【アクセス解析】2015年1月。

2015/02/24, 09:00

■2015
mochitukiusagi.png

あーくーせーすーかーいーせーきー。(CV:大山のぶ代

2015年アタマの一月、いかがお過ごしでしたでしょうか。
ご覧のあなたは色々あったでしょうが、私にも色々ありましてねー。
生きていれば当然かー。
ほんわかぱっぱーほんわかぱっぱー。
そういえば主題歌が変わったのでしたよね。
最初から2000年半ばまでは「ドラえもんのうた」で…
今は「夢をかなえてドラえもん」なのですね。
その間は…えーっと…

ハ…
ハg…


ハゲしちゃお」ではない!「ハグしちゃお」である!
繰り返す!ハゲしちゃおではなくハグしちゃおである!!

理解されたか!!
されたなら良し!!!
■すみませんね
さっせん。なんか変な空気にしちゃったみたいで。さっせん。
ではー気を取り直していきましょー。
まずはアクセス数からー。



2015-02-22-012.png

ユニークが3万、トータルが6万弱です。
これでもギリギリガンナーにまつわるブログでありますから、
ガンナー自体の一般的な人気は、アクセス数に多少関与していそうです。
EP2時代はユニーク4~5万、トータル10万超えも珍しくなかったものですが、
ここしばらくはだいぶ落ち着いているようです。

もっとも、あんまりたくさんの方に来られても大変ですから。
あんまりお客様が増えると、その中でごくたまーに

 「弐挺拳銃はガンナー専門ブログを気取っている!」
 「クラフト装備程度で指南役のように振る舞っている!」

みたいな評価を賜ることがありますが、どこに目がついて(略
唐突にスピリチュアルなお話とかブッこむ攻略ブログなんて大丈夫なんですかね…?
というのはさておき、1月6日が目立って多いのは、
当日の記事、7スロヤスミの青写真。(1/6)の記事がためでしょう。



■おもしろいワードがあんまりなかったので
今日はこの「アクセス数」についてちょびっと語ってみたいと思います。
ちょびっ。

以前も解析系記事で触れた記憶がありますが、
正直に言って、この数字に数字以上の意味はありません。

…というより、閲覧者の方には、全く価値のない情報です。
アクセスが多いブログなら有用な記事ばかりか?といえば、そんな道理はありません。
ココよりアクセスが多かろうと、読む気にすらならないブログはあり、
アクセスが少ないブログは押し並べて他愛無いかといえば、そんなこともありません。
ココよりアクセスが少なかろうと、ずっと面白くてためになるブログもあります。

総アクセス数など「面白味」やら「有用性」やらの担保にはならないのです。
では何のためにあるのか?といえば、ひとえに

 「ブログ著者が見て楽しむもの」

なのです。
単純化しすぎだろう、の声も聞こえてきますが、手広くやるのもアレですので置きます。
ちょびっ。

アクセス数を増やしていきたい!と考えるのであれば、
検索にヒットするよう検索ワードの分析、metaタグの編集やらするでしょうけれど、
そこまでするほどアクセス数に興味がないため、私は今までのような感じで扱っています。
こんだけあったでー、こんなのがあったでー、なんやこれおもろいなー。
でおしまい。


___
そうそう、アクセスを増やしたいブログ筆者さん向けの情報も書いておかねば。
大別して以下の3パターンは、集客効果が望めます。

思わせぶり系
 ・最新クエストであのレアが…!?
 ・ついに/ようやく…!

ちょっと見せてみぃ系
 ・(高レア品)ゲットしました!
 ・○スロ
 ・スケベSS

他人の不幸はなんとやら系
 ・休止します
 ・チーム解散します
 ・愚痴注意


思わせぶりなタイトルにすることで、クリックを誘います。
少しだけ本文の内容をチラっとさせるのも効果的!
が、余りにもひっかけ感のある内容ですと炎上しかねません。きをつけてね!

あるいは、対象を明確にしておいても、その扱い次第で耳目を引けます。
いまだと「アーレスゲットしました!」とか「グンネトリガー○連戦しました!」あたり?
その逆に、エロSSはなるべく簡潔かつ直截的に書くべきでしょう。
スキモノがホイホイと食いついてくれます!
食いつかれた後のことは知らん。

そしてラストは、野次馬根性やら何やらの混ざったモノを刺激する内容。
激励やお礼のご挨拶をするのならまだわかるのですが、
「そんなのは甘え」「なってない」のような能書きを垂れ、悦に入りたい輩も出てきます。
愚痴注意!と書いていようと、反転をしようと、そんなモンは関係ないのです。
でも、愚痴りたい時は誰にだってあるもの。
そういう時は、タイトルではなく本文少し行ってからの所に「ちょっと愚痴を」と書くのが良いでしょう。



___
長くなりそうなのでぶったぎり。
私はひっそりいきたい(願望)ので、なるべくこれらに該当しないようにするのですが、
1/6は、翌日にお話を繋げる上で、どうしても出さざるを得ませんでした。

といったところで、外面の数字に惑わされることなく、記事の内容で判断しましょうねなお話。
ちょびっ。
関連記事

COMMENT

ドラえもんといえば大山のぶ代さんのドラ声なんですよね。懐かしい・・・
2015/02/24(火) 18:25:05 |URL|Dith #xU9Wav5s [EDIT]
◆Dithさん
コメントありがとうございます。
声が違う、というのはやはり大きいのですよね。
それを超えて繋がるアニメも凄いのですが!
2015/03/02(月) 09:36:47 |URL|松乃雪 #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK