思考の産地偽装。

2015/03/23, 09:00

■バレなければ大丈夫だと皆が思っているがバレる
saasenshita.jpg

食の安全が叫ばれています。




しょくのぉおおおオオオオオーー!!!
あーーーーんーーーーぜーーーーーんんんんんんーーーンン!!!!!




…ね、叫ばれています。
オラクル在住の安田蓑子さん(主婦)も、

 「口に入れるものがどこで生産されたものか心配で…」

と語ります。
これは、由々しき事態です。



___
それはそれで大問題なのですけれど。
同様に問題なコトがあります。
私達一人一人が生産者になれるモノにも、偽装が蔓延っている。
あらたいへんどうしましょう。

それは、当記事のタイトルである、


思考において。
■人的ミス
tenchounoniku.jpg

まず、食品の産地偽装とは。
中国朝鮮産のアサリを日本国内の海岸へバラまいた後に拾い、

 「日本の海でいま獲れたから日本産な」

とするようなもの。
えー、
JAS法では"生育期間の最も長ぇ地域を産地にせぇ"と規定されており、
例えば中国で1年、日本で2年養殖なら国産と表記して良いのです。
サッカーだとプレミアのホームグロウン等も似たものですね。割と違うけど。
ともあれ、上例のような、ポイーと撒いてすぐワサーと拾うのはアウトやねん。
…この辺りの掘り下げは長くなるので、興味を持った方が調べるとして。

思考の産地偽装。

かんたんなものだと、思っても無い口から出まかせであるとか。
よく考えていないのに、ちゃんと考えましたーとか。
そういうのならまだ、こう…こやつめ!うりゃうりゃ的な落とし所もあるのですが、

実際は感覚・本能・情念から生まれたものなのに、

 「完全に理性的な思考の内から出た結論です」

としてしまうこと。
コレが非常にマズい。
タコ焼きにタコ入ってへんかった級にマズい。
タコなし焼きをタコ焼きと偽装してはマズい。



■ろんろん
toron.jpg

先日の記事でもチラァァァアと触れてますけども。
にんしきのもんだい。

意識的にそう表したなら、まだ救いようもあります。
自分は騙されておらず、相手を騙しているだけだから。
自分が良ければいいという人間の根源には背いていない。
でも、無意識…あるいは気付いていないとすれば、
相手もろとも自分も騙されていることになる。
それは…それはなんというか、もったいないというか、アレやで。
幸せになれるのは、仮初で虚仮で、妄想の中にのみ存在する自分だけ。
そんなめっちゃミニマムな枠で、人生を生きていくのかい。
自分が作り上げた、どこにも実体のない自分で生きていくのが良いのかい。
それで痛快エブリデイなんかい。
その覚悟があるのかい。どうなんだい僕の上腕二頭筋。

あるにしてもないにしても、この対応には各方面しょんぼりです。
全世界がしょんぼりした。タコ焼きもシナッシナやで。

しょんぼりだし、戸惑います。
だって、本当はちがうんですから。
思考したっぽいメッキを施しているだけですから。
本当は本能であり、感情であり、気分なのですから。
…もっとも、それら自体は何も悪くなんてないんですけども。
感性と悟性が云々ってカントのオジキも言うてはるやん。
悪くないのに妙に嫌って「私はそんなゲッスーじゃない!」と突っぱねるのがアカンねん。
人間が人間である以上、どうしようもないのです。
けど、そこをぼやかして無様にカッコつけてしまえば、アレやねんな。
せめてもうちょいとキレイに騙そか、ともなります。
ほんでバレたんなら髭ソーリーしよか、ともなります。


___
というわけで。
私はそのように考えていますから、この「思ったこと」カテゴリはもちろん、
全ては私の感情と本能から生まれたものをラッピングしただけ。
純粋理性だなんだとカッコつける気は毛頭ありません。
私の感性や本能を、私以外のヒトにわかりやすくアウトプットしているだけ。
そうすることで得られるものが私にある、というだけ。
あくまで「私の認識」のうえにだけあるもの。
同様に、あなたの考えも「あなたの認識」のうえにだけあるもの。
それだけのもの。



■きゃっかん
nekocanhuu00.jpg

客観的、なんて無いんですよ。
私の主観とあなたの主観、あの人の主観があるだけ。
ぜーんぶ主観。

主観同士をぶつけあい、
主観同士を傷つけあい、
お互いがお互いの形に近づきあい、
お互いをお互いに理解していくのです。
そういうことを出来る人、してくれる相手こそ…の話は先日しましたね。

んで、それを行う上で、自分を偽装してたら問題やな?
不義理で、不誠実で、不勉強で、不道徳やな?

というお話でした。
続く記事を書くにあたり、よくよく咀嚼していかねばなりません。
同様にあなたも、私に言われるまでもないでしょうが、よくよく考えねばなりません。

身の程を知りながら、高みを目指す。
ゲームも人生も、そのプロセスに大差ないのニャウ。
PSO2もブログも、良いトレーニングマシンなのニャウ。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK