていましたが、"私"と言うのは何となく気恥ずかしかった為"おれ"と言っていました。なりきりプレイが出来ない性分なんですよね。
しかし、イオの様なそれが個性である場合はよいですが、私の場合は単なる性別の不一致というか…。愛着のあるキャラではありましたが、そこにどうしても引っ掛かりを感じていたんですよね。
ですので今作PSO2を始めるにあたってまず考えたのは、「"俺"と言っても違和感ないキャラにしよう」でした。
なりきりプレイを否定するつもりは全くないですし、仮装世界での楽しみ方を損している、と言われれば返す言葉もないのですけど!
こっちの方がしっくりくるというか。そんな感じです(適当)。
キャラを作成する上でも、一人称は大きな要素になっていると感じます。
話は変わりますが。
逆説的ですが、使う一人称によって自身の内面も多少は変化する、っていうのはあると思うんですよね。
"私"と言えば自身の内の理知的、物腰柔らかな面が出ますし、"俺"と言えば粗雑で豪胆な面が出ます(「粗雑」以外は全て言葉負けなのがアレですが!)。私の場合は。仮面みたいなものです。
使用するキャラによって振る舞いが異なるのは勿論のことですが、一人称もそれに近いものがあると思っています。そういう意味では、これも"なりきり"の一つなのかもしれないですね。
わてももう少し、「演じる」ゆーことに目ぇ向けてみよう思いましたわ。
…毎度のことながら無駄に長いコメント、失礼しました。
2014/11/18(火) 03:19:28 |URL|アスカ #ogEFJAfc [EDIT]
◆ルーさん
オーザもあれで20歳、こちらの感覚だとだいぶ若いのにしっかりもの!
命のかかった仕事となれば、否応なく…なのかもしれませんね。
それにしてもパティは17歳でアレですか…(意味深
◆Dithとしおりさん
自分に対する自分への観察の仕方、も関わってきますよね。
仰られているような、理想の自分を扱う時は顕著になりそうです。
◆アスカさん
仰る通り、一人称にひっぱられる部分は多々あると思います。
卵と鶏ではありませんが、自己形成の大きな一面ですよね。
そう考えた時、PSO2を含む仮想世界のアバターを生み出す上で、
一人称の設定からその人を窺い知れる…かもしれません。
それは「こうありたい」という願望であったり、仮面であったり。
なかなか味わい深いものです。
2014/11/24(月) 10:31:58 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK