土曜日を控えて。

2014/12/26, 09:09

■メンバーのご紹介とか。
pso20141225_232421_002.png

いよいよ明日に迫りました、ガンナー限定マガツ戦 in ウル
参加メンバーも確定し、あとは当日に集まって開催するのみ、ではあるのですが…
今回は、
 「それぞれが体現する、思い描くガンナー」
を持ち寄る場です。
共通項を通じて集まって交流することはもちろん、
それぞれの胸に秘めた想いが、今回のキモになります。
色々な遊び方、切り取り方はあるけれど、今回はそういう場。

膝破壊からのワンターンキルもやろうと思えばできるでしょうし、
何らかの制限を課して、クエスト自体をより濃く扱うこともできます。
○○分で倒すとか、○○周狙う!とか。
でも今回は、一緒に戦う仲間達の想いを、うっすらと感じつつ…
自らがしたい立ち回り、プレイングをすることが目的です。今回はそういう場。

そして、参加者の方々が秘める想いの欠片を、こちらでちらり公開。
実際に顔を合わせ、共に闘って感じたものが本物となりますが、
この欠片に予め触れておけば、きっと当日、より良く理解できるはず。
私を除いた11人分、おとどけ!
■お一人ずつ
121212.png

ご応募頂いた順に。
トップバッターは、霧島さん。

全クラスを楽しまれるという霧島さんは、
「双機銃が使えること」「ボスを一瞬で葬れること」がガンナーの魅力と語ります。
アップデートで振り回されることの多いガンナーではありますが、都度最適解を探すのも楽しい、と。
それは試行錯誤から得られた結晶であり、対応力の表れ。
当日も、戦局に応じた姿を見せてくれるはずです。
地上で、上空で、その姿が示す選択肢は、言葉以上のものを語ってくれることでしょう。

続いて、橘さん。
橘さんがガンナーを選んだ理由は「女性キャストのパラメータが向いていたから」。
EP2…SRJAB全盛に降り立ち、その恩恵を浴びて育ったものの、
EP3で数々の修正を受け、多くのガンナー同様、大きな転換を余儀なくされます。
しかしここで、クラスを変えるのではなく、ガンナーの腕を磨くことにしたそうです。
それは、いつか見た「滞空」というプレイスタイルへの憧れ。
いまだうまく立ち回れないと自らを評されてはいますが、
費やした時間、見てきた風景、考えてきた事柄は私達と同じであり、違うはずです。
それらが互いに交り合う時、どのような景色が広がるのか、楽しみですね。

次は、masaさん。
クローズドβよりプレイされていたものの、ツインマシンガンに興味を持ち、ガンナーを選択されます。
直後に実装されたヤスミノコフ9000Mを巡る森林周回を経て、不知火星に辿り着いたそうです。
今でこそ度重なる緩和があったものの、当時はなかなか厳しい入手条件。
ようやく手に入れたときには、手伝ってくれたフレンド、チームメンバーとの思い出の詰まった、
かけがえの無い相棒となっていたそうです。
ひいては、ガンナーというクラス自体が、かけがえのない大切なものになっていた…と。
今も不知火星を握り続けるというmasaさんは、サブFiでの参加を予定されています。
思い出という古きもの、時勢という新しきもの、二つを携える姿から、学ぶものは多そうです。

続きまして、ShibaYangさん。
正式サービス直後にレンジャーとしてオラクルに降り立ったのですが、
どうにも肌に合わず、一週間ほどで離れてしまったそうです。
再び興味を持ったきっかけは、なんとこのブログのヤスミノコフ限定防衛戦ほんとだよ!書いてあったよ!
EP3から始められたため、紆余曲折はご存知ないとのこと。
しかしそれは、等身大に"現在のガンナー"を歩んでこられたことを示します。
どのように交わり、共鳴しあうのか。いまから楽しみです。

続いて、エリクエイトさん。
元々はレンジャーで、射撃力があがるサブクラスを、と選んだのがガンナー。
しかし、緊急クエスト「雨風とともに」で自身初めての☆10としてヤスミノコフ9000Mを手に入れ…
いつしか、Ra/GuがGu/Raになっていたそうです。
ガンナーを理解するために他クラスを上げる。ガンナーはコレができるから楽しいよ、を伝えたい。
のだけどへっぽこなので無理ですという慎ましやかな方ですが、その情熱は本物です。
一目惚れから積み重ねた結晶の数々は、私達にも等しく輝いて映るはずです。

お次は、テャケノコさん。
レンジャーとして降り立ち、Lv1から叩き上げで歩んできたとのこと。
その道すがら、ガンナーという選択肢が目に入り、「ツインマシンガン」に惹かれたそうです。
愛銃と称するのは、ガルド・ミラとファルコフリント。
どちらもドロップで入手であり、運命のような、神託のようなものを感じたとのこと。わかります。
EP3となって施行錯誤の日々を送ったときも、他クラスの育成をしているときも、
ガンナーが好きであることを再確認する日々だったそうです。
ファルコフリントを翼のように振り回し、翔ける姿を見られることでしょう!

続きまして、しずねさん。
子供の頃に失ったゲームへの興味を取り戻し、仮想空間に人が集うゲーム…
MORPG、MMORPGに手を伸ばします。
どれならば自分も楽しめるのか?を、自らの目線と感性で探すさなかに見つけたのは、とある動画。
その出逢いこそが、この世界に踏み入れることになった唯一のきっかけ、
自身の何十倍もあるドラゴンを打ち倒す少女…と、少女の握る武器、双機銃だったそうです。
ガンナーとは、この世界での自らの歩みそのものである、と語るしずねさん。
握る得物、動画の人物と自身の姿、打ち倒すべき対象、色々と違う点はあるけれど、
自身と世界を繋いだあの動画をなぞるように、翔び回ってくれることでしょう。

続いては、Ravenさん。
ガンナーというクラスはもちろん、ヤスミノコフシリーズに何より心惹かれるといいます。
ゲームキューブ版のPSOに端を発する、ヤスミノコフシリーズとの出会い。
入手するために積み上げたもの、手にしてきた有形無形の思い出たち。
それらから連綿と繋がる、自らがいま携えるヤスミノコフ9000Mという存在。
ガンナーである最大の理由はヤスミノコフを網羅できること、とまっすぐに語るRavenさんは、
誰に負けることない輝きを放つことでしょう。

お次はアンリバさん。
ウル4(格闘ゲーム)にて某オイルレスラーを使っているそうで、オイル繋がり…
マドゥラードヴァリスで「マガツを油まみれにする」。
ヒールスタッブの使用感は「モン○ンのハンマーっぽくて馴染む」。
どことなく独特の切り口で語られるその思い入れは、
ご自身なりにこの世界、ガンナーを楽しんでいる姿の表れのように思います。
様々な楽しみ方がある、それを再確認できるような気がしますね!

続きまして、フレンボさん。
他の方と比べ、ガンナーとの繋がりは薄いかもしれません、と仰っていました。
EP2時代の強クラス扱いを厭んで他クラスを使っていたり、
空白期間があることを気にしておられる様子。
しかし、常に使い続けていればそれでいいのかといえば、そうでもありませんよね。
他クラスでの経験を積むことで見えてくるもの、浮かび上がるものはあります。
その柔軟さもまた個性を育むものであり、相互作用の源ですよね。

最後に、庄松屋さん。
ニコニコ動画での「作ってみた」はかねてより有名で、
PSO2でも動画コンテストで入賞を果たした経験の持ち主です。
このブログとは昨年の年末イベントにご参加頂いてからご縁があり、
インタビューもさせて頂きました。
その時に語られていた、サバイバルゲームの実体験なども含めた、銃への思い。
それはガンナーという枠も飛び越えた、製作というライフワークに関わるもので、
文字通り、ゲームと現実の「境界を超え」て楽しむ姿であるといえます。
せっかくの機会、その楽しみ方に触れなければ勿体ないですね!



■ざっくり
…といったところです!
私については、このブログがあるから別にいいですよね(適当
本当はもっとしっかりとした形でご案内するべきかと思いましたが、
これはこれで想像の余地があるといえばある!物は言いよう!

いよいよ明日夜、となります。
楽しんでいきましょう!
関連記事

COMMENT

皆さんの素敵な想いが伝わってきます。
私も誰に見せるでもなく書いてみようかしら(笑)
2014/12/27(土) 01:57:15 |URL|Yuuka #SzVzNX6k [EDIT]
お久方になります。
仕事で死んでいた間に色々様変わりしたようですね。
プレイヤというのは、色々な理由付けをしてその職をしますよね。
例えば、支援をしたいから、ブッパしたいから、常に前に立ちたいから、味方を率いたいから等。
このゲームでは、職ごとの役割が薄いので、楽にやりたいとか、”つかって楽しい”とかかっこよく見せたいとかになると思います。
Gu不遇時代から見て、楽にもなりましたし=簡単に楽しめる所まで行きました。
他職をやってもらいたいがために弱体化なのでしょうね。
それが、どんなデメリット(クエストによる現金な価値観での風評等)が与えられるかをいまいち理解していない。
以前のFiや以前のFo、Brもですが、その一方で使い続け地位を個人として職として確立できた時の輝きはとても良いものです。
純粋にかっこよさがそこにはある。
まぁ、私にはそこまでのモノがないのでサブRaとかにして、ホラWB補欠要員だし(震え声)とかでやってますが。
追伸:遅ればせながら、8スロ拡張おめでとうございます。
時間が有るときにまた、ブログゆっくりと読ませていただきますね。
2014/12/27(土) 05:34:10 |URL|フラメ豚 #- [EDIT]
コメントありがとうございます。
◆Yuukaさん
ぜひぜひ!
案外、自分の中で再認識ができたりするはずです。
お正月休みを利用していかがでしょう!
◆フラメ豚さん
お久しぶりです、出荷されてしまったのかと思っていましたが良かった!
こだわりがあること、柔軟に動けること、どちらにも魅力がありますよね。
同時に、下手に頑なになることと、過度に謙ることはどちらもあんまり宜しくない。
ちょうどいい塩梅という、不確かなものを求め彷徨うのも乙なものです!
ようやく一息つけるご様子、ゆっくり休まれてくださいねー。
2014/12/30(火) 15:00:51 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK