弐挺拳銃

あーくすっぽいなにか。

運営という神が考えること、ユーザーという信者が考えること。 - Vol.2 -

■続いた
toushinkyoukai.png

Vol.1に続きましての記事。
無理に前回を読んでいただく必要はありませんが、
読んだうえで今回となれば、よりわかりやすいかと思います。
ただでさえ抽象的な表現ですしね。

そして、だいたいのスタンスは前回通り。
運営は絶対であると同時に、信者からの信心(カネ)が不可欠であり、
信者は改宗や棄教のみならず、神の在り方を問うことまで自由な権利がある……
ってな具合です。
すべてを無抵抗で鵜呑みにしろという姿勢ではありませんが、
そのあたりは、また別の機会があればということで。

運営と私、そんな距離感を維持したまま、第二回のはじまりはじまり。
……こう、たかだか30分一緒に遊ぶことを"固定"とするのに違和感を覚えますが、
そういう文化が定着以上、瑣末な感覚として横におきまして。
本日は、固定に関する神託について。

運営という神が考えること、ユーザーという信者が考えること。 - Vol.1 -

■神託は下った!
toushinkyoukai.png

このブログにおいて幾度も書いておりますが、運営は神様です。
かみさま。

一神教を崇拝する方にはピンとこない喩えかとは存じますが、
バレンタインやハロウィンやクリスマスや正月を満喫する日本人には、
咀嚼すれば理解できるものかとも存じます。
信者というワードには幾分の拒絶があるかもしれませんが、まあ見ておいきよ。

私達ユーザーがバーチャル世界に浸り、舞台を跳ね回れるのは、
彼らが、神としての権能を振るってくれているからです。
数値を設定し、調整をほどこし、実装する。

私達は、その恩恵に浴しているに過ぎません。
それは、決して違えることのできない間柄。
過不足なく、認識しなければなりません。

___
過不足なく、と書きました。
たとえば、

 「神様のいうとおり!神様の言うことは絶対!」
 「神がなんぼのもんじゃい!髪も薄いくせにのぉ!

のどちらもちょっと、過と不足がある。
詳しくは各々でお考えいただければというところですが、
盲信も軽蔑もよろしくはないよね、ってな具合です。
そこは本筋でないので横におきまして。

「楽しむ努力」ではなく「楽しい努力」をしよう。

■開幕
Ehon_2437.jpg

 「楽しい努力」をできるかが大切なのです。
 「楽しむ努力」なんて行為が必要になったのなら、
 そのコンテンツからは離れるべきなのです。

___
冒頭に結論を持ってくるスタイル。わぁしんせつー。
あっ、今月ははじめまして!もう月末やけどな!
どないすんねん2017年も1/6終わりよったぞ!!

……さて、似ているけれど、一字違いで大違い。
ほんならどないやねん、という記事。

オンラインゲームは言わないと伝わらないってー。

■ないって
87ecaece.jpg

 「沈黙は金、雄弁は銀」

と申します。
申しますし、私も現実世界においては大きく同意するところですが、
ことヴァーチャル世界、オンラインゲームにおいて、雄弁の価値は少し高くなると考えます。

雄弁……と表現するとこう、ブログに大演説ブチ上げるみたいなアレに思えますが、
単純に、自分の考えや気持ち、お願いを伝えることの価値が、ね。

エキスパートブロックはどうすればよかったのか?

■梅
umeekisu.jpg

エキスパートブロック。
2016年に4年目を迎えたPSO2が実装した新たな枠組みで、
一定条件をクリアした者のみが入れるブロックを指します。

当初(実装後一週間ほど)は、そこそこに機能していたようです。
具体的には、野良の質……ひいては、プレイヤーの力量が担保されていたと。
私個人はクエストに行っていなかったので実体験はありませんが(小声

しかし、実装から数ヶ月が経過したいま、
エキスパートと呼ぶには低い(と私は思う)ハードルが仇となり、
色々と摩擦が起きているようなお話を散見します。

今日はそのあたりを、なんというかこう、
ぐわーっと書いてさーっと畳みたいなって。
そうそう、ギョーフの上位ブロックが空いている問題とは別のお話です。
今回は、そもそものエキスパートブロックというブツについて。